常設掲示板「校則・制服・体罰」で度々話題となった「頭髪指導」の問題について、特設掲示板を立ち上げました。頭髪問題以外のその他校則の話題については 常設掲示板の方へ。

ご利用にあたって | ロビー | 他の掲示板 | TOPPAGE

  新規トピック ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定  
4 / 9 ツリー ←次へ | 前へ→

[45]... チューリップ 05/1/17(月) 2:12
┗ [46]... 女教師の夫 05/2/21(月) 3:44

[45]どうしたら…
 チューリップ  - 05/1/17(月) 2:12 -

引用なし
パスワード
   私は福岡のある私立の高校に通っていました。その学校には、普通科・特進・看護科があり、私は看護科に通っていました。そこは、校則がもの凄く厳しく時には体罰もありました。校則は、眉毛を剃るのが禁止で前髪も眉毛より上じゃないといけませんでした。月に1回、頭髪服装検査があり、1人の生徒を2〜3人の先生が囲んで1人ずつ見ていくというやり方でした。眉毛を剃ったり、ピアスの穴を開けたりすると男子は坊主・女子はショートにし、「継続」という部類に入れられ、別の先生が検査をします。ショートにした女子に向かって「変な髪形になってるからもうチョットちゃんと切ってきて」と言ったり、前髪をちゃんと切ってる生徒に向かって「短い」と言って笑う先生もいます。髪の毛が茶色かどうかを検査する時は、放課後残され、散々待たされた結果「もう暗くて髪の色が良く分からないから明日ね」と言われたり…メチャクチャです。先生同士、派閥があったり、生徒の前で他の先生や学校の悪口を言う先生もいます。校則の見直しを先生に言っても全く聞く耳を持ってくれません。何故、眉毛を剃ってはいけないのかを先生に聞いてもちゃんとした答えは言ってくれません。そんな感じで、私は精神的に辛くなり学校を辞めました。とにかく酷い学校で、「文句を言ってもどうせ無駄」と友達も思っているようです。そんな学校はもう変えられる方法はないんでしょうか?私はもう辞めたので関係ないですが、頑張って行っている友達の何か手助けになりたいと思ってます。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)@YahooBB218116226120.bbtec.net>

[46]Re:どうしたら…
 女教師の夫  - 05/2/21(月) 3:44 -

引用なし
パスワード
    チューリップさん、はじめまして。
 あまりに遅いレスになってしまいましたので、お読みになるかどうかわかりませんが、コメントしたいと思います。
 僕自身も考える機会としてちょっと丁寧にやりますので、長くなるかもしれません。また僕は専門家でもなんでもないので、間違うかもしれません。ご意見があったらぜひレスしてください。

>何故、眉毛を剃ってはいけないのかを先生に聞いても
>ちゃんとした答えは言ってくれません。

 とありますが、僕はちゃんとした答えというのはないんだと思います。あるいはちょっと言いづらいのです。
 何故なら、例えばその先生が学校を出て、全然知らないような、ただ道を歩いている人に「何故、眉毛を剃ってはいけないのか」と聞かれれば、「剃ってもいいですよ。自由ですよ。」と答えると思います。そう答えなければおかしいです。もちろんその人が眉毛を剃っていても先生は何も言うことはできません。
 つまり「眉毛を剃ってはいけない」と先生が言えるのは、チューリップさんのいた学校で、かつそこの生徒に対してだけ、ということになると思います。

 さて、例えばチューリップさんのいた学校の校則に「本校の生徒は喫煙してはならない」と仮に決まっていたとします。
 「何故、喫煙してはならないのか」と先生に聞けば、多分「法律で20歳未満は喫煙してはならないと決まっている」というのがひとつの答えとしてあるでしょう。「たばこは成長過程にある青少年の体に害悪だから」とも答えるかもしれません(もちろん青少年でなくてもタバコは体に悪いようですが)。
 ではなぜ20歳なのか、と聞いたらどうでしょうか。たとえば18歳、19歳で吸ってはなぜいけないのか、そういう国もあるだろう、などと聞けば、「日本の法律で20歳未満と決まっている」と答えるでしょう。これには一応しっかりした理由があるのです。なぜなら建前上、日本の法律は民主的な手続きで決められており、同じ手続きで変えることも仕組みの上では可能だからです。
 しかし、校則は恐らくそうはいきません。先生の中で「眉毛くらいいいんじゃないか?」とならない限り、数としては圧倒的に多い生徒がそれを主張するだけでは、なかなか難しいと思います。そもそもそういう「仕組み」になっていないからです。(もちろん生徒の声に押されて先生が考えを変えるかもしれません。しかしそれはあくまで「偶然」として、です)

 もし、「眉毛を剃ると周囲から大人っぽく見えて、高校生のように見られない。それで誘惑されたり、挙句は犯罪に巻き込まれたり」などともっともらしい理由を言うかもしれません。それならあまねく高校生はそういうことにすべきです。タバコやエロ本のように法や条例で規制すべきです。

 誤解しないで欲しいですが、法や条例で規制すべき、というのは僕の意見じゃないんです。
 つまり先生が生徒にきちんと説明できもしないことを「校則」で決めるというのは教育上、無理があるだろうと思うのです。
 同じようなきまり、例えば茶髪はダメという会社・お店があったとします。社員が上司に何故ダメなのか、と聞いても上司は「そういう決まりだ」と答えるでしょう。でもある意味それはそれでいいんです。別に上司と社員は、先生と生徒のような関係ではないからです。
 でも先生というのは違います。自由とは何か、民主主義とは何か、そういうことを生徒に教える責任があります。眉毛の校則が有る無しに関わらず、そのことはきちんと教えられなければなりません。

 チューリップさん自身、あるいは高校の友達でもいいですが、とにかく諦めずに先生に説明をしつこく求めることだと思います。それは頭髪や服装の全面自由化に必ずしもつながらないかもしれませんが、しかしもっと大きな意味で重要な勉強になることだと思います。

 長くなりましたことをお詫びします。
 
 
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@actkyo068078.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

4 / 9 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規トピック ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定  
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.0) is Free

ご利用にあたって | ロビーに戻る | トップページに戻る