マイコミジャーナル

知りたい!を刺激する総合専門サイト


  1. 経営


Cover Story

代替エネルギーを求めて

ホンダ、埼玉県庁にソーラー水素ステーション設置を計画

ホンダは4月20日、埼玉県と共同で取り組んでいる次世代パーソナルモビリティ実証実験の一環として、埼玉県庁敷地内に「ソーラー水素ステーション」を設置する計画を公表した。同実験では、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を用いる。

ファンケル、化粧品製造拠点の滋賀工場に太陽光発電システムを設置

ファンケルは4月15日、同社グループの化粧品製造拠点であるファンケル美健滋賀工場(滋賀県)に、371kWの太陽光発電システムを導入、稼働を開始したことを発表した。

注目記事

【連載】ビジネスの生産性を高めるアウトソーシング活用術 第4回 "なければ作る" 顧客が必要なサービスをすべて提供できるのが強み

サンクネットが手掛けるアウトソーシング事業の内容は多岐にわたる。というのも、顧客のニーズに合わせて、次々とサービスを作り上げてきたからだ。「それら複数の業務を組み合わせたアウトソーシングを請け負うことができるのが同社の特徴」と、サンクネットの代表取締役社長を務める片町吉男氏はいう。

【レポート】東芝、テレビとPCを統合した新組織の事業戦略を発表 - 新タブレットも披露

東芝は4月20日、4月1日付けで発足したデジタルプロダクツ&サービス社の事業戦略について発表した。同組織は、テレビやレコーダーなどのデジタル家電事業を担当していたビジュアルプロダクツ社と、PC事業を担当していたデジタルプロダクツ&ネットワーク社を統合し、発足した新組織だ。

書評

【レビュー】BOOK REVIEW - ビジネススキルとしての思考法を順を追って学べる良書

酒井穣さんの新著『これからの思考の教科書』を紹介しよう。本書は大きく3つの思考 - ロジカル・シンキング、ラテラル・シンキング、そして、インテグレーティブ・シンキングについて書かれている。ロジカル・シンキングは便利だが、戦略を立てるときはこれだけではいけない。ロジカルだけで立てた戦略はあっと驚くような飛躍がありえないので当たり前の戦略になってしまう。

【レビュー】BOOK REVIEW - 百戦錬磨の"経営のプロ"が伝える企業経営の極意

経営者はとりあえず会社をつぶしてはいけない - 今回紹介する『経営の教科書』はは40数年にわたり複数の外資系企業の社長などを歴任された「経営のベテラン」、新将命氏がが培った経営の原理原則を30にまとめたものである。経験と実績に裏打ちされた言葉の数々は、経営者だけでなく中間管理職層にも参考になる部分が多いはずだ。

【レビュー】BOOK REVIEW - 今のビジネスパーソンに求められる"プロデュース力"の重要性

0から1を生むこと、1を100に育てること - どちらが難しいだろうか? どちらが自分には得意だろうか? そんなことを考えさせる本である。チェッカーズ、おニャン子クラブ、中島みゆき、だんご3兄弟など数々の国民的ヒットを「プロデュース」してきた吉田就彦氏による『アイデアをカタチにする仕事術』を紹介したい。

【レビュー】BOOK REVIEW - 明治の息吹を感じながら学ぶ、ビジネスに役立つ名言の数々

現在、NHKで放送中のドラマ「坂の上の雲」をご存知だろうか。司馬遼太郎による日露戦争を描いた長編歴史小説を映像化したスペシャルドラマである。

【レビュー】BOOK REVIEW - コンテンツ提供者にビジネスモデルの転換を突きつけた衝撃作

インターネットの世界では、プロバイダ費用は別にして、何でも無料というのが当たり前になっている。このような無料の世界で、どうすればビジネスができるのだろう。本書『フリー』では、デジタルの特性として、情報は無料になるという衝撃的な考えと、この無料の世界での新しいビジネスモデルを提唱している。


特別企画


注目サイト