呉下の阿蒙(ごかのあもう)

 呉下というのは蘇州(そしゅう)の地方を言い、阿というのは愛称(あいしょう)で「〜ちゃん」といった意味です。ですからこの場合は、「呉下の蒙ちゃん」という意味です。

 さて、魏(ぎ)・呉・蜀(しょく)の三国時代のことです。呉の国の武将に呂蒙(りょもう)という人がいました。呂蒙は小さい頃から勇猛で、ついに呉王孫権(そんけん)に見こまれて武将として取り立てられ、魏や蜀との戦いで大いに活躍をしました。

 しかし、そんな呂蒙も戦場では優れた武将でしたが、学問の方は良くはありませんでした。そこで、孫権は呂蒙を含めた将軍たちに、もっと学問に励み眼を開くように言いました。すると呂蒙は言いました。

「戦いの中では常に忙しく、読書などしている暇(ひま)はありません。」

 孫権は答えました。

「なにも学者になれと申しているのではない。少しでも書物を読み、昔のことを知っておく事も大切なのだ。

 お前は忙しいと申すが、私はどうだ。私だって若いころ、『詩経(しきょう)』『書経(しょきょう)』などの古典(こてん)はだいたい読んでおったぞ。『史記(しき)』『漢書(かんしょ)』などの歴史書や、兵法に関する書物も読み、今ではずいぶんと役に立っておる。

 お前は物覚えが早いから学問をすれば必ずものになる。孔子様も『われ終日食らわず、終日寝(い)ねずして思えり。益無し。学ぶに如かず。』と言っておられる。

 後漢(ごかん)の光武帝は、戦(いくさ)の中でも書物を手放さなかった。あの魏の曹操(そうそう)も『老いて学を好んだ』と言っておるではないか。」

 この忠告を聞いてから、呂蒙は一心に書物を読みあさり、学問に励みました。

 ある日、呂蒙の古い友人である魯粛(ろしゅく)が呂蒙と議論をしました。ところが、昔と違って呂蒙にはとうてい敵(かな)いません。魯粛は呂蒙の肩をたたいて言いました。

「昔、私は君の事を、単なる勇猛なだけの人物であると思っていた。しかし、今では学問も大した物だ。もう私の知っている昔の『呉下の阿蒙』ではないな。」

 すると呂蒙は言いました。

「士(し)というものは、3日たてば、あらためて刮目(かつもく−目をこすってよく見ること)して待たねばならん。」

 この話は「三国志(さんごくし)」の中にありますが、この事から「呉下の阿蒙」というのは、「昔のままの学の無い人」という意味で使われるようになりました。

  

BACK