鶏肋(けいろく)

 後漢(ごかん)の末に魏(ぎ)の曹操(そうそう)は蜀(しょく)の劉備(りゅうび)や諸葛孔明(しょかつこうめい)たちの軍と漢中(かんちゅう)で戦いました。曹操の軍は、さらに攻(せ)め込もうとしましたが、あまりに遠征(えんせい)が続いたため戦況(せんきょう)も一進一退(いっしんいったい)の状況(じょうきょう)でした。

 そこで、さすがの曹操もこれ以上戦っても無駄(むだ)なことだと判断し、一言「鶏肋だ」と言いました。

 ところが、配下(はいか)の武将(ぶしょう)たちは曹操の言った言葉の意味がわからず困っていました。しかし、その中で一人楊修(ようしゅう)だけは、さっさと引揚(ひきあ)げの準備(じゅんび)に取りかかっていました。楊修は魏で一番の切れ者と言われた人で、いつも曹操の心を読み取るのに長(た)けている人でした。

 他の武将たちは驚(おどろ)いて楊修に、どうしてわかったのかとたずねました。すると、楊修は答えました。

「そもそも鶏肋(ニワトリのあばら骨)は、食べようとしても肉は無く、捨(す)てるには味があって惜(お)しい。我(わ)が魏王(ぎおう)の心中(しんちゅう)もそのようなところであろう。」

 こうして、他の武将たちも引揚げの準備を始めました。

 このことから「鶏肋」とは、大した物では無いが捨てるには惜しいという意味で使われるようになりました。

 しかし、楊修はいつも曹操の心を言い当てていたので、この件でとうとう曹操の怒(いか)りにふれ殺されてしまいました。そして、曹操の軍は無理(むり)して戦いを続け、散々(さんざん)な目にあってしまいました。

 また、他に「鶏肋」は体が貧弱(ひんじゃく)であるという意味でも使われることがあります。

 

BACK