MSN Japanのニュースサイトへようこそ。ここはニュース記事全文ページです。
[PR]

ニュース:事件 犯罪・疑惑事故・災害裁判写真RSS feed

  • メール
  • メッセ
  • 印刷

絲山秋子さんの脚本出版拒否は「合法」 脚本家の訴え退ける

2010.9.10 16:06

 映画の脚本を出版物に掲載することを拒否したのは契約違反として、芥川賞作家、絲山秋子さん(43)の小説を映画化した脚本家、荒井晴彦さん(63)と社団法人「シナリオ作家協会」(東京都港区)が、絲山さんに脚本の出版化を認めることなどを求めた訴訟の判決が10日、東京地裁であった。岡本岳裁判長は「原告は原作使用許諾契約の当事者ではなく、訴えは前提を欠く」として原告側の請求を退けた。

 問題となったのは、絲山さんの小説「イッツ・オンリー・トーク」を原作とした平成18年公開の映画「やわらかい生活」。脚本は同協会の「年鑑代表シナリオ集」に掲載予定だったが、絲山さんは「活字に残したくない」と拒否した。

 岡本裁判長は、原作使用許諾契約が映画プロダクションと出版社で結ばれていることから、「原告は契約の当事者ではなく、2次利用の許諾を求めることはできない」として退けた。また、原作者は脚本の収録や出版に対し許諾するかどうかの自由を有していると指摘。「納得いかないながらも映画製作を許諾しており、脚本を全面的に承服したわけではない」として、許諾しなかったことに違法性はないとした。

 判決後会見した荒井さんは「脚本が認められないのであれば、脚色という仕事が成り立たなくなる。映画はつまらなくなるのではないか」と判決を批判。絲山さんの代理人は「脚本が活字として公開されることを断るのは、経緯からしてもなんら非難されることではなく著作権法で認められた権利だ」とコメントした。

PR

PR
PR
イザ!SANSPO.COMZAKZAKSankeiBizSANKEI EXPRESS
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。