スポーツ報知のメインコンテンツへジャンプ

◇…スポーツ報知の購読申し込みは、フリーダイヤル 0120-16-4341(イロ ヨミヨイ) まで…◇

◇…過去の記事は、ご使用のプロバイダのデータベース・サービスをご利用ください。…◇

スポーツ報知>野球>高校野球

ここからスポーツ報知のメインコンテンツです

2回途中0―66、試合放棄申し出る…埼玉県大会

 熊谷公園球場で15日に行われた高校野球春季埼玉県大会北部地区予選1回戦、進修館―川本戦で、川本が0―66の2回裏1死から試合を放棄する出来事があった。試合は規定により、進修館が9―0で勝利した。けがなどによる部員不足での試合放棄の例があるが、申し出による試合放棄は極めて異例の事態だ。

 川本は先発投手を含む2人が正式部員で、他部からの助っ人を集めて今大会に出場。初回に26失点、2回は1死までに40失点していた。先発投手の球数が250を超えたため、健康上の理由から飯田貴司監督が大会本部に試合放棄を申し出た。

 飯田監督は「このペースだと4回で500球近く投げることになる。他の選手も集中力を欠くことで、けがの危険性があった」と苦渋の決断だったことを説明した。

この記事をlivedoorクリップに登録

この記事をYahoo!ブックマークに登録

ソーシャルブックマークに登録

(2008年4月16日06時00分  スポーツ報知)

試合結果 (4月29日)
▼セ・リーグ
巨人
3-2
広島
終了
中日
4-1
横浜
終了
阪神
1-4
ヤクルト
終了
▼パ・リーグ
西武 ソフトバンク
終了
ロッテ
2-3
日本ハム
終了
オリックス
2-1
楽天
終了

データ

セ・リーグ

日程 | 結果 | 成績

交流戦

日程 | 成績

イースタン

日程

記録

プロ野球各種記録

パ・リーグ

日程 | 結果 | 成績

オープン戦

日程 | 結果

ウエスタン

日程

球場

球場ガイド

スポーツ報知の出版物 スポーツショップ報知
報知新聞社出版局 スポーツショップ報知