どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

道北・オホーツク

2・1メートルの巨大オヒョウ水揚げ 網走 (06/06 14:29)

漁船から水揚げされる特大のオヒョウ=4日午後6時20分、網走港

漁船から水揚げされる特大のオヒョウ=4日午後6時20分、網走港

 【網走】畳1枚に乗り切らないほどの特大オヒョウが4日夜、網走港で水揚げされた。体長2・1メートル、重さ165キロ。30歳前後とみられ、専門家も「近年、日本近海では珍しい」と驚いている。

 網走漁協所属の沖合底引き網漁船、第8昇陽丸(160トン)が網走・能取岬の北約40キロ沖の北見大和堆で捕獲した。5日朝の網走地方卸売市場のせりで、1キロ500円で競り落とされ、斜里町ウトロのホテルに売られた。

 オヒョウは、カレイ科の海水魚。北太平洋やオホーツク海などの水深200〜1千メートルの海底に生息し、タラやカニなどを食べる。

 尼岡(あまおか)邦夫・北大名誉教授(魚類学)は「カナダ近海などには200キロ以上のオヒョウがおり、日本でも20年ぐらい前までは大物がとれた。ただ、最近では珍しい」と話している。(近藤憲治)

【関連記事】

北海道新聞・道新スポーツ購読のお申し込み
特選!北海道ネット通販

エフエフの「ヴァイスブルスト」 独・ニュルンベルクで修行した、本場仕込みの製法によるこだわりメニュー。牛乳、パセリが入った白いボイルソーセージです。【5本入り】1050円

このページの先頭へ