マイコミジャーナル

知りたい!を刺激する総合専門サイト


  1. パソコン

  2. 日本HP

新着記事

日本HP、地震被災地向け特別修理サービスを実施

日本HPは、東北地方太平洋沖地震および長野県北部地震により被害を受けたユーザーに対し、特別修理サービスを提供すると発表した。適用期間は、3月16日からで、終了日は未定。

日本HP、計画停電実施に際して事前のシステム停止を要請

日本HPは、3月14日以降に実施が告知されている東京電力の計画停電に際し、停電前にユーザーが正常な手順でシステム停止を行うよう要請している。またHP財団から、災害復興支援のため、合計60万米ドルの義援金を提供することを発表した。


 

【レポート】日本HP、個人向けPC春モデル第2弾の発表会を開催 - AKB48も登場

日本ヒューレット・パッカードは7日、都内で個人向けPC春モデル第2弾の発表会を開催した。会場には春商戦におけるプロモーションのCMキャラクターを務めるAKB48のメンバーも登場し、「デビュー」というCMコンセプトをアピールした。

日本HP、第2世代Intel Core搭載モデルを販売再開 - 新品交換も開始

日本ヒューレット・パッカードは7日、「Intel 6シリーズ」チップセットの問題を受けて2月1日より販売を一時停止していた第2世代Intel Core搭載の5シリーズについて、直販モデルでは3月15日より順次、量販店モデルでは3月下旬より順次、それぞれ販売を再開することを発表した。また、すでに購入済みのユーザーに対しての新品交換対応の受付も本日よりスタートしている。

日本HP、LEDバックライト搭載の液晶ディスプレイ3製品

日本ヒューレット・パッカードは7日、同社の「HP Pavilion Desktop PCシリーズ」に最適な液晶ディスプレイとして、23インチワイドの「HP 2311f」、21.5インチワイドの「HP 2211f」、20インチワイドの「HP 2011x」という3製品を、同社の直販サイトHP Directplusで3月下旬より発売する。全モデルともLEDバックライトを搭載。価格は、「HP 2311f」が24,990円、「HP 2211f」が19,950円、「HP 2011x」が13,650円。

日本HP、デスクトップPCに第2世代Intel Coreモデル - 従来製品もCPU拡充

日本HPは7日、「HP Pavilion Desktop PC 5000シリーズ」「HP Pavilion Desktop PC p6000シリーズ」に第2世代Intel Core i3搭載モデルを追加した。また合わせて、デスクトップPC「HP Pavilion Desktop PC HPEシリーズ」でCore i7-990X Extreme EditionおよびAMD Phenom II X6 1100Tを選択可能とするCPUラインナップ強化も行われている。

日本HP、女性向けスペシャルエディションなどミニノートPC2機種

日本ヒューレット・パッカードは7日、モバイル向けミニノートPCの新製品2機種を発表した。女性向けにピンク系チェック柄デザインを採用した「HP Mini 210-2100 Special Edition」の直販モデルは価格が49,800円からで3月下旬販売開始、量販店モデルが店頭予想価格50,000円前後で4月7日販売開始。Atom A570搭載のベーシックモデル「HP Mini 110-3600」は量販店モデルのみの設定で、店頭予想価格は40,000円前後、4月7日販売開始。

日本HP、15.6/14.0/11.6インチの個人向けノートPC新製品

日本ヒューレット・パッカードは7日、個人向けノートPCの新製品として、高性能エントリーモデル「HP Pavilion gシリーズ」に15.6インチモデル「HP Pavilion g6-1000 Notebook PC」と14.0インチモデル「HP Pavilion g4-1000 Notebook PC」の2機種、モバイルPCに「HP Pavilion dm1-3000 Notebook PC」1機種を発表した。3月7日から順次販売を開始する。

【レポート】HP、アジア地域向けに新たな個人向けPCと超薄型ディスプレイ

米HPは23日、上海で開催されたプレス向けイベント「A NEW HP WORLD」において、14型の「HP Pavilion dv4」、Beat Audioテクノロジーを搭載した15.6型の「HP Pavilion dv6」および17.3型の「HP Pavilion dv7」、さまざまなカラーバリエーションが用意された「HP Pavilion g4/g6」、液晶一体型デスクトップ「HP TouchSmart610」、薄型の23型液晶ディスプレイ「HPx2301 Micro Thin LEDモニター」など、個人向け製品を発表した。

【レポート】HP、webOSを中核としたビジョン「The Connected Life」

米HPは23日、「A NEW HP WORLD」と題する日本を含むアジア太平洋地域向けのプレスイベントを上海で開催し、「The Connected Life」という、HPのwebOSを中心とするビジョンを発表した。

米HP、webOSタブレット「TouchPad」発表 - Touchstoneで携帯と連係

米HPは9日 (現地時間)、webOS 3.0を採用したタブレット「HP TouchPad」を発表した。カードベースの機能的なマルチタスクやSynergyなどによるwebOSならではの操作性、TouchstoneによるwebOS携帯との連係が特徴。今年の夏にWi-Fiモデルを発売し、その後に3Gおよび4G対応モデルを投入する計画だ。

「HP春コレクションfeat. AKB48」オリジナルクリアファイルをプレゼント!!

日本ヒューレット・パッカードは現在、個人PC春モデルをPRする「日本HP春コレクションfeat. AKB48」を実施し、AKB48の6人が登場するテレビCMなどを展開している。マイコミジャーナルでは、同CMのオリジナルクリアファイルを読者3名にプレゼントする。

【レポート】AKB48メンバーとの擬似ツーショット撮影も - 日本HP「春コレ・ストリート」

日本ヒューレット・パッカードが実施する個人向けパソコン春モデルの販売促進イベント「HP春コレ・ストリートfeat. AKB48」が本日よりスタートした。オリジナルクリアファイルの配布や擬似ツーショット撮影がまず注目を集めていたが、展示されたパソコン春モデルに興味を示す人も少なくなかった。同イベントは東京メトロ新宿駅メトロプロムナードにて30日まで開催されている。

HPが2月9日にイベントを開催 - webOS搭載タブレットやネットブックを発表か

米Hewlett-Packard (HP)がPalmを買収して以降、その根幹技術の1つである「webOS」を使ったどのような製品が登場するかに注目が集まっていた。現在のところ、「Palm Pre」などの一部スマートフォンでのみ採用される同OSだが、2月9日(現地時間)に開催される予定のイベントでは、さらにタブレットやネットブックのカテゴリも加えたラインナップの大幅増強が予想されている。

日本HP、AKB48をフィーチャーした販促イベントを新宿駅で実施 - 25日より

日本ヒューレット・パッカードは、個人向けパソコン春モデルの販売促進イベント「HP春コレ・ストリートfeat. AKB48」を実施する。期間は1月25日から30日までの6日間。場所は東京メトロ新宿駅メトロプロムナード。このイベントでは、同社の個人向けパソコン春モデルが展示されるほか、テレビCMに登場するAKB48のメンバーが実際に着用した衣装も展示され、その衣装が当たる抽選に応募できるなど、さまざまな特典が準備される。

日本HP、メインストリームノートPC3機種 - 第2世代Intel Coreモデルも

日本ヒューレット・パッカードは11日、メインストリームノートPCの春モデルとして、「HP Pavilion Notebook PC dv7-5000」(直販向け)、「HP Pavilion Notebook PC dv6-4000 Premium」(量販店/直販向け)「HP G56 Notebook PC」(量販店向け)の3機種を発表した。量販店においては1月20日より、HP Directplusにおいては1月11日12時00分より、販売開始となる。

日本HP、モバイルノートPC「HP Mini 110-3500」 - 基本仕様を強化

日本ヒューレット・パッカードは、モバイルノートPCの春モデルとして「HP Mini 110-3500」を発表した。全国の量販店で1月20日より販売する。店頭予想価格は40,000円前後。なお、現行製品の「HP Mini 210-2000」「HP Pavilion Notebook PC dm1a」も引き続き販売される。

日本HP、個人向けデスクトップPCをフルモデルチェンジ

日本ヒューレット・パッカードは、個人向けデスクトップPCをフルモデルチェンジし、2011年春モデルとして8モデルを発売する。ハイエンドミニタワー/バリューミニタワー/スリムタワーの3カテゴリにそれぞれ1モデルずつ第2世代Intel Core搭載モデルを用意しているほか、グラフィックス一新、SSDの強化、Beats Audio対応モデルの投入、地デジモデルの拡大などを行っている。

日本HP、液晶一体型デスクトップPC4機種をリニューアル

日本ヒューレット・パッカードは液晶一体型デスクトップPCのラインナップをリニューアルし、2011年春モデルとして発売する。量販店モデルは1月20日より、HP Directplusモデルは1月11日12時00分より、それぞれ販売開始となる。

【特別企画】圧倒的なパワーを誇るFF14推奨モデル - 日本HP「HP Pavilion Desktop PC HPE390jp/CT」

「HP Pavilion Desktop PC HPE390jp/CT ファイナルファンタジーXIV 推奨認定PC 冒険Readyモデル 2」は、今注目のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV」をプレイするのに最適な推奨認定モデルだ。CPUにIntel Core i7、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 460を搭載し、「ファイナルファンタジーXIV」は当然のこと、どんなPCゲームもサクサク動作する、ゲーマー垂涎のモデルとなっている。

【特別企画】洗練されたデザインと斬新な機能を身にまとった複合機〜HP ENVY100〜

2010年11月、日本ヒューレット・パッカードから実に個性的なインクジェット複合機、「HP ENVY100」が登場した。"ENVY"を直訳すると"羨望"。自分が所有したとき、周りの人がうらやむような、スタイリッシュで機能性に富んだ複合機、という意味が込められている。日本向けとして特別に開発されたHP ENVY100は、外観も機能も従来の複合機とは一味違う。

日本HP、「HP ProLiant MicroServer」HDD増強モデル - キャンペーンも展開

日本ヒューレット・パッカードは、9月に発表したx86サーバー「HP ProLiant MicroServer」に、HDD容量を250GBに強化して電源を150Wに小容量化した新モデルを追加した。価格は35,700円。同社は新モデル発売を記念し、送料相当分を値引きする「HP MicroServer体感キャンペーン」を展開する。また、12月25日には秋葉原で体感イベントも開催される。

日本HP、ビックカメラ新宿西口店でイベント - クルム伊達公子が来場予定

日本ヒューレット・パッカードは、東京のビックカメラ新宿西口店において、プロテニスプレイヤーのクルム伊達公子選手をゲストに迎えたスペシャルイベントを開催する。日時は2010年12月5日(日曜日)の13時30分〜14時10分。

日本HP、20インチワイド/23インチワイドの法人向け液晶ディスプレイ

日本ヒューレット・パッカードは、アスペクト比16:9のワイド画面と白色LEDバックライト搭載の法人向け液晶ディスプレイ2機種を発表した。販売代理店では本日から、オンラインストアなどでは12月中旬から販売が開始される。価格は、20インチワイドの「HP Compaq 20インチワイドTFTモニター LA2006x」が27,300円、23インチワイドの「HP Compaq 23インチワイドTFTモニター LA2306x」が35,700円。

日本HP、インクジェットプリンタの「AirPrint」対応状況を公表

日本ヒューレット・パッカードは、同社のインクジェットプリンタにおける「AirPrint」機能への対応状況を公表した。それによれば、2010年7月28日以降に発表された「メールdeプリント(ePrint)」機能対応のプリンタにおいて「AirPrint」がAirPrintに対応し、個人向け機種ではすでに対応済み、ビジネス向け機種では12月下旬に提供予定のファームウェアアップデートにより対応するという。

日本HP、CTOモデルのノートPCで納期を2日短縮へ - 記念キャンペーンも実施

日本ヒューレット・パッカードは、2010年12月1日正式受注処理分より、フルカスタマイズ(CTO)対応のノートパソコンの納期を現在の12営業日から2日短縮し、原則で最短10営業日で納品する。あわせて、この納期短縮を記念したキャンペーンを、同じく12月1日より実施する。

日本HP、基本スペックをアップしたA3カラーレーザーとA4カラー複合機

日本HPはカラーレーザープリンタの新製品として、印刷速度、メモリ、給紙容量など基本スペックをアップさせたA3対応機の「HP Color LaserJet Enterprise CP5525dn」と、A4対応の複合機「HP Color LaserJet Enterprise CM4540 MFP」を発表した。

日本HP、AKB48を起用した個人向けPCの年末キャンペーン

日本HPは、年末商戦に向けた個人向けPC冬モデルの販売促進施策として、AKB48の6人をキャラクターとして起用した「HP冬コレクションfeat. AKB48」を19日より開始する。期間は2011年1月上旬まで。

日本HP、Linuxベースの独自OS搭載のシンクライアント端末

日本HPは、Linuxベースの独自OS「HP ThinPro」を搭載したシンクライアント端末「HP t5745 Thin Client」を発表した。11日から販売が開始され、価格は37,800円。

【特別企画】サウンドを楽しめる日本HPの14.5型ノート -「HP ENVY14 Beats Edition」

ノートPCは数あれど今回紹介する「HP ENVY14 Beats Edition」は、サウンド部分に注力されたノートPC。とはいうものの、そのボディデザインなどもクールビューティーなフォルムで、ただならぬ存在感がユーザーを引きつける。ノートPCでは実現が難しいと言われがちな「良質の音」を追求したHPのこだわり部分を中心にレビューしていく。

バックナンバー

戻る


画像で見るニュース(パソコン)

スペシャル

  • Windows 7 大百科
  • パソコン/ビジネスPC メールマガジン創刊のお知らせ

特別企画


注目サイト