東京都水道局


節水の習慣|上手に使って大切な水|

水を大切にする習慣

 蛇口をひねるだけであたりまえのように出る水。
 快適な暮らしを守るためにも、大切にお使いください。

水はどうやって使われているの?

 1日に使われる水の量は、平均426万立方メートル(平成17年度)。東京ドーム(約124万立方メートル)の3.4杯分にもなり、そのうち、約7割が家庭で使われています。
 1年で使う水の量は、約16億立方メートルで、東京ドーム約1,300杯分にもなります。

■1日当たりの水の使われ方

グラフ:全体 426万立方メートル、生活用 71.2%、都市活動用 27.3%、工場用 1.5%

家庭で1人が1日に使う水の量はどれくらい?

 生活が便利になり、それに伴って、水道水を使う機器も増えてきました。家庭で一人が1日に使う水の量は、昭和60年には216リットルだったのが、平成17年には242リットルと増えています。

■家庭での1人当たりの使用水量(1日当たり)

グラフ

■家庭での水の使われ方

グラフ:ふろ 24%、トイレ 28%、炊事 23%、洗濯 17%、洗顔・その他 8%

■世帯人数別の1箇月当たりの平均使用量

世帯人数 使用水量 世帯人数 使用水量
1人 8.2立方メートル 4人 26.8立方メートル
2人 16.3立方メートル 5人 29.4立方メートル
3人 21.8立方メートル 6人以上 37.2立方メートル

節水量の目安を教えて!

  状 態 おおよその量

蛇口

洗面・手洗い 1分間流しっぱなし 12 リットル
歯みがき 30秒間流しっぱなし 6 リットル
コップにくむ(3杯) 0.6 リットル
炊事 食器洗いなどで5分間流しっぱなし 60 リットル
洗車 20分間流しっぱなし 240 リットル
バケツにくむ(3杯) 30 リットル
節水コマを取り付け、
ハンドルを90度回転させた場合(1分間)
6 リットル
ふろ 浴槽の残り湯半分を洗濯・清掃などに利用 90 リットル
シャワー 3分間流しっぱなし 36 リットル

どんな節水方法があるの?

説明図:ふろの場合、残り湯の半分の再利用で90リットルの節約。ふろの残り湯は、洗濯、清掃、散水などいろいろ工夫してお使いください。シャワーの場合、シャワーはこまめに止めましょう。歯磨きの場合、コップにくんでみがくと約5リットルの節約。トイレの場合、大小のレバーを使い分けましょう。洗車の場合、バケツを使うと210リットルの節約。

節水相談ダイヤル 03-5802-9040(東京都水道歴史館内)
9時00分〜16時30分(年末年始を除く)
お客さまからの節水に関する相談を承っています。


前頁   ||   目次   ||   次頁

このページの先頭へ


>PR情報 >節水の習慣 >水を大切にする習慣