第3回日本レコード大賞

1961年 (昭和36年)
12月28日(木)PM1:00神田共立講堂

大賞 「君恋し」フランク永井
作詩:時雨音羽 作曲:佐々紅華 
編曲:寺岡真三
日本ビクター

 

 

 石原裕次郎、三船 浩らと共に、低音ブームを招いたフランク永井は、昭和33 年の大ヒット「有楽町で逢いましょう」以来、都会派ムード歌謡の中心的スターでし た。
 そのフランク永井の歌った「君恋し」が、この年の大賞曲。昭和3年、佐々紅華 、時雨音羽のコンビによって作られた和製ジャズソングを、寺岡真三が現代風にアレンジ。
折からの「リバイバルブーム」の波に乗って見事大賞を獲得しました。
 昭和34年から36年にヒットしたリバイバルソングには、「人生劇場」や「北帰行 」「並木の雨」「無情の夢」「北上夜曲」がありますが、この「君恋し」は、リバイ バルソングの代表格と言えるでしょう。
 独自の低音の魅力に、ジャズのフィーリングをきかせた歌唱、リーゼントヘアー で肩を斜めに落し、両手を広げて歌う独特のポーズ。当時盛んだった、テレビの「素 人歌まね番組」で、フランク永井は最も真似をされた歌手の一人でした。

 

1961年(昭和36年)社会・世相
〔この時代〕
米大統領J・F・ケネディ就任
ソ連宇宙船ヴォストーク1号
(初の有人衛星)世界一周に成功
右翼少年が中央公論社社長宅を襲う
レジャーブーム
〔流行語〕
わかっちゃいるけど、やめられない
不快指数
六本木族
地球は青かった
〔ファッション〕
ムームー流行
男性に
「ホンコンシャツ」流行
シームレスストッキングが主流に
〔物価〕
そば 40円
クリーニング
(Yシャツ) 40円
大卒初任給 15,690円

〔ヒット商品〕
アンネナプキン
インスタントコーヒー
ステンレス流し台
コカ・コーラ

 

大賞
曲名:「君恋し」〈日本ビクター〉  歌手:フランク永井
作詩:時雨音羽   作曲:佐々紅華   編曲:寺岡真三
 
歌唱賞
曲名:「硝子のジョニー」  歌手:アイ・ジョージ
作詩:石浜恒夫   作曲:アイ・ジョージ   編曲:北野タダオ
 
新人奨励賞

曲名:「川は流れる」  歌手:仲宗根美樹
作詩:横井 弘   作曲:桜田誠一   編曲:高田 弘
 
曲名:「団地のお嬢さん」   歌手:山中みゆき
作詩:佐伯孝夫   作曲:吉田 正   編曲:吉田 正
 
曲名:「白い花のブルース」  歌手:平野こうじ
作詩:佐伯孝夫   作曲:吉田 正   編曲:吉田 正
 
曲名:「湖愁」  歌手:松島アキラ
作詩:宮川哲夫  作曲:渡久地政信  編曲:渡久地政信
 
曲名:「むすめ三度笠」  歌手:藤野たつ美
作詩:藤田まさと  作曲:村沢良介  編曲:長津義司
 
曲名:「さいはての唄」  歌手:柳うた子
作詩:星野哲郎  作曲:船村 徹(採)  編曲:船村 徹
 

作詩賞
曲名:「白い花のブルース」  歌手:平野こうじ
作詩:佐伯孝夫   作曲:吉田 正   編曲:吉田 正
 
曲名:「磯ぶし源太」  歌手:橋 幸夫
作詩:佐伯孝夫   作曲:吉田 正   編曲:吉田 正
 
作曲奨励賞
曲名:「恋しているんだもん」  歌手:島倉千代子
作詩:西沢 爽   作曲:市川昭介   編曲:市川昭介
 
編曲賞
曲名:「刑事物語」  歌手:西田佐知子/57オール・スターズ
作詩:蟻川茂男   作曲:山下毅雄   編曲:広瀬雅一
 
企画賞
日本コロムビア(株) 「日本歌謡史」
 
童謡賞
曲名:「かかしのねがいごと」  歌手:楠トシエ
作詩:高田三九三  作曲:山口保治   編曲:小町 昭

*
*