業績が軒並み急悪化! 追い込まれる巨大マスコミの構造問題(4) - 09/02/09 | 17:29



ネット、携帯…成長のタネはあるが

 テレビ、新聞の周辺は、どうにも暗い話ばかり。では、未来は漆黒の暗闇なのだろうか。

 実はそうではない。特にテレビ周辺は新規ビジネスの宝庫だ。米国では昨年、FCC(連邦通信委員会)が、地上デジタル化によって空く700メガヘルツ帯の競売を実施。売却総額は196億ドルに上った。このうち全米をカバーする周波数帯は大手通信会社のベライゾンが落札。この周波数帯でグーグルなどが高速無線サービスを行う見通しだ。

 日本でも、地上デジタル化後に空く電波の再割り当てが計画されている。テレビ局が直接関係する分野だけでも、VHF帯(90〜222メガヘルツ)の一部を活用するマルチメディア放送がある。テレビ局は積極的にこうした新しいビジネスに取り組んでいくべきだろう。

 デジタル化は現行のビジネスを大きく変えるチャンスでもある。デジタル化により、2〜3番組のマルチ編成など、多彩な放送サービス提供が可能になった。「たとえばテレ朝がマルチ編成を利用して大阪の朝日放送制作の番組も見られるようにすれば、私のような東京在住の大阪人は飛びつく。なのにまったく動こうとしない」と総務省担当者はため息をつく。「視聴率を基に広告の価格を決める今の仕組みがあるかぎり、マルチ編成は無理。拡散して視聴率が下がってしまうから」というテレビ局側の発想はいかにも守旧的といえないだろうか。新聞も同じことだ。取材結果を紙だけでなく、ネット、データ放送、携帯電話などに提供する「コンテンツプロバイダー」への転換を模索するべきだろう。

 ただしネット広告で稼ぐモデルは、ヤフー独り勝ちの構図の中では難しい。そこがジレンマではある。が、ネットを遠ざければ従来モデルの延命が図れるわけではない。悩ましいことだが、新しい環境に合わせた構造改革を行わないかぎり、未来の展望は開けないのである。

下位企業は生き残りが困難に

(週刊東洋経済)

関連記事
テレビ広告はさらに減る、生き残るのは2〜3社だ――氏家齊一郎・日本テレビ放送網取締役会議長
週刊東洋経済 - 情報量と分析力で定評のある総合経済誌 (週刊・月曜発売)
<前へ | 1 | 2 | 3 | 4

産業・業界一覧へ

ビジネス新着情報一覧へ


週刊東洋経済
マーケット情報

© 2008 Thomson Reuters

日経平均株価
日経平均株価 日経平均株価 7705.36 -240.58
TOPIX TOPIX 760.29 -17.81
円/ドル 円/ドル 90.05  
NYダウ平均 7,939.53 50.65

東洋経済オンラインは、東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所・ジャスダック証券取引所・野村総合研究所・ダウ・ジョーンズ・ジャパン(株)・トムソン・ロイター社によって提供される情報を用いて、センティリオン株式会社で作成および運営を行い、情報提供をしております。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。