[ トップ ]

[ ミュージアムについて ]

[ 館内案内 ]

[ 企画展 ]

[ 上映案内 ]

[ アニメライブラリー ]

[ 交通案内 ]

[ アニメの杜すぎなみ ]

[ スタッフ日誌 ]

[ リンク ]

概要英語版
こちらから
 【 IN ENGLISH 】

2006 Jan1
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
前の月へ 今月 次の月へ

肝付兼太さん来たる!「怪物くんを語る」開催報告
2006年01月28日

「サインコーナー」に一筆いただきました!





講演中の肝付さんです。
「ドラキュラ」と「イヤミ」の違いを演じております。
→実は台詞が違うだけで、全く同じに演じている
そうです。
会場は笑いに包まれました。
藤子不二雄(A)さんの企画展のイベント、レクチャーアニメ「怪物くんを語る」が開催されました。
講師はドラキュラ役で出演なさった肝付兼太さんです。

会場から割れんばかりの拍手に迎えられ登場した肝付さんは、静かに壇上の席に座ると静かに語り始めました。
怪物くんについては
ドラキュラ自体の一般のイメージは「紳士的」という感じだが、藤子Aさんの描くドラキュラは口もとがっていて、かなり口うるさいキャラクターである。
演じる際に、かなりテンションをあげて演じなければならず「1本収録すると毛細血管が7本切れる」・・・と冗談めかして語り、また怪物くんの登場キャラクターの中で自分が演じるのがドラキュラでよかった!と笑顔で話されました。

怪物三人組で唄う「おれたちゃ怪物三人組」のレコーディングの際のエピソードで、3人とも並みいる「音痴揃い」で、作曲された小林亜星さんが、とーっても苦労してレコーディングした事を語り、会場を爆笑の渦に包みました。

初めて声優として役名がついたのは「オバケのQ太郎」(白黒)の「ゴジラ」だった。
役をもらって嬉しかったというお話をしている時の眼差しは、とても懐かしそうでした。

受講者からの質問にも丁寧に、とても丁寧に答えていたのが印象的でした。
最後に、当館スタッフへ向けて「この企画展をやってくれてありがとう!」と感謝されました。
嬉しくなってまた肝付兼太さんが好きになりました。

スタッフ や
取材を受けました!
2006年01月22日

ドロンズ石本さんはとても優しい方でした!
日テレプラス「天才野球少年を探せ!」という番組で当館が取材を受けました。
その際、レポーターとしてドロンズ石本さんが来館しました。

興味ある方は、どうぞご覧下さい。
放送予定など、詳しくは「日テレプラス」さんのホームページでご確認下さい。
 日テレプラス

スタッフ や
1月21日 杉並は雪です!
2006年01月21日




おはようございます。
杉並というか、関東一円未明からの雪で、ミュージアム周辺も雪が積もっています。
が、ミュージアムは開館しております。
荻窪駅からのバスも通常通り運行しています。(10時現在)

本日は、足元など充分御気付けの上、ご来館ください。

スタッフ ま
作画監督になろう!開催報告
2006年01月14日

富永さんと参加受講者の皆さん

受講者の絵に修正を入れている富永さん

熱心に「ハットリくん」の絵を描く受講者の皆さん
企画展関連イベント「藤子不二雄(A)と語る」に引き続き、本日は作画監督の富永貞義さんを招いて
「アニメの好きを仕事にしよう 作画監督になろう!」
というワークショップが開催されました。

富永さんは、とても物腰が柔らかく”優しいナイスガイ”という印象です。

授業の方ですが、キャラクターの作画の際の注意事項として
・キャラクターは丸から構成されている。
 → 丸さえキレイに描ければ、キャラクターもキレイに描ける。
・常日頃、物を見る際には平面として見ずに立体として捉える事を意識しよう。
・顔の鼻の部分を中心より下に持ってくるとかわいく見える。
などなど講義していただき、更に今回のテーマの「忍者ハットリくん」に関しては
・ハットリくんは忍者なので性格設定上、表情に喜怒哀楽をのせられないので作画に苦労した。
といったお話をしていただきした。

そんな訳で受講者には、作画監督の心構えがしっかりと叩き込まれた様子です。

次に、「富永イズム」を叩き込まれた受講者に、実際にハットリくんを描いて頂きました。
・描く。
・富永さんが、口頭で指導する。
・富永さんが、実際に赤鉛筆で修正する。
という流れです。

ちなみに富永さんに修正していただいた絵は「お持ち帰り可」でしたので、受講者は大喜びでした。

富永さんは全ての受講者の「ハットリくん」に修正をしていたので、かなりの枚数をこなしてましたが、表情はとてもクールです。
さすが、「アニメの歴戦の強者」だと改めて感心いたしました。

スタッフ や



| HOME | ようこそミュージアムへ | フロアガイド | 企画展&イベント情報&ワークショップ情報 |
| シアター情報 | アニメライブラリー | アクセス | アニメの杜すぎなみ | スタッフ日誌 | リンク |



Copyright 2005 SUGINAMI ANIMATION MUSEUM. All Rights Reserved.