後生畏るべし(こうせいおそるべし)

 「後生」というのは、あとから生まれた者、すなわち年少の後輩(こうはい)を言います。先に生まれた者を言い表す「先生」に対する言葉です。

 論語の中に次の言葉があります。

子(し)曰(のたまわ)く、後生畏るべし。焉(いずく)んぞ来者(らいしゃ)の今に如(し)かざるを知らんや。四十、五十にして聞こゆること無くんば、斯(こ)れ亦(ま)た畏るるに足らざるのみ。

 意味は次のとおりです。

若い人は、どれほど伸(の)びるかわからない可能性(かのうせい)をもっているものであるから、彼らを若いからといって侮(あなど)る事なく尊重(そんちょう)しなければならない。四十歳、五十歳になっても、なんの名声(めいせい)も聞こえてこない人もいるが、そういう人は畏れるほどの価値(かち)はない。

 この孔子(こうし)の言葉には、若者を常(つね)に正しく評価(ひょうか)するように、という気持ちが込(こ)められています。ここで四十、五十と言っているのは、孔子の時代には、人格(じんかく)や学徳(がくとく)がひとまず完成(かんせい)されるべき年齢と考えられていたからです。

 また、後に「後生」を「後世」と書き、「行く先どんなに伸びるかわからない」という意味に使われるようにもなりました。

 この言葉は、論語の「子罕(しかん)」篇(へん)にあります。

 

BACK