三年飛ばず鳴かず(さんねんとばずなかず)

 現在は「鳴かず飛ばず」と言っていますが、本来は「飛ばず(蜚ばず)鳴かず」と言い、意味あいも若干違っています。

春秋(しゅんじゅう)時代、楚(そ)の国に荘王(そうおう)が即位(そくい)しました。ところが、即位するなり政治には見向きもせず、女性をはべらせたり宴会を開いたりと、昼も夜も遊んでばかりいました。しかも、「わしを諌(いさ)める者は死罪にする。」という厳しい法律まで作ってしまいました。

 ある日、たまりかねた重臣の一人、伍挙(ごきょ)が死罪になるのを覚悟で荘王を諌めようとしましたが、謎かけで進言(しんげん)しようと思い、こう言いました。

「一羽の鳥が南の丘の上に止まっています。三年間、飛びもしませんし、鳴きもしません。いったい何と言う鳥でしょうか。」

 すると、荘王は答えました。

「三年も飛ばないのは、羽や翼が整うのを待っているからであろう。ひとたび飛べば天に達する程であろうし、ひとたび鳴けば世の中を驚かすほど大きな声で鳴くだろうよ。おまえの言いたい事はわかっておる。」

 それからまた数ヶ月が過ぎたが、荘王は前にもまして遊んでばかりいるようにになりました。それを見かねた重臣の一人、蘇従(そしょう)が諌めました。すると、荘王は言いました。

「法律を知っておるのだろうな。」

すると、蘇従は言いました。

「荘王がお気づき下されば、死んでも本望(ほんもう)です。」

それを聞いた荘王は言いました。

「よくぞ申した。」

そして、荘王は今までの態度をがらっと変えました。じつは、今まで遊んでいたのは見せかけで、政治に必要な人物とそうでない人物を見分ける為のものだったのです。たちまち数百人の人物を用い、数百人を排しました。

 当然、伍挙と蘇従は重く用いられ、中心となって楚の国の政治を行いました。

 この話は「史記(しき)」に書かれていますが、同じような話が斉(せい)の威王(いおう)と家臣の間でもあり、これもまた史記の中に書かれています。

 現在では、「鳴かず飛ばず」と言えば、何もせずパッとしない事を言いますが、この故事から考えると、その本来の意味は力を蓄えて将来に備えているとでもいったニュアンスでしょうか。

 

BACK