« ●コミカライズ・エンジェル● | トップページ | ●フェイク・ジャナイ● »

2006年5月10日 (水)

●ゴールデンウィーク・ゴーウエスト●

曽我町子さんがお亡くなりになりました。

お会いするまで、僕にとって曽我さんといえば、『デンジマン』『サンバルカン』の悪役・ヘドリアン女王でした。現役ド真ん中視聴者として、子供の頃、ヘドリアン女王には本気でワクワクさせてもらいました。何といっても、それまであんなに魅力的な「敵キャラ」を見たことがありませんでしたから。
だからこそ、自分の作品で一緒にお仕事させていただけた時は、感激でした。

お会いした曽我さんの第一印象はやっぱり(?)「ヘドリアン女王と同じだ!」です。
こんな元気な人いるんだ…という印象で、その明るいパワーにはとにかく圧倒されました。無尽蔵にエネルギーが湧き出て発散させていらっしゃるんです。たとえば、話を始めたら止まらない。昔の作品の興味深い話もいっぱいしてもらいました。
何より素晴らしいのは、そのエネルギーが完全に「陽」なことです。とにかく明るい。陽のエネルギーを人に与えることの素晴らしさを感じました。
そして曽我さんは、戦隊で魔法で女王(←しかも、いい方の)という天空大聖者マジエル役の出演に関して、「わたし、本当に嬉しいの!」と言って下さいました。幸せでした。

1_5
天空大聖者マジエル様がスペシャルな魔法で、僕らに勇気と力を与えてくれる『インフェルシアの花嫁』

芝居への真摯な態度と情熱にも、圧倒されました。
曽我さんは、劇場版の際、最後に前向きなメッセージになるような台詞を入れたい、とご提案されました。
それを受けて竹本監督と相談して追加したのが、スクリーンから観客へ向かって語りかけるラストの台詞です。
「さて、地上界の者たちに素敵な魔法を送るとしよう。それぞれの者に勇気と力を与えよ!」
マジエルの白く輝く魔法がキラキラと地上に降り注ぐ、綺麗なシーンでした。この“曽我さんの魔法”のおかげで、作品に無限の明るさと広がりがもたらされたと思っています。

僕の勝手な思い込みですが、あのタイミングで、曽我さんにマジエル様を演じていただけた事には、なにか運命的なものを感じます…
そしてやっぱり勝手に思っているのですが、「作品に陽のパワーを出すこと」それを使命として曽我さんから受け継ぎたい、そんな想いがあります。
現実のニュースにはネガティブな要素が満ちていますが、だからこそファンタジー作品には、健全な明るさが覆っていて欲しい。底抜けに明るい曽我さんにかけてもらった“魔法”のままに、僕も勇気と力を持って、明るさを大事にしていきたいと思います!


曽我さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


5_5
「そろそろやらねば…」と思いつつ、一年間ほど先延ばしにしていた本の整理も連休中に敢行!
写真は処分予定の本。古本屋に売ったお金で、また本を買う…
(;^_^A 減らない

さて、みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
僕はのんびりしてました。数年ぶりですね、こんなGW。作品抱えてたら、休めないですから。少なくとも「連休」という文字はありません。

GWの僕的目玉は、プライド無差別級グランプリ開幕戦を見るために「大阪へゴーウエスト」でした。
試合の方は半分盛り上がって、半分ビミョー。一番の好勝負はダントツで「“サモアの怪人”マーク・ハントVS“世界のTK”高阪剛」でした。引退をかけて戦う高阪選手の気迫はホントに凄まじかった。涙が出ました。それを男らしく真正面から受け止めるハントもかっこよかったです。感動をもらいました。

映画も結構見ましたね。
まず、ミュージカル2連発。
『レント』
『プロデューサーズ』

歌には芝居とはまた違う“感動させるパワー”がありますね♪♪♪
『レント』の方は特に歌そのものが素晴らしかったです。『プロデューサーズ』はとにかく爆笑!最高!『イナズマ!』作る前に見てたら、参考になったのになあ。

6_5
女吸血鬼と言えば、ナイこと千秋ちゃん♪
撮影の際、麻美ちゃん&明日ちゃんと撮った写真で~す★

あと、女吸血鬼2連発。
『アンダーワールド:エボリューション』
『ブラッドレイン』

面白いかどうかは置いといて(?)、この2作品はクールビューティーが吸血鬼を演じることに意味があります。
ただ、『ブラッドレイン』のクリスタナ・ローケン姉さんは、『ターミネーター3』で女ターミネーターをやった時のほうが遥かに美しかったですね。演出家の差かな?
一方のケイト・ベッキンセール姉さんは前作『アンダーワールド』に引き続き、綺麗でカッコイイです!こっちは旦那さんが監督だからかな?自分の奥さんは綺麗に撮りますよね。

それと、「この人は絶対外さない」と僕が勝手に信頼してる二人の作品。
アダム・サンドラー主演 『ロンゲスト・ヤード』
田﨑竜太監督 『小さき勇者たち・GAMERA』

アダム・サンドラーはそんなに評価されてないっぽい(日本では?)ですが、主演作品はいつも面白いから、僕は信頼してます。『ウエディング・シンガー』『ウォーターボーイ』『パンチ・ドランク・ラブ』『50回目のファースト・キス』これらはどれも面白かった。今回の『ロンゲスト・ヤード』もリメイクですけどよく出来てましたね。刑務所を舞台に囚人チームと看守チームのフットボール対決が描かれるのですが、登場するキャラクターの立ち具合が素晴らしい。いちいち立ってる。そして話は―――燃えます。
アダム・サンドラーって、自分でプロデュースしてる作品も多いから、すごく頭いい人なんでしょうね。初期はバカっぽい役が多かったですけど。

で、頭いいといえば、田﨑監督。
僕は「頭が良くて、仕事が出来て、大人な人」に憧れるのですが、田﨑さんはまさにソレ。
『小さき勇者たち・GAMERA』も、「さすが!」「なるほど!」「そう来たか!」が満載の怪獣映画でした。
最近は雑誌を開くと、よく田﨑さんのインタビューが載っていて、「これからは縦方向のアクションですよ。『キングコング』もそうだった。ピーター・ジャクソンはわかってるよね」みたく語ってるのを読んで、「かっこいいやんけ」と思いました。アクションは「縦」でも、田﨑監督とピーター・ジャクソン監督の関係は「横位置」ってことがかっこいい。そのスタンスは大事ですよね。

大阪でプライド見た翌日、帰りの新幹線で関西地区の情報誌「エルマガジン」を読んでたら、そこにも田﨑監督が載ってました。でっかく写真入りで。そして、その隣のページには、僕のイチオシ、憧れのアクションスター、トニー・ジャー(『マッハ!』『トム・ヤム・クン!』)の写真が。
「うーん、田﨑さん、トニー・ジャーとも横位置かあ」
無意味にまた感心してしまいました。

2_5
連休中、静岡に住む麗ファンの姪っこを連れて、イベントしてる麻美ちゃんの所へも。
(^^ゞ
3_3
静岡に展示されていたマシンブル。
4_5
デカレッド「俺のは!?マシンドーベルマンは無いの?」
ドーベルマンはなぜか無かった…
グリーン&ピンク「ふふ~ん♪」

5月 10, 2006 at 04:00 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10001779

この記事へのトラックバック一覧です: ●ゴールデンウィーク・ゴーウエスト●:

» 素敵な記事 トラックバック SirMilesの独り言
 曽我町子さんの、特撮面での活躍に触れられた、素敵な記事がありましたので、リンク。  誇り持ち「悪役」楽しんだ曽我さん  超忍者隊イナズマ!のブログ 続きを読む

受信: 2006/05/11 12:26:18

» 思い出話 トラックバック 前略、美香さま! 【菊地さんとその居候の人達の家 分家】
塚田さんと明日ちゃん、それにイッチーと伊藤アニキが、曽我さんが亡くなった事に関して、それぞれのブログで触れてますね。 伊藤アニキとイッチーは少しだけなのですが、塚田さんと明日ちゃんのは、なかなか興味深かったです。 塚田さんは、出演番組のプロデューサーなのですが、やはり世代的 に曽我さんの影響が大きかった頃に少年期だった方なので、我々に近い気持ちを語ってくれました。 そしてそれだけではなく、製作者側として見た曽我さんの事やエピソードも書いてくれました。 明日ちゃんの方はというと、更に曽我さんのエピソ... 続きを読む

受信: 2006/05/11 14:20:04

» ごめんね! 麻美ちゃん。。 トラックバック 前略、美香さま! 【菊地さんとその居候の人達の家 分家】
塚田さん、姪御さんと麻美ちゃんのグランシップに来てたんだねぇ〜。 やっぱり完全プライベートで。 その麻美ちゃんのフォトエッセイ発売記念握手会・全国ツアーの日程が決まったねぇ〜。 名古屋は5月28日かぁ〜。。。 5月28日は別件で用事が既に入ってるんだよねぇ〜。 しかも外せない用事。 う〜〜〜ん。。 麻美ちゃん、ごめんなさい!! 握手会の時間にだけ、用事抜けて行こうかなぁ。。。。(爆) P.S 明日から1週間程、留守にします。 今週のボウケンジャーのスーパー戦隊のコーナーを見て影響され、大星団ゴ... 続きを読む

受信: 2006/05/11 14:37:02

» マジエルさま。。。 トラックバック ★オレンジくらぶ★  by.さくら
朝のニュースを見て、ビックリしました。 天空大聖者 マジエルさまが。。。お亡くなりになりました 前日はお仕事をされていたようで、 持病をお持ちだったそうですので きっと・・・突然なんでしょう。 とても、残念です 『オバケのQ太郎』の声優さんだったんで... 続きを読む

受信: 2006/05/12 23:23:36

» [ひと][ドラマ]続・追悼 曽我町子 トラックバック てれびのスキマ
いくら追悼してもし足りない気がしてしまう曽我町子の急逝は、思いのほかテレビメディアの扱いが悪い。 そのことに忸怩たる思いを抱いていたが、昨日放送の「つながるテレビ@ヒューマン」の「きざし↑」のコーナーでようやくまともに彼女の事が扱われていた。 冒頭はやはり... 続きを読む

受信: 2006/05/14 13:02:59

コメント

曽我さんの訃報や各キャストのマジレン活動終了報告などを見るにつけ、
本当にマジレンジャーはこれで終わりな感がありますね。

でも1ファンとしては、もう一度だけでも小津家に会いたい。
vsマジレンジャー、実現の可能性が0じゃないならやってほしい、心から思います。

名前:  sao | 2006/05/15 17:52:36

塚田さん、こんばんは。
先程NHKの「@ヒューマン」で今週の注目ニュースとして曽我さんがお亡くなりになった事を取り上げていました。ほとんどの報道が「初代オバQの…」と報じた事に曽我さんファンが憤りを感じたと。その後も特撮等で様々なご活躍をなさっていた事、曽我さんが「出来る限り特撮に出て子供達を喜ばせたい」と既に病魔に冒されていたであろう後も語り続けていた事。
「多方面で活躍されていた曽我さんの訃報は、ワールドワイドなニュースと言っていいでしょう」と。
曽我さんのお店「ステラ」の売り上げの一部も寄付等に充てていたそうです。
本当に素敵な方だったんですね。
改めて心よりご冥福を祈らせて頂きます

「どろろ」、愛読してました。かの雑誌「ランデヴー」(知ってるかな…OUTの増刊)に載ったアニメ版のパイロットフィルムが原作寄りだったので買ってしまった事思い出しました。だってアニメの百鬼丸、あんまり劇画タッチでちょっと…だったので(笑)
久し振りに単行本読み返そうかな…

名前: min. | 2006/05/13 23:01:11

こちらでは「はじめまして」ですね。
(市川さんのブログにはちょくちょくおじゃまさせていただいてますが…)
曽我さんがデンジマンやサンバルカンにも出演していらしたこと、最近知ったばかりでした。
天空大聖者マジエル様はもちろんDVDで何度も見せていただきましたが…。
小さい頃、当時はいわゆる『男の子番組』だったデンジマンやサンバルカンをソフビの人形?片手に見ていた私にとって、マジレンでの再会はあまりに短く、あっという間で残念です。
***
ところで、マジレンジャーの活動も終わってしまいましたね~。涙…涙…です。GWは意を決して、北海道から市川さんを見るためによみうりランドへ行きました!素敵すぎ~☆
市川さんはもちろん、淳くんや友樹くんたちのブログにも衣装、ネックレス、マージフォンの写真付きで想い出や感謝のことばがありましたね。
皆さんのコメントにも「また会えるよね」的な言葉がたくさんあり!!「ボウケンVSマジ」のVシネにも、ほんっとに期待の声がたくさん上がっていますね!!!
塚Pさん☆きっと、もう決まってるんだろうけど、この声を受け取って下さいm(_ _)m
私も予約済みのイナズマ!くらい「ボウケンVSマジ」
見てみたいなぁ…
見てみたいなぁ……
まきよきの独り言でした♪
長々と困らせてごめんなさい。

名前: まきよき | 2006/05/12 17:47:22

曽我さんが亡くなられたのを知ったのは、ダンナが新聞記事を見たことでした。「マジエルが!ヘドリアン女王が亡くなったよ!」と叫んでいました。
私もすぐに新聞に目をやり、訃報を知りました。すごく悲しくなりました。
マジレンジャーが遺作となったわけですが、マジレンジャーを見ることができて、本当に良かったと思いました。
塚田さんのコメントも感動しました。

名前: rinko | 2006/05/12 14:04:20

ごきげようで〜す♪
それはきっと「運命」です!!
「マジレンジャー」の魔法によって
「運命」が引き寄せられたのです♪
『曽我町子』さんとの「運命」の出逢いに
感謝致します・・。

名前: イマムー | 2006/05/11 20:04:49

曽我さんがなくなられた、というニュースが流れたとき、かなりショックでした。
 マジレンが遺作・・・しかも、天空大聖者様ですからね。
 「本当にマジトピアに行っちゃったんだ。」
 そう言って家族で話していました。
 本当に寂しい、マジエル様がいたから何かマジレンワールド、本当に広がった気がする。
 残念で仕方ありません。

ところで。私もグランシップへ行ったのに、しかも麻美ちゃんの出演された日に!!
 っもう・・・塚pに会いたいっていったくせにこのていたらく・・・・(涙)。
 会いたいのにあなたはすれ違っていくのね・・・(笑)。
 しかも画像、麻美ちゃんが可愛らしく映っているじゃありませんか!!愛を感じてなりません、っもう、塚pってば。
  とか言って。

 充実したGWだったみたいですね。これが次回作品に身となり肉となることを期待しています(にこり)。
 

 

名前: うお | 2006/05/11 3:56:58

曽我さんのご冥福をお祈りします。
塚田さんの作品は「陽のパワー」を確かに感じます。特にデカレンジャーの49話のエンディングのコーナーの「デカレンジャーがんばれ!」は胸が熱くなりました。イナズマ!楽しみにしてます。

名前: おが | 2006/05/11 2:12:50

『インフェルシアの花嫁』と『伝説への帰還』を観ました。

「生きとし生けるものはすべて家族…」
お一人で旅立っていかれた曽我さんですが、こんなにも多くのお芝居や特撮を愛する家族から慕われていたこと 
驚かれているかもしれませんね。
 
ご冥福をお祈り申し上げます。

名前: マニュアルライター | 2006/05/11 0:57:56

塚田様。すごく心温まる追悼コメント、同じへドリアン女王様ファンとしては、うれしく思いました。曽我さんから受け継いだ陽のパワーをぜひこれからも皆さんに送り続けてください!

(蛇足ながら、陽(よう)のパワーといえば、私はようファンです。大泉洋(よう)、一青窈(よう)、ブルガリアヨー(よう)グルト!えっよう間違え?こりゃまた陽気がよろしいようで笑!)

私もPRIDEで最も感動したのはサモアの怪人VS世界のTKでした!TK本当に感動でした!

最後にオフとして、麗ファンの姪御さん連れて麻美ちゃんの静岡イベントに行ったとのことですが、本当に姪御さんからの希望ですか?・・笑!かくいう私も東京の友人の子供がマジレンファン(本当は彼は一番マジレッド好き!)なのを口実に東京まで出かけ麻美ちゃん見に行った確信犯ですから・・・・笑!何となく今回の麻美ちゃんの画像(写真)あまりに可愛く映っていて、何かファンの気持ちがこもっていたように見えますよ(写真は人の心を時にはっきり映してしまうのものですから笑!)。

他の日イベントの男性陣に塚田さんはヒロインびいきだよね・・・・とまたいじめられないように、これからも役者さん見守っていって下さいね!ではまたブログ更新楽しみにしてます。

名前: Mステーション | 2006/05/11 0:53:31

こんにちは。
今、マシンドーベルマンは、
マシンハスキーやマシンボクサーと一緒に
福岡の『かしいかえん』という遊園地のイベントで展示されていますよ♪

パトストライカー、パトジャイラー、パトレーラー、パトアーマー、パトシグナー、デカレンジャーロボも見てきました。(*^^*ゞ

6月25日までのイベントなので、
もうしばらくは福岡に出張中だと思います。ヾ(^▽^)ノ

☆マジエル様。
天空界へかえっていかれたんですね…。
ご冥福をお祈りしています。

名前: 沙羅 | 2006/05/11 0:31:03

はじめてコメントします。

曽我町子さんの訃報。本当に驚きました。
ボクは亡くなる前日に、曽我さんに国立のお店でお会いしてたんです。

いつもの通り、まさに陽のパワーを放っておられた曽我さんが、亡くなってしまうなんて、
本当に信じられないんです。

マジレンジャーで天空大聖者マジエルとしてご出演された曽我さん、本当に楽しそうで、
見ててこちらもニコニコしちゃいました。
つい先日メイキングDVDを見たんですが、曽我さん、本当に嬉しそうでしたね♪

もう新作は見られませんが、デンジマンやサンバルカンのDVDで、
楽しい曽我さんを見て元気になろうと思います。

追伸:先日のイナズマ!試写会、参加しました(^-^)
   楽しかったです。今から発売が楽しみです!!
   これからも楽しい作品をたくさん作ってください!

名前: アムロ | 2006/05/11 0:06:05

マジエル様は、天空世界から見守っていてくださると思います
未だに信じられません。
いたずらっぽい笑みを浮かべて、突然我々の前に姿を現すような気がしてなりません。

名前: はかせ | 2006/05/10 22:24:08

曽我さんが亡くなったこと、ただただ、残念としか言えません。本当に素敵な方でした。チャーミングな方でした。笑顔が可愛い方でした。
忘れません。ずっと心の中に生き続けることでしょう。ご冥福をお祈り致します。

塚田さんとは、ご縁があったんですね。不思議な巡りあわせのような感じですが、必然なんでしょうね。。。最期の大舞台、偉大な天空大聖者様の晴れのお姿でした。

名前: たつばば | 2006/05/10 21:48:37

曽我さんがお亡くなりになったと知ったのは、朝のニュースでした。
最初は、夢でしょ?こんなの・・・。あの曽我さんが?と思わず疑ってしまうほどショックでした。
私は、マジレンジャーで初めて曽我さんという人を知りました。やっぱり、曽我さんにはマジエル、天空大聖者様というイメージが強く残ってます。それほど明るくて、オーラが強い人でした。
ありがとう。曽我さんも遠く高い空(マジトピア)で見守ってくれているとおもいます。

名前: すうーさん | 2006/05/10 21:18:04

曽我町子さん素敵な方ですね。
画面の向こう側の私たちにむかって語りかけるマジエルの曽我さんのパワー確かに受け取りました。
素敵な魔法、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。

私も毎週のように映画館に足を運びます。
ガメラは観ましたよ!
やはり名古屋人はみなきゃですよね☆名古屋駅が壊されちゃうし(泣)
思わず翌日にツインタワーを確かめに行っちゃいました(笑)入り込みすぎですかねぇ…。

イナズマ!ネット注文しました!!
6月が楽しみでなりません!!

名前: 保育園のあや☆ | 2006/05/10 20:17:35

曽我町子さんの訃報を新聞で知り本当に驚きました。
ご冥福をお祈りします。寂しいですね・・・。
でもマジエルを演じきってから旅発たれたことに巡り合わせの不思議を感じます。
マジレンジャーの持つ陽のエネルギーにはまだまだ使命があるに違いないですよ!
曽我さんも見守って下さっているのではないでしょうか。

名前: つねもと家 | 2006/05/10 16:56:29

コメントを書く