庭訓(ていきん)

 庭(にわ)での訓戒(くんかい)というところから、家庭教育(かていきょういく)の意味(いみ)として使われるようになった言葉です。

 師(し)である孔子(こうし)が自分の子供にはどのような教育をしているのだろうと思った弟子(でし)の陳亢(ちんこう)が、孔子の子供の伯魚(はくぎょ)にたずねました。

「あなたは先生のお子さんなのだから、何か先生に特別(とくべつ)な教えでも聞いているのではないですか。」

伯魚は言いました。

「いいえ、そのような事はありません。ただ、あるとき父が一人で立っていたときに、私が庭を走って通りますと、父は『詩経(しきょう)は学んだか』とたずねました。『まだです』と答えますと、父は『詩経を学ばなければ人情道理(にんじょうどうり)に通(つう)ぜず、ものごとを正しく言う事が出来ない』と言いました。そして、私は引き下がり、詩経を学びました。別の日に父がまた一人で立っていました。私が庭先を走って通りますと、今度は『礼(れい)を学んだか』とたずねました。私が『まだです』と答えますと、父は『礼を学ばなければ、身を立てる事が出来ない』と言いました。それで、私は引き下がり、礼を学びました。私はこの二つを教えられただけです。」

 陳亢はこの話を聞いて、喜(よろこ)びました。

「一つの事を聞いて三つのことがわかった。一つは詩が大切だという事。一つは礼が大切だという事。そして、もう一つは君子(くんし)たる者が自分の子供だけ特別扱(とくべつあつか)いしていないという事だ。」

 この話は論語(ろんご)の中の季子篇(きしへん)にあります。また、「ていきん」という読み方ですが、元々漢文(かんぶん)では「ていくん」と読むのですが、日本では漢字の古い音(呉音)に基(もと)づき、「ていきん」と読みます。

 

BACK