国際ニュース検索

W杯予言的中のタコを「自然に帰せ」、PETAが声明 ドイツ

  • 2010年07月03日 14:13 発信地:ベルリン/ドイツ
  • 写真
  • ブログ
  • 動物愛護団体 PETA
  • クリッピングする
  • 写真をブログに利用する

ドイツ・オーバーハウゼン(Oberhausen)の「シーライフ(Sea Life)」の水槽の中で、ドイツ対アルゼンチンの予言で、ドイツ国旗のついた箱を選んだタコのパウル(Paul、2010年6月29日撮影)。(c)AFP/PATRIK STOLLAR

【7月3日 AFP】サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)のこれまでの戦いで、ドイツ代表チームの勝敗を100%的中させている「タコの予言者」パウル(Paul)を「自然に帰すべきだ」と、国際動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が求めた。

 PETAは2日、「パウルは3日のアルゼンチン戦でのドイツの勝利を予言している。勝利のあかつきにはパウルも一緒に祝えるよう、サッカーファンだけでなくわれわれPETAドイツも、パウルを自由にすることを望む」と声明を発表し、ドイツ・オーバーハウゼン(Oberhausen)の水族館「シーライフ(Sea Life)」で飼育されているパウルを、漁業が禁じられているフランス南部沖に放すよう提案した。

 PETAで活動する海洋生物学者タニア・ブライニング(Tanja Breining)氏も「狭い水槽に閉じ込められるよりも、広い海にいるほうがパウルのためだ」とこの提案を後押ししている。

 PETAによると、タコは無脊椎動物の中でも最も賢く、複雑な思考プロセスをこなす能力があるほか、短期記憶も長期記憶もよい。道具を使ったり、自分が見たことから学習することもでき、一匹一匹個性がある。

 しかし水族館側は「飼育環境下で生まれた生物は、エサをもらうことに慣れてしまっていて、自分でエサを探した経験がない」ため、パウルを放すのは妙案ではなく、かえって「死んでしまうだろう」と提案を退けている。(c)AFP

【関連記事】W杯準々決勝のドイツ対アルゼンチン、「タコの予言」は・・・
AFPBB News トップへ

利用方法についてこのニュースをブログなどに利用する

ブログに転載
質問する

ブログエントリー一覧

このニュースをソーシャルブックマークに登録する

  • Buzzurlに追加
  • newsing it!
  • トピックイットに投稿する

この記事の前後のニュース

新着ユーザースライドショー

中南米 北米 中東・アフリカ アジア・オセアニア ヨーロッパ 中東・アフリカ