岩内町の観光・後志(小樽、西積丹ルート)の岩内観光
北海道の観光・後志(小樽、西積丹ルート)の観光北海道・岩内町TOPページ 北海道・岩内町の観光案内 広報いわない 北海道・岩内町アクセスマップ 問い合わせ 北海道の観光・後志(小樽、西積丹ルート)の観光
岩内町・後志・西積丹にある岩内
北海道・後志・西積丹にある岩内
北海道・後志・西積丹にある岩内
HP内検索エンジン

help
岩内のお天気
岩内の地図
岩内町HPメニュー

岩内町のプロフィール

岩内町のプロフィールTОP
町のあらまし
歴史

統計

TOP
自然
人口
産業1
産業2
生活環境
都市計画
教育
運輸
財政
町長の言葉
町のシンボル
交通アクセス
北海道・後志・西積丹にある岩内
暮らしガイド
北海道・後志・西積丹にある岩内
岩内の観光
北海道・後志・西積丹にある岩内
岩内の物産
北海道・後志・西積丹にある岩内
経済・産業
北海道・後志・西積丹にある岩内
日本海岩内海洋深層水
北海道・後志・西積丹にある岩内
行政・政策
北海道・後志・西積丹にある岩内
リンク
北海道・後志・西積丹にある岩内
お問い合わせ
北海道・後志・西積丹にある岩内
北海道・後志・西積丹にある岩内
北海道・後志・西積丹にある岩内
岩内の歴史
魂・・・進取の気性と、ネバーギブアップの根性が支えた、町の記録
康正2年 1456 岩内地方に和人の往来。
宝暦元年 1751 近江の商人恵美須屋(岡田)弥三右衛門、岩内古宇両場所請負(岩内の開基年)
天保6〜8年 1835〜1837 内地凶作のため移住者激増。
嘉永3年 1850 三、四年頃より鰊建網が始まる。
幕府の命により、請負人、雷電より泊臼別までの港湾を測量する。
安政4年 1857 佐藤仁左衛門、雷電山の中央に温泉を発見し、家屋を設け通行の便に供す。
安政6年 1859 最初の大火、消失家屋80余戸(当時全戸数230戸)
明治2年 1869 7月26日、蝦夷地が北海道と改称し、岩内の名称も確定する。
開拓使出張が設置される。
9月場所請負制が廃止される。
明治5年 1872 岩内郡の現況(岩内郡開拓使出張所調)。
戸数/487戸、人口/2,112人(男1,111人、女1,001人)、郡内に戸長、副戸長を置く。
明治10年 1877 町勢発展著しく江差福山商人の移転相次ぐ。
明治18年 1885 戸数700戸
明治23年 1890 9月12日、岩内町大火、全焼610戸。
明治26年 1893 岩内人口戸数(岩内古宇郡役所統計概要)、戸数/1,389戸、人口/8,022人。
明治30年 1897 岩内支庁設置、明治30年代より明治40年頃迄、鰊全盛期を迎える。
明治33年 1900 7月1日、岩内町に一級町村制施行。10月初代町長梅沢六兵衛就任。
明治35年 1902 戸数/2,281戸、人口/15,560人
明治36年 1903 岩内町役場新築(岩内町大字鷹台町字八幡番外地)。
明治38年 1905 6月、岩内水力電気株式会社創立。
7月、岩内小沢間に馬車鉄道開通。
明治39年 1906 10月、岩内水力電気、北海道で始めて点灯する。
明治40年 1907 岩内漁港、町費をもって修築工事着工。
明治45年 1912 5月4日、ニシン刺網大時化大惨事遭難者136名を出す。
大正元年 1912 11月1日国鉄岩内線開通。
大正10年 1921 6月、帰厚院大仏完成。
大正11年 1922 下田博士、北海道で初めて岩内にアスパラガスを植え付ける。
大正13年 1924 11月、日本アスパラガス株式会社創立。
昭和7年 1932 この年以降鰊漁皆無となる。
昭和10年 1935 2月16日、岩内町「紋章」を制定。
昭和18年 1943 2月1日、町内字名改正実施。
5月12日警戒警報発令、雷電沖で汽船空襲を受ける。
昭和24年 1949 7月1日、町制施行50年記念式。
9月20日、岩内郡漁業協同組合設立。
昭和29年 1954 9月26日、岩内町大火(15号台風中)
焼失区域32万坪、罹災人口16,622人、焼失家屋3,298戸(全町の割)、死者35名、行方不明2名、負傷者250名、損害合計98億9百万円。
昭和30年 1955 4月1日、岩内町と島野村が合併し、新岩内町誕生。
人口26,242人(男12,835人、女13,407人)戸数4,860戸。
昭和33年 4958 岩内町役場新庁舎落成。
昭和37年 1962 2月1日、国鉄岩内線にディーゼルカー運行。
11月、国鉄岩内線50周年。11月、雷電道路開通。
12月、木田金次郎画伯死去。
昭和38年 1963 7月雷電地区国定公園に指定される。(ニセコ積丹小樽海岸国定公園雷電ライン。)
昭和47年 1972 2月5日「原子力発電所設置に関する公聴会」開催。
昭和48年 1973 8月、第1回いわない怒涛まつり開催される。
昭和49年 1974 岩内岳山麓で、温泉ボーリングに成功する。
昭和50年 1975 10月31日、「アスパラ発祥の地記念碑」除幕式を行う。
昭和53年 1978 北海道初の国民年金保養センターがオープン。
昭和54年 1979 4月27日、岩内運動公園第一期工事完成。
昭和55年 1980 10月29日、岩内町の花に「ハギ」、町の木に「ナナカマド」が決定する。
12月6日、岩内岳国設スキー場「ニセコいわないスキー場」全施設が完成、落成式行われる。
昭和60年 1985 6月、国鉄岩内線廃止。町のマスコットキャラクター「たら丸」登場。
昭和62年 1987 国道・道道・町道の流雪講着工。
平成元年 1989 8月、岩内地方文化センターオープン。はまなす国体開催(レスリング・山岳競技)
平成2年 1990 7月、東日本フェリー(岩内〜直江津)就航。
平成5年 1993 4月たら丸館オープン、道の駅に指定。
8月、プロサッカーチーム清水エスパルス岩内合宿。
平成6年 1994 11月、木田金次郎美術館オープン、大相撲岩内場所開催。
平成7年 1995 新潟県上越市と姉妹都市提携。
国道・道道・町道の流雪講完成。
平成8年 1996  岩内町、過疎地域に指定、商店街活性化へ「たら丸カード」スタート。
平成9年 1997 「タラ丸市場」オープン。
平成11年 1999 オートキャンプ場「マリンビュー」オープン。
平成12年 2000 岩内町出身の田南部力選手がレスリングフリースタイルでシドニー五輪出場。
町制施行100周年記念式典開催。
青森県深浦町と姉妹都市提携。
平成13年 2001 岩内湾深層水取水整備事業に着手する。
平成16年 2004 田南部力選手がレスリングフリースタイルでアテネ五輪銅メダル獲得。
平成17年 2005 地場産業サポートセンターがオープン、海洋深層水の供給がスタートする。
公共下水道が一部供用開始する。
平成18年 2006 たら丸くんが全国放送で放映され人気が沸騰する。
平成19年 2007 介護老人保健施設「コミュニティホーム岩内」が開所。


岩内町役場
045-8555 北海道岩内郡岩内町字清住258番地
TEL:0135-62-1011 FAX:0135-62-3465
岩内町・後志・西積丹にある岩内
岩内町・後志・西積丹にある岩内

プライバシーポリシー | 免責事項 | 著作権 | サイトマップ

Copyright (C) Iwanai. All Rights Reserved