涸轍鮒魚(こてつふぎょ)

 「涸」というのは水が涸(か)れていること、「轍」というのは車が通った後の轍(わだち)を言います。「鮒魚」は魚のフナの事ですから、水が涸れた轍にいるフナのことを表しています。

 思想家で有名な荘周(そうしゅう−荘子の名)の家は貧しかったので、ある日、友人の監河侯(かんかこう)の所に食べ物を分けてもらいに行きました。すると、監河侯は言いました。

「わかった。もうすぐ年貢(ねんぐ)が入る予定だから、入ったら300金を貸してあげよう。」

 すると、荘周は怒って言いました。

「ここに来る途中に車の轍の跡(あと)を見たが、そこに鮒魚がいた。私は鮒魚に尋ねた。

『お前はどうしてここにいるのだ。』

鮒魚は答えた。

『私は東海に住んでいました。どうか水をたくさんもらえませんか。そうすれば生きることが出来ます。』

そこで、私は答えた。

『よし、私はこれから南の地方に行くつもりだ。そこからたくさん水を持ってきてやろう。』

すると鮒魚は怒って言った。

『私は少しの水でよいから今すぐに欲しいのです。たくさん水があれば、もちろん生きる事が出来ますが、その時は乾物屋で私を見つける事になるでしょう。』

 水が涸れた轍にいる鮒魚はたちまち死んでしまいます。荘周はこのたとえ話をして、自分がいかに困っているかを訴えたのでした。

この事から、困難に直面している人のことを「涸轍鮒魚」と言うようになりました。

また、同じ意味で困難に直面している状況を「轍鮒の急(てっぷのきゅう)」とも言います。

  

BACK