富士山と富士市ロゴ雄大な富士山のもと躍動するまちFuji City Official Web site
各種一覧はこちらから
くらしの情報 富士山の情報 観光の情報 まちの情報 市政の情報 施設の情報
アクセシビリティに配慮したページのマーク 文字を大きくする 文字を小さくする 元に戻す ←文字の大きさを変えるには

竹採公園


平成3年3月にオープンした、かぐや姫をモチーフとした公園です。メインはやはり「竹採塚」。 うっすらとではありますが、「竹採姫」と彫られた石碑がまつられています。 また、臨済中興の祖である白隠禅師は、その著書の中で無量寺の竹やぶの中に「竹採塚」があることを記していますが、その白隠禅師の墓所もこの公園内に置かれています。
開園時間 4月〜10月8:30〜18:00
11月〜3月8:30〜17:00
休 園 日毎週木曜日、年末年始

竹取公園案内図


竹 採 塚

竹 採 塚

高さ1.14mほどの石塚で、台石は6、7個の富士溶岩を無造作に積み上げ、その上に縦横40cmほどの卵形の自然石に「竹採姫」と刻んで置いてあります。いつ建てたのかは明らかでありません。妊婦がこの石をなでると美人の子供が生まれると言われています。


白隠禅師の墓

白隠禅師の墓

 竹採塚付近には明治初期まで「無量寺」という臨済宗の寺がありました。この寺の草創については明らかではありませんが、竹採公園内の竹やぶに墓があるように、この無量寺は白隠と関わりの深い寺でした。白隠禅師は、享保3年(1718)に類焼したと言われる、無量寺を再建するにあたり、寺の由来である「無量寿禅寺草創記」を書き、この草創記の大半を費やして「竹取物語」について述べているそうです。



かぐや姫泉の里コースへ戻る
このページの先頭へ