調査設計・実査から集計・分析まで、マーケティングリサーチをトータルサポート。

ネットリサーチならマクロミル
お問合せはフリーダイヤル 0120-096-371
TOP  >  公開調査データ一覧  >  公開調査データ
  公開調査データ
Publicity open research results
2007年2月7日
2007年 バレンタインデーに関する調査
トピックス
■今年のバレンタインデーに、「チョコレートの購入予定がある」女性会社員は78%
■本命チョコの購入予算は、1個あたり平均2,148円
■本命チョコで62%、義理チョコで40%の人が、‘お返し’を期待
■会社での義理チョコのやりとり、「あった方がいい」26%、「ない方がいい」74%
 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国20〜30代の女性会社員(公務員含む)を対象に、「バレンタインデーに関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2007年1月22日(月)〜1月23日(火)。有効回答数は515名から得られました。
【 調 査 概 要 】
調査方法 : インターネットリサーチ
調査地域 : 全国
調査対象 : 20歳以上39歳以下の会社員女性 ※公務員含む(マクロミルモニタ会員)
有効回答数 : 515人
調査日時 : 2007年1月22日(月)〜1月23日(火)
調査機関 : 株式会社マクロミル
【 調 査 結 果 】
今年のバレンタインデーに、「チョコレートの購入予定がある」女性会社員は78%
チョコをあげる対象は「夫、彼氏」71%、「会社の上司」48%、「家族」44%
  今年のバレンタインデーにチョコレートの購入予定があるかを尋ねてみたところ、78%の女性会社員が「購入の予定がある」と回答しました。また、チョコレートの購入予定がある人に、チョコレートをあげる相手について尋ねたところ、「夫、彼氏」にあげる人は71%で最多となりました。次いで、「会社の上司」にあげると回答した人は約半数の48%、「家族」にあげる人は44%となっています。
Q.今年、バレンタインデーのためにチョコレートを購入する予定がありますか。
今年のバレンタインデーにおけるチョコレート購入予定の有無
Q.あなたは、誰のためにチョコレートを購入する予定ですか。(いくつでも)
チョコレートをあげる相手<複数回答> (ベース:チョコレートの購入予定がある人/n=401)
本命チョコの購入予算は、1個あたり平均2,148円
  本命チョコ、義理チョコを購入する際の1個あたりの予算に関しては、本命チョコの平均が約2,148円、義理チョコは約799円となっています。本命チョコと義理チョコでは、1個あたりの平均購入予算の差が、約1,350円となりました。
本命チョコで62%、義理チョコで40%の人が、‘お返し’を期待
  本命チョコのお返しを期待するか尋ねてみたところ、「期待する」(「期待する」22%+「どちらかといえば期待する」40%)は、62%となりました。一方、義理チョコのお返しを期待するかについては、「期待する」 (「期待する」9%+「どちらかといえば期待する」31%)は40%でした。
  本命チョコに期待するお返しとしては、「アクセサリー」が46%でトップ。次いで「食事」41%、「ケーキ」25%となっています。また、義理チョコのお返しとしては、「クッキー」が57%でトップ、次いで「チョコレート」49%、「ケーキ」37%となっています。
Q.あなたは、バレンタインチョコレートの‘お返し’を、どの程度期待しますか。
チョコレートのお返しの期待度(ベース:本命/義理チョコの購入予定がある人)
Q.あなたは、チョコレートの‘お返し’に何が欲しいと思いますか。(いくつでも)
チョコレートのお返しに期待するもの<複数回答>(ベース:本命/義理チョコのお返しを期待する人)
会社での義理チョコのやりとり、「あった方がいい」26%、「ない方がいい」74%
  会社での「義理チョコ」のやりとりについて尋ねたところ、肯定的な意見(「あった方がいい」3%+「どちらかといえばあった方がいい」23%)は26%に留まりました。年代別にみると、若年層ほど「義理チョコ」に対する肯定的な意見は高くなっており、20〜24才では44%を占めました。「あった方がいい」理由としては「コミュニケーションを深めるにはいい機会だから」が73%で最も高く、次いで「日頃の感謝の気持ちを表すのにいい機会だから」が69%となりました。
  一方、会社での「義理チョコ」のやりとりについて否定的な意見 (「ない方がいい」39%+「どちらかというとない方がいい」35%) は全体で74%に上りました。その理由として挙げられたのは、「面倒だから」が最も高く73%、次いで「お金がかかるから」が62%となっています。
Q.あなたは、会社での「義理」チョコレートのやり取りが、あった方がいいと思いますか、ない方がいいと思いますか。
会社での「義理チョコ」のやり取りはあった方がいいと思うか?
Q.会社での「義理」チョコレートのやり取りが、あった方がいいと思う理由であてはまるものをお知らせください。
  (いくつでも)

会社での「義理チョコ」のやり取りがあった方がいいと思う理由<複数回答>
(ベース:会社での「義理チョコ」のやり取りがあった方がいいと思う人/n=135)
Q.会社での「義理」チョコレートのやり取りが、ない方がいいと思う理由であてはまるものをお知らせください。
  (いくつでも)

会社での「義理チョコ」のやり取りがあった方がいいと思う理由<複数回答>
(ベース:会社での「義理チョコ」のやり取りがあった方がいいと思う人/n=135)
より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。
調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問合せはこちらまで
株式会社マクロミル 担当:西沢・関
TEL:03-6716-0707 FAX:03-6716-0701 E-mail:press@macromill.com
マクロミルのネットリサーチに関する詳しい資料をお送りします。
資料請求
(C) 2000-2006 MACROMILL, INC., All Rights Reserved.