TOPへ戻る  BACK

■同人誌と著作権〜実際に同人が取り締まられた事例  ■私の対処法


■同人誌と著作権〜実際に同人が取り締まられた事例

 ネットで割りと良く目にする、ハリーポッターの作者が
”「二次創作的なことはやめてほしい」とはっきり意思表示して、その結果随分と同人の数が減った”
事例について
検証、&それに追補する形で記事を書いてみました。

 ハリポッターに関しては、
 自分のWEBページにファンイラストを掲載した英語圏の13才少女が、ワーナー側から「ハリーポッターのファンイラスト」の掲載を取りやめるよう圧力をかけられた事例の噂が、主に2ちゃんねる同人板で広まり、また、コミックマーケット準備委員会に静山社から自粛の申し入れがあったとの噂が広まり…
同人の作り手側が自粛していった…という経過を辿ったと記憶しています。(該当スレをリアルタイムで見てた人)。

 ちなみに、そのスレでは”ハリポッターの本の発行元の静山社が、愛読者葉書でファンイラストを募集することを書いているのに、何故、ワーナーがファンイラストを禁止するのか”で揉めていました。

梁ー歩ったースレッド8
http://yasai.2ch.net/doujin/kako/1010/10100/1010070515.html

 ハリーポッターのオンリー同人誌即売会は、次々と開催を中止しました。
同時に、中止が相次いだ為に、この頃からコミックシティなどの大規模イベント会社が、
自主同人誌即売会(オンリー)主催者について、チラシ宣伝の規約を厳しいものに変更致しました。

現在はブームも収まり、日本の同人サイトを見る限りでは、古くから扱われているサイト様は別として、
(作る人の入れ替わりが進んだのかな?)日本の他の作品と同様に、扱われているケースが多いようです。

■実際に同人が取り締まられた事例〜ポケモン
ポケモン同人誌事件
ポケモン同人誌著作権問題関連
http://www.st.rim.or.jp/~nmisaki/topics/pokemon.html
同人誌生活文化総合研究所さまより引用

98年正月に発生。
 ポケモンの18禁同人誌を発行した女性が、任天堂の告訴により京都府警に逮捕される。
容疑は、著作権問題(複製権、著作者人格権、二次著作権等)。

逮捕された作者への対応〜
(弁護士を呼ばずに、22日間(48時間+10日+10日)期限いっぱい拘留
京都府警の対応(暴力団等の背後組織があると思いこんでの数十人を動員した大げさな捜査、期限目いっぱいの被疑者の拘留、当該同人誌を印刷した同人誌印刷会社の書類送検等)

任天堂の対応(警告なしのいきなり刑事告発等
※コレが原因で、作者は会社を解雇されたと記憶しています。

各新聞社の報道比較表
http://www.st.rim.or.jp/~nmisaki/topics/pokemon2.html
同人誌生活文化総合研究所さまより引用

※この事件が原因で、これ以降、同人専門の印刷所ではポケモンの”グッズ”の印刷は、
断られるようになりました。同人誌の方の対応は、印刷会社各社によってまちまちだったと記憶しています。

■実際に同人が取り締まられた事例〜しまじろう
《概略》しまじろうの同人誌、HPを出版元のベネッセの承諾を受け作っていたが、
担当者が同人活動に好意的な人物から、ベネッセの利益を守るのを重要視する人物にかわり、
嫌がらせに近い形で閉鎖、活動中止に追い込まれる。

グーグルのキャッシュより引用

しまじろうのホームページは、 ベネッセからの要請により継続できなくなってしまいました

ベネッセからの手紙

それまで、ベネッセとどういう関係にあったのか詳しく知りたい

全文を読みたい方はこちら↓
じまじろう事件アーカイブ(重いです)
http://web.archive.org/web/20041014003053/http://www.mapletown.net/~kiwi/sima/

■実際に同人が取り締まられた事例〜エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン・ホームページを主催の皆様へより引用
http://www.gainax.co.jp/anime/eva/copyright.html

 自分で作成したオリジナルな静止画像、およびホームページでの使用のため、当方で準備した画像データについては、「エヴァンゲリオン画像の使用申請ページ」から届け出をしていただくことにより、ホームページへ掲載していただいて結構です。

■実際に同人が取り締まられた事例〜コミックシティ幕張事件

1994年10月のコミックシティが地元の青少年保護条例に引っかかるなどの成人向同人誌規制などの絡みで

日本コンベンションセンター、愛称は幕張メッセで開催が中止となりコミックシティから男性向け同人誌サークルが消える。

赤ブーブー通信社の会社内で内部分裂が起こり、コミッククリエーション、サンシャインクリエーションが立ち上がる。

参考記事
■ 同人用語の基礎知識・質問こーなーMk-2!ログ ■
http://human-dust.kdn.gr.jp/doujin/hokan/boardlog2/384.html


■私の対処法〜■注意書き
著作権について思うことがあり、この日記の冒頭に表示する注意文を追加しました。

ここは個人のファンサイトですので、「ブギーポップ」シリーズ他の作者、上遠野浩平氏・出版社様とは一切関係ありません。
同人とは…こちらでは、原作からキャラや世界観を借りてはいるが内容はオリジナルのファンフィクションを指します。
「著作権違反をするつもりで書いたものではなく、まったく別の表現です」 稀に女性向な表現を含む事があります。

この日記の本サイトの、冨樫義博サイトのカウントが一日40〜50回転 ブギーポップが20〜30回転
なのに対し、最近のこのブログの平均カウント数が一日100回転前後で恐ろしくなって注意書きをつけて見たのさ。

■コメントお返事〜同人と税金など
※最初の5/31の日記、「同人誌と著作権」はマナトさまのブログ”あるくはてな”の、5/28の記事に追補する形でかかれました。

># マナト >『結局、同人はお日様の下に出るべきじゃないような。弱気弱気にアングラでこそこそしているのが正しい姿、という気がしています。ただし、実質同人界はその動きで業界の利益が変動するほどに規模が大きくなってしまったので、今後なんらかの形で現状の変化が訪れるとは思うのですが。』

確かに規模が大き過ぎですね。
元は同人誌のボーイズ系アンソロジーが本屋にどうどうと並んでいて、中学生が買ってたりするのは規制して欲しいですね…。
ポケモン事件も、18禁本をコミックボックスJrの通販紹介で、通販した中学生の母親が任天堂に問い合わせたのが切っ掛けだったので…。
集英社週刊少年ジャンプは黙認してますけど。
鋼錬金やガンダムは、流行ってもアンソロが出てないので制作会社の反応を見て出版されてる感じですな。
 月姫みたいに元は同人ゲームのものが、アニメ化されたり…てのは、版元は同人サークルですが内容は、原作のないオリジナルなのでよかったかな、その辺があいまいです。

>なんらかの形で現状の変化
 98年前後にいくつかの大手サークルさんに税務署からお伺いの手紙や電話が来ました。
趣味であっても、一年間で20万円以上稼いでいたら、確定申告が必要になります。
たぶん、予想される変化としては、コミックマーケットが事故が発生するか、代表の方(50代)
が病気になるかで、開催できなくなる…などが起こりましたら
確実に変化が起こるでしょう。

ハリポッターは、デマに踊らされた感じで、何だったんだ、自粛した方が気の毒な感じです。
ハリーポッター著作権問題について〜http://www.yoiko.to/~uni/harry.htm
はりぽた著作権問題を考えよう〜http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/5068/tyosaku.html

[コメントを書く]
# matubahuki 『すみませんm(_ _)mガンダムSEEDなどのボーイズ系アンソロは出てませんが、スパロボ大戦のギャグ4コマアンソロは出ています』


TOPへ戻る  BACK