文科省が全国の小・中学生に配布した「心のノート」に関する話題を扱う特設掲示板です。関連情報・各種資料はこちらのページにあります。

ご利用にあたって | ロビー | 他の掲示板 | TOPPAGE

  新規トピック ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定  
13 / 20 ツリー ←次へ | 前へ→

[12]... こどもおとな 03/3/13(木) 22:54

[12]操られる文科省
 こどもおとな  - 03/3/13(木) 22:54 -

引用なし
パスワード
   人間なら誰しも生きていくうちに、知らぬ間に、だが、じっくりと身につけていくことを、最短距離で文と挿し絵と写真を使い“教科書”で“学ばせよう”としたのが心のノートだと思う。
「学校で遊びを教える」ことにも似てナンセンスだが、当の文科省はそうは思っていない。大真面目で“教科書”で“学ばせ”ることに挑戦したのだ。このノートを熟読し、書き込みスペースを埋めさせる作業で子どもが真にたくましく育つなら、苦労はない。文部省の時代からおめでたい体質は何も変わっておらず、ますます現場を混乱させている。族議員らの意向を100%反映させ、現場を知ろうとも、子どもを知ろうともしない。
 疑うことを知らない教員が本気で“活用”したら子どもも親も社会もたまったものではない。職員室にでも眠らせておいて、学期末に子どもに返す教員なら、まだ救われるが。
 子どもたちが口にする耳障りな言葉がある。「だって、習ってないもん」習っていないことは知らなくても構わない、学校が何から何まで手取り、足取りやるから、頼り切っているのだ。学習指導要領に縛られていることが当たり前になっている。学習面だけでなく、例えば自由について、権利について「だって、習ってないもん」と平然と言うかもしれない。できるだけ、手を出さないでもらいたいものだが、残念ながら学校にやらせすぎる保護者が多いのも事実だ。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 95; DigExt)@p68-dna20sakai.osaka.ocn.ne.jp>

13 / 20 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規トピック ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定  
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.0) is Free

ご利用にあたって | ロビーに戻る | トップページに戻る