<基本を学ぼう>

 さて、ホームページを作るにあたって、ホームページについての基礎を学ばなければなりません。

 まず、ホームページを作るのに必要なものとして、Windowsでは「メモ帳」を使います。
「ワードパッド」や他のエディターと呼ばれるものでも良いのですが、「メモ帳」で十分です。
確認の為に申し上げますが、「メモ帳」と言っても紙で出来たメモ用紙ではありませんよ。それでは下書きしか出来ません。一般的に「メモ帳」の起動の仕方は、「Windowsのスタートボタン」を左クリック → 「プログラム」 → 「アクセサリ」 → 「メモ帳」を左クリックです。

 次に「メモ帳」に「HTML(Hyper Text Markup Language)」という記述言語でホームページの内容を入力していきます。言語と聞くと「やれやれ、難しそうだなぁ」と思う方もいらっしゃるでしょうが、そんなに難しいものではありません。基本的には<○○○○>〜</○○○○>という「タグ」にはさんで記述するだけのものです。ここでは、○○○○と書きましたが具体的には<BODY></BODY>とか<FONT></FONT>などのようなもので、タグはすべて半角文字で記入します。大文字・小文字は関係ありませんが必ずどちらかに統一するようにして下さい。
 また、タグの中には「Internet Explorer」や「Netscape Navigator」などのブラウザの種類によっては使えない(記述しても反映されない)ものもあるということも覚えておく必要があります。これについては、その都度説明してまいります。

 さて、ホームページというのは、何種類ものタグを組み合わせることによって色々な表示をすることが出来るのですが、すべてのタグを覚える必要はないと思います。よく使うタグだけ覚えておいて後はその都度調べれば良いのです。自分のホームページが完成する頃にはかなりのタグを覚えている事と思います。

 最後に「メモ帳」で記述したものを「Internet Explorer」や「Netscape Navigator」などのブラウザで見る為に「HTMLファイル」に変換しなければなりません。
 まず、「ファイル」を左クリック → 「名前を付けて保存」を左クリック → <ファイル名欄にファイル名を入力する> → 「保存」を左クリックでテキストファイルになります。この時、どこのフォルダにファイルを入れたのか覚えておいてください。(新規に専用のフォルダを作ってその中に入れると良いでしょう。)
 次に<スタートボタン上で右クリック> → 「エクスプローラー」を左クリック → <先ほどのテキストファイルを右クリック> → 「名前の変更」を左クリック → <ファイル名の拡張子(最後の「.○○○」というやつ)を[.txt]から[.htm]または[.html]にする> → <変更しても良いかのメッセージが出たら「はい」を押す>これでHTMLファイルになり、ブラウザで見ることが出来ます。
 ホームページ作りは、ブラウザでたびたび確認しながら進めて行きます。一度HTMLファイルにしたらその後の修正は、Internet Explorerブラウザで表示したホームページ上の空白の所で右クリックし、ソースの表示を選択すればOKです。

 それでは、「メモ帳」を起動してホームページを作ってみましょう。まず、HTMLの記述には色々な決まり事があります。その1つがHTMLドキュメントの構造ですが具体的には、次のとおりです。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>ここにホームページのタイトルを入れる</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
 ここにホームページの内容を入力する
</BODY>
</HTML>

 一番最初の行は使用するドキュメントタイプの宣言です。
この部分は実際のホームページの表示には関係はありませんが、HTMLは「HTML1.0」から「HTML2.0」、「HTML3.0」、「HTML3.2」、「HTML4.0」と徐々に新化してきました。そこで誰がそのソースを見てもどのレベルのHTMLを使っているが判るようにする為のものです。
 もし、あなたがHTML4.0を使って記述するならば最初の行は、

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0  Draft//EN">

にしましょう。

 2行目の<HTML>から最後の行の</HTML>までがHTMLで書かれていると宣言をするタグです。

 3行目の<HEAD>から5行目の</HEAD>の中には、そのドキュメントのタイトルや色々な情報を記述します。

 4行目の<TITLE>から</TITLE>の中には、そのドキュメントのタイトルを記述します。
ブラウザで見た時、ここに記述したものがウインドウのタイトルバーに表示されます。日本語表示が出来ない環境にあるブラウザもあることを考慮して、タイトル表記は英数字を使用する事が推奨されていますが、ホームページの内容が日本語のみであるのならば気にする必要はないと思います。

 6行目の<BODY>から8行目の</BODY>の間にホームページに表示する内容を記述します。

 タグがすべて2個1組になっている事が分かりますね。上記の構造(タグ)は最も基本的なHTMLの骨組と言える部分で、順番が替わったりする事は無いので覚えておきましょう。

 さあ、それではいよいよホームページを作っていきましょう!
まず、タイトルを記述して準備完了です。<BODY>〜</BODY>の間に内容を書いていきましょう!

※説明の中で、青色の部分はそのままコピー&貼り付けによって、実際の表示のされ方を確認できるようになっています。そのサンプルを参考に自分でいろいろ試しながら覚えて行きましょう。(ブラウザの画面をもうひとつ起動しておくと作業がし易いと思います。)


メニュー / 基礎 / 文字 / 装飾 / 画像 / リンク / テーブル / フレーム / フォーム / ステップ