一を聞いて十を知る(いちをきいてじゅうをしる)

 「一を聞いて十を知る」とは、物事の一端を聞いただけで、そのすべてを知ってしまうという事です。ですから、これはとても聡明(そうめい)である事を言い表す言葉です。

 孔子(こうし)と弟子の子貢(しこう)との次のような対話が論語(ろんご)の中にあります。

「子(孔子のこと)、子貢に問いて曰(のたまわ)く、汝(なんじ)と回と孰(いず)れか愈(まさ)れる。対(こた)えて曰く、賜(子貢のこと)や、何ぞ敢(あえ)て回を望まん。回や、一を聞いて十を知る、賜や、一を聞いて以て二を知る。子曰く、如(し)かざるなり、吾(われ)と汝と如かざるなり。」

 意味は、次の通りです。

「孔子が子貢に問いかけました。お前と顔回(がんかい)とでは、どちらが優れているか。子貢は答えました。私はとうてい回の足元にも及びません。回は一を聞いて十を知る事が出来ます。私は一を聞いてもニしか知り得ません。すると、孔子が言いました。その通りだ。私もお前と同じで顔回には及ばない。」

 ここに出てくる「顔回」という人こそ「一を聞いて十を知る」人なのです。顔回は孔子の一番弟子ですが、若くしてこの世を去ってしまいました。しかし、孔子が最も愛し、かつ尊敬した人物なのです。

 論語の中には、孔子が顔回を褒めた言葉が他にもあり、いかに孔子が顔回をかわいがっていたのかを知る事が出来ます。それだけに顔回が亡くなった時の落胆(らくたん)ぶりはひどかったようです。

 

BACK