2005年からIT業界で働くタマゴ達による共同ブログ
ITEB2005(ITエンジニアブログ2005)の仲間になりませんか??ただいま新規登録受付中!!  
ユーザ名 パスワード   
メインメニュー
ITEB2005 カレンダー
2006年 7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ITEB2005 検索
ITEB2005 月別過去ログ
ITEB2005 カテゴリ一覧
ITEB2005 最近の投稿
ITEB2005 最近のコメント
アクセスカウンター
今日 22
昨日 31
総数 25017
RSSランキング
RSS feed meter for http://www.iteb2005.com/modules/wordpress/index.php
オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
ITエンジニアブログについて
ITEBとは、『IT Engineer Blog』の略。
2005年からIT業界で働く人たちが共同で執筆するブログである。
本ブログを通じて、情報共有・情報発信・情報交換などをやっております!!
そして、2005年入社のITエンジニアの中から、カリスマ経営者・カリスマエンジニアを排出することを狙ってます( ?∇?)
目指すは、IT業界の松坂世代です!!

ITEB2005の活動内容は、こちらにて確認することが出来ます。
ぜひ一度ご参照ください!!
ITエンジニアブログ

2006年6月25日(日曜日)

ITEB祭り

Filed under: - hirohiro @ 00時20分28秒

hirohiroです。

ITEB祭り参加してきました。
参加者の皆様お疲れ様です。

一番印象に残ったのは、
ああ、やっぱこれいいわーってITEBに対して
思ったことですかね。

また半年後やるってことで。
それまでに水面下でいろいろ動きたいところですね。

今回都合悪かった方も次はぜひぜひ。


2006年6月24日(土曜日)

仕事以外を充実させよう

Filed under: - hirohiro @ 10時21分08秒

hirohiroです。

仕事は大切ですが、それだけでやっていけるとは思ってない今日この頃。
やっていける・・・というのは、日々の充実であったり、面白いなーこれということを実感することであったりするわけですが。

仕事がメインになると少しでも消極的になると、メインですから、すべてが消極的になる気がします。というか僕がそうなったりしていますので。

でも本当は仕事ミスっても、やりたいことあるし、それで仕事のミスなんぞ小さいことよ、と思えるくらいでいいのだと、そう考えてます。

だからこそ、やりたいことというのをもっておくべきだなと。
それが例えばジムなんかで汗を流すことであってもいいかもしれません。
その人次第ですからね。まあ、できるだけ、仕事のストレス解消のためというものに限定しないほうが面白いかなと思います。

ストレス解消だとどうしても仕事に収束されて、仕事のほうしか目が向かないからですが。

もちろん、仕事が楽しく、もっともっとやっていきたいと。
そう思う人もいるでしょう。そういう人はそうやって仕事にパワーを費やす方がベターというか、正道かなと思います。

時間の使い方という点でも、
やっぱいろいろやってる方が妙に時間の使い方と、満足度がアップしていることが
多いですので、やはりお勧めです。

で、仕事のみで生きるというのは、
あまりお勧めできないってことを言いたかっただけです。
核となる柱はいっぱいあったほうが安定しますからね :mrgreen:


2006年6月10日(土曜日)

ITEBオフ会開催!!

Filed under: - pingpan @ 23時19分16秒

ども、pingpanです。

いやぁ〜だいぶ更新が止まってました。。。

#うげ、気付いたらスパムコメントの住処になってるし・・・
#最近、サーバのメンテナンスもできてまへん(>_<")

ここ数週間は、帰宅が0時過ぎることが毎日続いたりしてまして、こりゃいかんと思ってる今日この頃でございます。。。

とりあえず、ぼちぼちITEBにも再び力を注入せにゃ・・・

で、景気付けというわけではないのですが、この度ITEBでは、読者の皆さんも交えてちょっとしたオフ会をすることになりました!!

ホントは、結構前から決まってたんですが、僕がすっかりアナウンスを忘れてしまってて、今になってしまいました。。。
で、ITEBメンバーはもちろん、今回は読者の皆様にもぜひ参加していただきたいと思っています!!

「開催要項」

日時:6月24日(土)18:00〜
場所:東京新宿某所(参加者の皆様には追って連絡します。)
参加者:ITEBメンバー+読者の皆様

というわけで、今現在IT業界で働いてる人たちから、これからIT業界で働こうと思っている学生さん、IT業界と全く無関係な人まで、ぜひオフ会に参加したいと思う方々は、メールにて参加希望をお知らせいただきたいと思います。
なお、今回は人数調整の都合上、先着10名様までとさせていただきます。

では、ぜひご参加いただける方は、下記要領にてメールでお知らせいただきたいと思います。

皆様からのご連絡、メンバー一同楽しみに待っております。

————————————-
宛先:webmaster@iteb2005.com
件名:ITEB2005〜オフ会参加希望

◇お名前:
◇職業:
◇ITEBへ一言(もしあれば):

————————————-
ご連絡いただいた方には、詳細な情報をおって連絡させていただきます。

以上、よろしくお願いいたします。


残業時間って

Filed under: - ika_suke @ 17時05分30秒

ika_suke です。
どうもお久しぶりです…。

同期(他部署)に久しぶりに会うと、なんとなく同じ質問をしてしまっている。
「最近忙しい?」

その返答は、8割がこうだ。
「うん、めちゃくちゃ忙しい。先月の残業時間なんか…」

といった具合で、残業時間の話が始まるという会話パターンがとても多い。

が、
残業時間よりも「拘束時間」のほうが意味があるんじゃないかと思う。
拘束時間=勤務時間+通勤時間。
残業時間のことを話題にするときって、「残業時間が多いから自分の時間がないんだよ」ということになるのだが、

・残業時間(≒勤務時間)が長いが、通勤時間が短いAさん
・残業時間はAさんほどではないが、通勤時間が長いBさん

を比較してみると、結局自分の時間が少ないのはBさん、ということもよくある。

私はBさんのタイプなので、いかに通勤時間を「拘束時間」ではなく「自分の時間」にするかを考えているんだけど、なかなかうまくいかないですねぇ。

「自分の時間をなんとか作り出す」という意志が足りないんでしょうか??

答えのヒントを見つけるべく、最近よく本屋に行くんですが、「時間をうまく使う」的な本って、必ずといっていいほど

「残業は次の日に響くから無駄である」という感じのことが書いてある。

そーかもしれないけど、効率よく仕事しても作業量的にどうしても残業となってしまうことが多いので、自分にはこの本のアドバイスは当てはまらないのかなぁと思う。

自分の時間が作れるようになるころには、社会人生活も終盤だったりして(^^;; という、今日このごろです。


2006年6月8日(木曜日)

掛け持ち生活

Filed under: - hirohiro @ 00時23分06秒

どうもhirohiroです。
大分お久しぶりですが。

IT業界は残業が多いとか聞きますが、
どーなんでしょうね。
僕の比較するところでは、そんな多くない気すらします。

残業しないと仕事が追いつかない状態がまず間違っていると仮定し、
さらに各自の仕事力を加味しても、
やはりベストな状態で(つまい定時帰りで)働けるなんて夢のようですね。

まあ、それはいいとして、最近は、いかに仕事をしないかが重要になってきています。
それは、仕事は創るものであって、させられるものではないというシンプルな言葉から。

多分仕事をさせられていては、ずっとそのままでしょう。
仕事を創る、するには、やはり自分が主導権を握らねばなりませぬ。

そういう身分は、課長や部長といった、役職につくまで我慢かと。
おそらく、そういう道もありますが、今の時代は、あまり適切な選択肢ではありますまい。

僕は、今の時代は、自分の身の丈のもので(どの時代も同じなのでしょうが)ふんばって、自分が主体となってやれることを1つではなく、いくつかやるべきだと思ってます。

仕事の人生に占める率を下げる戦略です。
もっとも、仕事とは会社員なら会社の仕事だけを意味するのではなく、ライフワークや自分のやりたいことも仕事としていますが。

6月も序盤を過ぎ、もうすぐ梅雨入りして、夏が来ますね。


2006年5月14日(日曜日)

エンジニアの将来像

Filed under: - hirohiro @ 14時20分54秒

どうもhirohiroです。

ITエンジニアの将来というのは、
まあエンジニアに限らないと思いますが、
まったく見えてきません。

その原因は大分わかりつつありますが、
そもそも「仕事」たるもの、確固たる自信であるとか、ニーズを掴んでいるとか、
そういうものがなきゃだめだということでしょう。

会社を経営とか、起業するとかに関わらず、
どうなりたいかみたいな考えは必須なわけです。
それがないと、多分埋もれていってしまうから、人材価値みたいなものは低くなるでしょう。
(もっとも市場価値の高ければいいなんて乱暴な話は嫌ですけどね)

僕の頭に今あるのは、
例えば簡単な組み合わせで、今持ってる技術+自分の興味あることを組み合わせるというものです。
Webに強いSEとか、オープン系に強いSEとか、組み込みなら任せとけーというSEとか、そういうSEは比較的なりやすい。
もっとも、なりやすいとは、誰でもなれるという意味ではなくて、想像しやすいくらいの意味でしょうか。

今年ももう5ヶ月過ぎてますけど、
技術がついたかどうかなんて、すごく自分の中で分からないし、見えないので、
そこらへんも自分で区切ってくしかないですね。

この時期、5月病とかになりやすいので、どうかお気をつけて。


2006年5月4日(木曜日)

遠くから見る

Filed under: - hirohiro @ 10時34分19秒

どうもhirohiroです。

Tech総研恒例?のエンジニアの年収とかのページがありますけど、
あれみてて、なるほど。
自分がカテゴライズされるであろう分野と年を入れてみると、7割くらいがまあ月平均40〜60時間くらいは残業っぽいです。

ふむ。という感じですな。
つまり、それが平均残業時間ってことでしょう。

一方、小売業界で働いている友人の話では、
軽く月平均80時間は越えていそうです。
それがデフォルトというか。
月に休みが週1くらいであれば良いとか。
これが現実といえばそれまでですが。

IT業界だろうと、なんちゃら業界だろうと、
まあどの会社だろうが、個人で働こうが、
自分がどういうところで働いているかっていう客観視みたいなものが必要っぽいです。

そうじゃないと、位置が分からないですから、軽く迷子さんになってしまいますからね。

年収ってのは、一つの例ですし、
あと残業時間も一つ。
これらは業界間や仕事間で単純に比べられるものじゃないですけどね。

2年目っていうのも、1ヶ月経ちまして、
とくに後輩を育てる役割も僕にはないので、
らくーに(笑)過ごしている限りです。
が、そんな余裕はなかったりするのが実状。


2006年4月23日(日曜日)

新人研修講師への道。

Filed under: - pingpan @ 23時16分04秒

ども。
ぴんぱんです。

大変ご無沙汰してました。
なんか、先週の月曜日に投稿した内容が、うまく反映されてなかったみたいで、困ったもんでございます。
最近、不具合でまくりで。。。。
落ち着いたら直します。

さて、4月も1ヶ月がもうすぐ経ちますが、皆様の会社の新入社員たちはいかがでございましょうか??

ワタクシの会社にも、もちろん新入社員は来まして、気がつけばワタクシにも後輩ができていたわけでございます。

で、うちの会社の新人たちは先週の金曜日まで営業・エンジニア合同で集合研修をやってまして、いよいよ明日から営業は配属されOJTへ、エンジニア達は明日から厳しい厳しい(?)技術研修へと入っていくことになります。

で、今年の新人研修、ひょんなことからワタクシも講師として教壇(?)に立つことになりました。
しかも、6月に3コマ。
なかなか社内的にも大ごとになってます。

というわけで、この3コマ(3日間)をどうすべきか、6月に行われますので、それまで2年目(6人)で試行錯誤の日々が続きます。

さて、この研修成功するのか。

んなわけで、このネタは続きます。。。。

では。


2006年4月16日(日曜日)

ITEBチャット会議

Filed under: - hirohiro @ 14時48分15秒

hirohiroです。

昨日は、ITEBチャット会議がありました。
考えてしまったというか、
話し合った結果として、

ああ、もっと楽しんでやらないと
ITEBもまだまだだなーとか偉そうに(笑)
思ってしまいました。

別に楽しんでやってないつもりは毛頭ないのですけどね。
単にちょっと時間がないからといって、
放置するのはどうかなーと。
自分に思ったのでございます。

近いうちに、ITEB祭り用に、
交流掲示板みたいなのが出来るので、お待ちを。

世界を変える必要性はないかもしれませんが、
変わらないものほど退屈なものはないですねえ。
別に革新的になれとも、保守的であるべきではないなんて言ってませんけどね。

今日は試験ですかね。
試験された方お疲れでした。


2006年4月15日(土曜日)

倒れないように

Filed under: - hirohiro @ 02時33分44秒

hirohiroです。

最近ですが、友人が過労でドクターストップ。
診断書で、公的に会社を休むそうな事態。
結局、体を壊しているので、休息が必要ですが、問題はじゃあ復帰して、また体を壊すことはないか、という不安でしょうね。

働いてぶっ倒れる時、なんのために働いているかをすごく感じるかと思います。
僕は倒れたことはないですが。

倒れるために働いているわけではないですしね。

IT業界は、まあ労働時間も過多とは言われますが、そういうものなんでしょう。
不可抗力というか、単純にいって、コンピュータを思い通りにするには時間がかかるってことでしょう。
専門でそれをやってても、時間がかかる。
だから、任せる人がいて、お客さんがいて、ニーズがあるってことでしょうかねえ。

2年目はほとんど意識していませんけど、
とにかくやるのみですねえ。


2006年4月10日(月曜日)

情報処理試験まで。。。。

Filed under: - pingpan @ 23時06分54秒

ども。
pingpanです。

気がつけば、情報処理試験まであと1週間をきってましたね。

とりあえず最後の最後まで粘って久々の情報処理試験ゲッツといきたいもんでございます。

さて、みなさんは勉強すすんでますでしょうか???

おっと、なんかITEBがスパムコメントに襲われてるではないですか。。。。
うぅぅぅ、かなりうざい。
コメントの承認機能入れた方がいいのかなぁ。。


2006年4月4日(火曜日)

続・2年目へ。。。。

Filed under: - pingpan @ 22時56分57秒

どーも、久々pingpanです。

気が付いたら4月になってました。

いやぁ〜あまりの忙しさでブログを書く暇もなかった!!
というわけでは全然ありませんで、3月終わりに携っていたプロジェクトが終了いたしまして、今は浪人中。。。

これが、忙しい時と暇な時の差があまりにもはげしいもんで、プロジェクトの重りがなくなったとたん、完全腑抜け状態になって何もやる気をなくしていたのでした。

ウツ手前ちゃうやろかと思いますわ・・・

最近は、新入社員歓迎お花見会(4月2日に無事終了)の企画やら、採用活動のお手伝いやミーティングに参加やら、本業とは違うところで会社活動してました。

そんなわけで、もう2年生。
後輩も入ってきたことなんで、ちょっと気合入れてがんばりたいと思います。
しかし、5月の連休まではプロジェクトもなさそうなので、のんびり資格試験の勉強をしつつ力を蓄えます。

ITEBも2年目へ。

さて、どうなるでしょう・・・

ほいでは、みなさんさようなら。


情報処理試験まであと…

Filed under: - Toshi @ 21時07分11秒

春の情報処理技術者試験まで気がつけばあと12日になってしまいました。

私は恥ずかしいことに勉強が進んでおりません–;
参考書だけは確か2月あたりに買っていたはずなんですけど。。

ということで(?)、お互い頑張りましょう!!!

やっぱり傾向として、年を経るごとに、
記憶力の低下は勿論のこと、勉強意欲の低下が起こりがちですよね。
自分のことを言ってます(笑)
そりゃあ資格勉強をしなきゃならんかと言ったら、そうでもないと思うんですが、はなから試験を受ける無しの先輩とか見たら少し落胆してしまうわけです。

向上心を持てと言ってる会社の社員が実践していないぞ!?みたいな感じで。

2年目になって、新入社員が入ってきてますし、
まぁ僕のところはまだなんですが、
そういう環境で初心に帰れたらと思っています。


2006年4月3日(月曜日)

2年目へ

Filed under: - hirohiro @ 00時39分37秒

hirohiroです。

早いものですね。
2年目突入です。

1年を振り返るということをしつつ、
ああ、今年は新入社員を新人だなんて絶対いわねーぞと誓っております。

1年間は長かったかどうか。
やはり、短かったですね。

得るものは多かった気がします。
でも、結局、大学と変わらないとおもっているのは、
やっぱ自分からどれだけやれるかってところでしょうか。

自分は学ぼうと思わなきゃやっぱ何も得られませんしね。
それはやはり重要なところですけど、確認ができてよかったです。

なんか春で、暖かくなるっていうだけで、
いろいろできそうな気がしますね。

ふんばっていきませふ。


2006年3月26日(日曜日)

考えること

Filed under: - hirohiro @ 09時51分38秒

hirohiroです。

考えることというのは、僕が考えていることではなくて、
「考える」って何だろうというところです。

最近、仕事場で、
「分からないことを聞くとき」の姿勢にとても敏感というか、それを考えてしまいます。

これはプログラミングだけに限らずと前もって断っておきますが、
質問者が考えたかどうかなんて分かりますよねえ?

具体的にいくと、例えばJavaなんかで、
なんで画面の項目へ変数の値が渡らないんだ!って問題があるとします。
問題というか、まあコーディングの問題なので、問題じゃないというかもしれません。
が、とりあえず現状はそうなってる。

その時、じゃあ他の画面の項目へはうまく値が通ってるのでそれみればいいかな?とか、
あれ?基本的に変数の値ってこれで渡るよね?といって値をデバッグするとか。

そういうことをやるのが「考える」ってことの一部になるんだと思います。

で、それをした上で質問をすべきですね。
でも、「すべき」なんですけど、そうなっていくのが自然といったほうが適切でしょうか。

結果的にですけど、
そうやって考えて質問できないと、「あれがわからない」「これがわからない」といって、そのまま同じことの繰り返しで、
じゃあこれはどうなっていって、こうすればこうなるとかってのが全く分からないままになりそうです。

それはプログラミングセンスというのものかもしれませんが、
多分違っていて、単にどう仕事をしていくかみたいな、姿勢の問題になるんだろうと思っています。

蛇足ですが。
プログラミングで何か創るってのが好きなら、仕事と趣味でのプログラミングは違いますけど、本質的なものは一緒なので、
続くんだろうなーって思います。
あ、仕事がってことです。


ITEB読者アンケート
自己投資してますか?
かなりしてる。
それなりに。
あまりしてない。
全然してない。
よくわからん。
メンバー紹介〜その1

pingpan

当サイトの管理人。
SEのタマゴとして主にインフラ・サーバ構築に携わってます。
最近のトピックスは、Linux・Solaris・CISCO・BIG-IP・
各種ミドルウェア・議事録書き・ドキュメント作成などです。
pingpan's サイト:
pingpan's world
この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その2

Y.K

東京でSE目指して奮闘します。
末は教師?
Y.K's サイト:

この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その3

hirohiro

組織で働くとは何か。そんな想いを胸に飛び込んだ会社。プログラマとして働いておりますが、1年で十分組織を味わえた気がします。起業を狙っていますが、ITの知識とスキルを土台としてそれにうまく融合させていく形でビジネスを考えております。そういう意味でなんちゃってプログラマです。書くこと大好きですよ。
hirohiro's サイト
めざせ一万冊
この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その4

Ironsoldier

日本のオーストラリア、四国から亡命してきた新人SEです。
生活リズムが不規則ですのでご迷惑をかけるかもしれませんが、よろしくお願いします。 Ironsoldier's サイト:
コードの中心で/*bug*/を直す
この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その5

hati

4月より東京でSEとして働きます。
開発の匠を目指しております。
この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その6

kou

メンバー紹介〜その7

くらげさん

社会人1年目の新人です。
CobolとかVBが多い、SE夢見るPEやってます。ただいま、簿記の知識を求めて悶え中。 くらげさん's サイト:
くらげの館
この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その8

ika_suke

2005年4月から社会人。
【どんぶりのようなSE】
(=具だくさんな海鮮丼のイメージ) を目指します。
食べ物&プロ野球観戦大好き
ika_suke's サイト:
就職活動考察ブログ
この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その9

なつ

新宿でSEとして働きます。
文学部出身です。
会計ソフトをメインに作ります。
この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その10
メンバー紹介〜その11

はらぺこブッチ

SEとして2005年4月から東京・横浜近辺で働き始めます。
よろしくお願いします。
この筆者のエントリーを見る
この筆者の自己紹介記事

メンバー紹介〜その12
メンバー紹介〜その13
メンバー紹介〜その14

reku


JavaでDB+webアプリが専門(になる予定)のSEとして働いています。
文系出身の上にユーザー系勤務と少数派の気がしますが、よろしくお願いします。
reku's site
ランタイムエクセプション
この筆者のエントリーを見る」 「この筆者の自己紹介記事
メンバー紹介〜その15

masa

大阪で働く文系プログラマ。
今はメーカー系システム開発会社に常駐しています。
インターネット関連の技術に一番興味あり。

masa's site
Lv1からのSE成長日記
この筆者のエントリーを見る」 「この筆者の自己紹介記事
メンバー紹介〜その16

Toshi

今は愛知で働いています。
とりあえず何かが違うエンジニアを目指してます。

Toshi's site
Break Through
この筆者のエントリーを見る」 「この筆者の自己紹介記事
Powered by ITEB2005 © 2005-2006 ITEB Project