芸能メニュー

ここから本文

芸能芸能のRSS

少年隊、ファン3000人と“卒業式”

2008.8.9 05:03
操作メニューをスキップして本文へ

 人気グループ、少年隊が8日、東京・青山劇場で今年限りで卒業するミュージカル「PLAYZONE」の東京公演千秋楽を迎えた。

 昭和61年の初演から23年目。錦織一清(43)、東山紀之(41)、植草克秀(42)は歌に踊りにトークにと全開で23年の集大成を展開。先輩の近藤真彦(44)がゲストで登場し花を添えた。

 公演後には公開記者会見を行い、錦織は「明日あたり青山劇場に行かないと思うと、ちょっとくるものがあるのかな」と寂しさをチラリ。植草も「家帰って泣くんじゃないか」。東山は「この空間で育ててもらった。離れがたいですが、いまは勇気を出して飛び立とうと思う。形は変われど会う機会を作りたい。また必ずやります」と再会を約束し、「今度皆さんに会った時、結婚を発表できるように頑張ります」と笑いを誘った。

 終演後にはメンバー発案による劇場入り口前でプレゾン史上初の“ファンお見送りイベント”を開催。「仮面舞踏会」など2曲を披露し、錦織が「俺たちの青春はこれからだ!」と絶叫すると、観客1200人と場外に集まったファンら計3000人の拍手が響き渡った。3人の汗と熱い魂が刻まれた「PLAYZONE」。来年は後輩のジャニーズJr.が受け継ぎ、錦織が演出する。大阪公演は梅田芸術劇場で26〜31日。


PR

Ads by Google

企画特集

注目サイト