EPWING EPWINGは「電子辞書の標準規約」です。
TOP ラインナップ 読書の広場 コンソーシアム紹介  
EPWINGとは? | 機能紹介 | Q&A |

EPWINGは電子出版の共通フォーマット
  EPWINGは電子出版の共通フォーマットです。日本の出版、印刷、電機、ソフトウェアに関わるさまざまな会社が協力して作った共通規約です。
  (注)EPWINGフォーマットは1996年にJIS X4081「日本語電子出版検索データ構造」というJIS規格に制定され、2001年に拡張仕様を含めた改定が承認されています。

どうして共通フォーマットなのか
   さまざまな機器やOS毎に電子出版の検索ソフトを作成したり、出版物毎に別々のフォーマットを作成していては電子出版物の制作に多額の費用と時間がかかってしまいます。またユーザーからも見ても出版物ごとに異なった検索ソフトをインストールしなければなりませんし、操作性も異なっていて不便です。
 共通フォーマットを作ることにより、検索ソフトや電子出版物の制作が簡単に比較的費用をかけずに行えますから、以下のようなことが実現可能になり、電子出版物や電子辞書を身近なものにしました。
  ■さまざまな機種やOS用に検索ソフトが開発される
■多種多様な電子出版物が出版可能になる
■電子出版物の価格が比較的安価にできる

EPWINGはどんなことができるのか
   EPWINGは紙の本の機能、読む見るに加え、さまざまな探す機能を備えています。
 また音声動画の再生など紙の本ではできなかった機能を実現し、たとえば英和辞典では実際の発音を耳で聞くこともできるようになりました。
  →EPWING機能紹介

EPWINGではどんな電子出版物が出ているのか?
  統合辞書、国語・漢和、英和・和英、外国語、新語、法律、専門辞書など代表的な辞書やデータベースが60種類以上揃っています。
  →ラインナップ

All Rights Reserved,Copyright(c) EPWING consortium 2001-2003