東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 4月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

建て替え7月末閉館「秋葉原ラジオ会館」 あすから、さよならセール

2011年4月14日

ラジオ会館の「さよなら!!セール」を知らせる懸垂幕=千代田区で

写真

 秋葉原の象徴的存在として長く親しまれ、建て替えのため七月末で閉館する「秋葉原ラジオ会館」(千代田区外神田)の「さよなら!!セール」が十五日から約一カ月間開かれる。ビル所有会社は、三年後のリニューアルオープンをめざす。

 セールでは各店舗が商品を安価で販売。二階には、縦一・八メートル、横五・四メートルのボードを用意し、来館者に会館の思い出などを自由に書き込んでもらう。書き込みが終わったボードは、完成した新会館で展示する。

 また、各店の写真などを包装にあしらった森永製菓のソフトキャンデー「ハイチュウ」を、それぞれの店で計二百個ずつ配布。全店分集めた人には、十個限定制作のパズルをプレゼントする。

 一九六二年オープンのラジオ会館は地上八階、地下一階。現在は二十三店舗が入る。建物の老朽化が進み、耐震性に問題があることから、所有会社が建て替えを決定した。

 東日本大震災発生時は、大きな被害はなかったものの、壁にひびが入るなどの影響が出た。このため、発生後数日間は休館し、当面の安全のために補修工事を施した。

 閉館後は八月をめどに解体工事に着手し、二〇一四年春に開館予定。新ビルは地上十階、地下二階。建て替えの間、店舗の多くは周辺計三カ所の仮住まいビルに分散移転して営業を継続し、完成時に戻る予定。

 所有会社の担当者は「新しいビルがアキバ文化のランドマークとなれるように頑張りたい」と話している。詳しくは同社ホームページ=http://www.radiokaikan.jp=へ。 (中山高志)

 

この記事を印刷する

PR情報





おすすめサイト

ads by adingo