大分の選挙

県議選あす告示 定数44に61人が予定

[2011年03月31日 09:26]

 県議会議員選挙が4月1日に告示される。投票日は知事選と同じ10日。定数44に対して61人が立候補を予定(30日現在)。候補者は2007年の前回選挙(69人)を下回りそう。

 16選挙区のうち、無投票が見込まれるのは佐伯市(定数3)、由布市(2)、豊後高田市、杵築市(いずれも1)の4選挙区で、前回(国東市・東国東郡の1選挙区のみ)より増える見込み。

 政党公認で立候補を予定しているのは31人。内訳は民主党4人、自民党19人、公明党3人、共産党2人、社民党3人。

 無所属の立候補予定者で政党の推薦を受けるのは19人。内訳は民主、社民両党の推薦が2人、民主と国民新党推薦が1人、民主、社民、国民新党の3党推薦が2人。自民党推薦、自民、公明両党推薦、公明党推薦がそれぞれ2人ずつ。社民党推薦は6人。社民と国民新党の両党推薦が1人。国民新党の推薦は1人。

 最大会派の自民党は無所属推薦も含め、過半数の維持を目指す。議会内で統一会派(県民クラブ)を構成する民主、社民両党からは無所属推薦を含めて計19人が出馬を予定。現有議席(13)からの上積みで自民党の過半数割れと「第一会派」の座を狙う。公明党は現有3議席の維持、共産党(現1議席)は2議席獲得がそれぞれ目標。

県内過去の選挙

[PR]セントラル短資FX

※無断転載を禁じます。 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社または、情報提供した各新聞社に帰属します。
Copyright (c) 2008 OITA GODO SHIMBUNSHA