ケンタロウ
ケンタロウ
Navigators:
ケンタロウ(料理家)ケンタロウ
小島慶子(TBSアナウンサー)小島慶子(TBSアナウンサー)




プレゼント情報


毎週金曜日に、
番組から
素敵なプレゼントが
あります。


応募詳細はこちら→

 
今週のテーマは・・・
「 卵焼き 」

先週、みなさんにはお知らせ致しましたが、2002年4月からスタートした、「ケンタロウのおいしいラジオ」は、今週が最終週です。8年間、番組をお聴き頂き、有難うございました。
毎日、たくさんの料理を紹介してきましたが、
最終週は、料理の基本「卵焼き」をテーマにお送りします。

♪今週のケンタロウセレクトBGM:
♪At Last/Etta James 
もしも、最後の日が来るとしたら、これしかないと、決めていました。
ちょっと、しめっぽくなってしまうけれど・・・ とってもいい曲。

月曜日 「料理で心にも栄養を!」今週のテーマについてケンタロウトーク。

2010年03月29日
「ケンタロウの「 卵焼き 」大好き!」
卵焼きは、甘い派か、しょっぱい派に必ず分かれるけれど、 僕の好きな卵焼きは、やっぱり甘い味の卵焼き。
小さいときから甘い卵焼きで育ったし、お弁当の中でも、橋休め的な特別な存在。
きっと、おんなじ味の卵焼きが好きな恋人は、うまくいく!そんな気がします(笑) 今週は、「卵焼き」の失敗しないコツなども紹介します!!

火曜日 ケンタロウのちょっとひと工夫。

2010年03月30日
「 卵焼き 」の疑問にお答えします!
※卵焼きが堅くなってしまうのはなぜ?
・・・これは、たんぱく質の宿命。ふんわり仕上げるために、僕はいつも、卵液に少量の牛乳を 加えます。
(生クリームならば更にコクが加わります)

もし、途中でボロボロになってしまっても、
「最後のひと巻き」が上手くいけばOK!そのくらいの気軽な気持ちで作りましょう!!

※混ぜ物として、相性がいいものは?

・・・卵焼きは、包容力があるので、相手をあまり選びませんよ! 肉、たらこ、切り干し大根、しらす、青菜・・・。

たらこは、牛乳などで溶いておくと扱いやすいです。
塩気のある素材と合わせるときは、卵液の塩加減に注意してくださいね。

水曜日 料理に役立つ、誰かに話したくなるトークディ。

2010年03月31日
「 卵焼き 」の隠れ話
※卵焼きの元祖は王子にあり
     
日本で卵料理が広まったのは、江戸中期以降。
そして、いわゆる江戸前の甘い卵焼きが出てきたのが江戸末期とされ、
これを名物として売り出していた料理屋が、東京の王子にある「」

元年(1648年)に創業され、現在も営業を続けるこの店では、
江戸時代から受け継がれた味付けで卵焼きが作られている。
その味は、卵焼きと言うより和菓子のような感じの上品な甘さ。
江戸の歴史が詰まった甘い卵焼きは「」と呼ばれ、
代々、人気を誇っているが、この「釜焼卵」こそ“卵焼きの元祖”!
これにう形で、甘い卵焼きが江戸中に広がったとされている。
また、扇屋と釜焼卵は、江戸の古典落語「王子の」という演目にも
登場するほど、当時の人々に親しまれていた。


※巨人・大鵬・卵焼きとは言うものの?ゥ??実匸 実匸 1961年(昭和36年)、通産省の官僚だったさんが、
子供が好きな物の代表格を「巨人・大鵬・卵焼き」として流行語になった。

昭和の大横綱・大鵬が現役だった、この頃、現代のように
コンビニやファミレスなどは普及しておらず、
ハンバーグやファーストフードは、夢の食べ物。
現実的に口に出来るものの中で、お母さんが作ってくれる卵焼きが
子供にとっては、ごちそうだった。
(番組情報部調べ)

木曜日 おいしいレシピが増やせる日!

2010年04月01日
ケンタロウ流「 ホタテの卵焼き 」の美味しいレシピ!
用意するもの・・・
卵3個
ホタテフレーク缶1個
万能ねぎ
胡麻油
マヨネーズ
牛乳

砂糖
大根おろし
ゆず胡椒
サラダ油

作り方 ボウルに卵3個を、フォークで溶き、ホタテ缶を入れる。
(2)小口切りにした万能ねぎを加え、少量の牛乳、マヨネーズ、ごま油、を加えて、かき混ぜ、
塩で味を整える。 (3)熱したフライパンにサラダ油をしき、全量の卵液を入れ、ぐちゃぐちゃっと
かき混ぜ、火が通ってきたら、フライパンの端から3つ折くらいにして完成。
折りたたまず、表面がやや固まってきたところで、お皿に返すように盛り付けてもOK!
どーんっと大きな、卵焼きもカッコイイ!
この卵焼きは、そのままでも美味しいけれど、オススメは「大根おろし+ゆず胡椒」、
もしくは、「ごま油+塩」を添えるとこと。
よりいっそう「麦とホップ」に合う、おつまみ風の卵焼きになります!
最終回の明日は、料理作りで、僕自身が一番大切にしていることをお話します。

金曜日 リスナーのみなさまからのお葉書・メールにお答えします

2010年04月02日
「 料理作りで、僕が大切にしていること 。」
※自分が食べたいものを作る!!
まずは、コレがいちばん!
家族が食べたいものを作るっていうのも、素敵なことだけど、
自分が食べたいって思いながら作る料理は、こんな感じの味!っていう、
自分なりのゴールがあるから、作っていても楽しい。だから失敗もあまりしない。
楽しく、おいしく出来た料理は、きっと家族もおいしいと思ってくれるはず。
何より、自分が食べたいものが作れることは、台所に立つ人の特権だからね!

※ガシガシ、シャキシャキ、ほこほこ・・・「歯ごたえ」が大事!
僕がこの番組で何度も言っていたことは、「歯ごたえ」なんじゃないかな。
素材の一番ベストな食感と、その組み合わせ。
ガシガシお肉を噛んだら、ふっくらご飯に、シャキシャキ野菜も食べたい。
なめらかな豆腐の食感、温かいじゃがいものほこほこする感じもイイ・・・。
彩りも大事だけど、こうやって「歯ごたえ」を考えながら献立を考えれば、
自然にバランスの取れた、おいしい食卓になるんじゃないかな?と思っています。

みなさん。8年間、番組をお聴き頂き、本当にありがとうございました。
これからも、肩ひじ張らず楽しみながら料理を作って、
おいしい食卓を囲んで下さい!
では、また!!


来週のテーマは・・・




番組への質問・ご意見・ご感想をお待ちしています。
今後の予定 ・・・
こちらへの質問もお送り下さい♪

おハガキ→〒107−8066 TBSラジオ「ケンタロウのおいしいラジオ」
Eメール→hinto@tbs.co.jp

| 小島慶子キラ☆キラ | TBSラジオトップ | TBSメインページ | もくじ・索引 |
Copyright© 1995-2011, TBS RADIO & COMMUNICATIONS,Inc. All Rights Reserved.