<リンクさせよう>

 ホームページの魅力の1つが他のページやサイトとのリンクです。リンク無くしてはホームページ作りはあり得ないとも言えるでしょう。早速リンクの仕方について学びましょう。
 まず、リンクを指定するタグの基本は次のようなものです。「この色」の部分はあなたが指定する部分です。

<A HREF="リンク先のURL">リンク元の文字や画像</A>

 ここで、リンク先のURLというのは絶対参照でも相対参照でもOKです(背景画像の説明を参照して下さい)。もしリンク先が他人のホームページであれば絶対参照になるでしょうし、自分のホームページ内の他のページであれば絶対参照でも相対参照でもかまいません。「リンクさせる対象の文字や画像」となっている所がクリックしたときにリンク先へジャンプできるようになるところです。ここに文字を記述すればその文字がクリックできるようになりますし、画像を指定すれば画像をクリックしたときにジャンプします。画像を貼る場合は次のようになります。

<A HREF="リンク先のURL"><IMG SRC="画像ファイル名"></A>

 画像をイメージタグで貼り付ければOKです。簡単ですね。

 この様にすると、リンクをクリックしたときに今までのページと入れ替わりに新しいページが表示されますが、今までのページをそのまま残してリンク先のページを新しいウインドウで開きたい場合は次のように記述します。

<A HREF="リンク先のURL" TARGET="_BLANK">リンク元の文字や画像</A>

 リンクは別のページへだけではなく、同じページ内の指定した場所へも指定する事が出来ます。その場合には、リンク先に名前を付けて、リンク先である事を設定しておく事が必要です。次がその例です。

  リンク元の記述 : <A HREF="#リンク先のネーム">リンク元の文字や画像</A>

  リンク先の記述 : <A NAME="ネーム">リンク先の対象の文字や画像</A>

 こうする事によって、リンク元をクリックした時、そこに記述してあるリンク先の「ネーム」と同じネームの場所にジャンプします。また、これは同じページだけでなく他のページ中の指定場所という設定も可能です。たとえば、次の記述を見て下さい。この確認には2つのHTMLファイルが必要となりますので、メモ帳でもう1つHTMLを記述しましょう。
 そして、新しく作ったリンク先のドキュメントはスクロールが必要になるまで縦に長いデータを入力しておきましょう。<BR>タグで改行を繰り返して適当なところで文字を記述すると簡単に確認用のファイルが作れますよ。たとえば、次のようなファイルでもOKです。(なるべくなら自分で作ったほうが練習になりますが、面倒くさい人はコピーしてください。)

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>リンク先ファイル</TITLE>
</HEAD>
<BODY>これはリンク先のファイル<BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR<BR>
<BR><BR><BR> <BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR>
<BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR> <BR><BR>まだかな?<BR><BR<BR>
<BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR> <BR><BR><BR>
<A NAME="ジャンプ">ここへジャンプ</A><BR><BR><BR><BR><BR><BR>
<BR><BR><BR><BR><BR> <BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR>
</BODY>
</HTML>

 そして、設定は次のとおりです。

  リンク元の記述 : <A HREF="リンク先のURL#リンク先のネーム">リンク元の文字や画像</A>

  リンク先の記述 : <A NAME="ネーム">リンク先の対象の文字や画像</A>

 この様にリンク元の記述で「リンク先のURL#リンク先のネーム」と指定すれば良いのです。どうですか?上手にジャンプ出来ましたでしょうか。ネームの指定で「#」を付けるのを忘れないようにして下さいね。

 また、リンクタグを使ってメールを受け取る設定が出来ます。

<A HREF="mailto:メールアドレス">対象の文字や画像</A>

 これを私の場合で記述しますと、次のようになります。

<A HREF="mailto:info@mizz.jp">ここをクリックするとメールが送れます<IMG SRC="http://www.mizz.jp/images/mmbutton5.GIF></A>

ここをクリックするとメールが送れますメールを送るにはここをクリック

 これでリンクは出来るようになりましたね。
最初にも書きましたが、私はインターネットの魅力はリンクにあると言えると思います。ですから、このリンクタグは便利であると共にとても重要なものですから、必ず覚えるようにしましょう。リンクすることによってあなたのホームページの世界は広がって行きます。


メニュー / 基礎 / 文字 / 装飾 / 画像 / リンク / テーブル / フレーム / フォーム / ステップ