蟷螂の斧(とうろうのおの)

 春秋(しゅんじゅう)時代(じだい)の初め頃、斉(せい)の国の荘公(そうこう)が猟(りょう)に出かけた時、一匹(いっぴき)の虫が前足を振(ふ)り回して荘公の馬車(ばしゃ)に打(う)ちかかってきました。荘公がお供(とも)の者(もの)に、「あれは何と言う虫か」と尋(たず)ねると、お供の者が答(こた)えました。

 「あれはカマキリという虫でございます。この虫は進(すす)むことだけを知り、退(しりぞ)くことを知りません。さらに、身(み)のほどをわきまえず、やたらと強敵(きょうてき)にかかっていきます。」

 それを聞いた荘公は言いました。

 「さようか、もし人間となって生まれていれば、天下(てんか)の勇士(ゆうし)となっていたであろうに。」

 そこで、荘公は、乗(の)っている馬車をまわらせ、そのカマキリを避(さ)けて通(とお)っていきました。

 蟷螂というのはカマキリのことで、その前足(まえあし)は古くから斧にたとえられて来ました。その姿(すがた)から、弱者(じゃくしゃ)が自分の力を悟(さと)らず、相手(あいて)に強(つよ)がって見せるという意味(いみ)で使(つか)われるようになりました。

 

BACK