現在位置は
です

本文です

在特会事件、幹部ら4人に有罪判決…京都地裁

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)周辺で2009年12月、拡声機で「日本から出て行け」と騒ぎ、授業を妨害したなどとして、威力業務妨害罪などに問われた「在日特権を許さない市民の会」(在特会、本部・東京)の幹部・西村斉(ひとし)被告(42)ら4人の判決が21日、京都地裁であった。

 笹野明義裁判長は「政治的表現の限度を逸脱し、違法で悪質」として、西村被告を懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)とするなど4人に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

2011年4月22日01時59分  読売新聞)

 ピックアップ

トップ
現在位置は
です