【Diary】  前の日記

2006年6月7日(水)                         



☆メール返信☆

>アズ様

わあ、同郷の方ですか。
私は就実の放送部にいたんですよ(^^)
もちろん、シホは覚えてます。というより、演じたキャラクターは
よほど一言とかでない限り、全部覚えてますよ。

さて、何才くらいに志し、どう進んだか、という事ですが…。

もともと「表現すること」を仕事にしよう、と思っていて
自分に一番合う媒体を探してました。声の仕事を知ったのは中2の頃。
「言葉では表現できない想い」や、「生きていく為のパワー」を
声にのせて伝えたい!とひらめいたのがはじまり。

私の場合、役者になる事は決めてたんですが、
東京に出たら勘当するといわれていたので、1クッション置きました。
もともと絵をかくのが好きだったので、どうせならと美大へ。
まんまと家を出る口実を得て、その卒業後、東京へ。

確かに適正云々はあると思いますが、
まあやってみなけりゃ分からないですね。
人間、元気になる方向へ進んで行くのが一番だと思うので
やってみて、違うなと感じたらよく思い返してみて
また別の 「元気になる方向」 を見つければいいんじゃないでしょうか?


>○川様(ハンドル名がないので伏字にしました)

ううっ涙が・・・(><)
そこまで読み取ってくれるなんて・・・。
ありがとうございます。部屋がコゲても生きてゆきます!

>>「人間が楽しんで取り組んだものには魂がこもるのだな」
まさにそれはいつも心がけている事ですね〜。
たとえ二次元のキャラクターでも、込もった思いが本物であるとき
本当にそこに命が存在する、と思います。

ユイは「戦わなくてもみんな仲良くなれる」
フィーネは「人間側にいない自分の不安定さと孤独」   
外に向かう心と内に向かう心…それぞれテーマがありました。
共通するのは優しさと芯の強さ。

何年たってもこうして思い出してもらえるのは
この子達があの時ちゃんと命をもって存在することが出来たんだな
と、嬉しくなります。

>>お仕事を拝見

7月1日朝7:00〜新番組「出ましたっ!パワパフガールズZ」で
北沢ケン役をやらせていただきます。


2006年5月29日(月)            山手線貸し切り♪


前日、池袋の友達のウチにお泊りした私は
朝10時半頃来た山手線に飛び乗った。

すると…



・・・あれ?



・・・・・・・あれれ?



・・・・・・・・・・・・・・・誰もいない??



・・・・・・・・・・・・・・・ッ!!・・・・・・・・これはもしや!?




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山手線貸し切りっ!!!!(*’∇’*)♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・な、わけはないので、

(またやっちゃったかな〜?)と思いつつ
しばらく待ってみる。


待っても待っても人が乗ってこないし、
しばらく、えらいゆっくりすすんでるなーと思ったら
とうとう何もないところで止まってしまった。

ドアも空かないし、なんだかこのまま存在を忘れ去られそうなので
しかたないから先頭車両まで歩く。
せっかくなので山の手線の中を全力疾走してみる。


先頭に着くと駅員さん二人、わたしに気付くとウンザリした顔。
「・・・・ひとり?ほかにもいる?」
「いいえ、私ひとりです。」
「待ちもあるからあと30分はかかりますよ?
車庫つけたら駅員が迎えにくるんで、そこ座って待っててください。」
・・・ということで、30分くらい停車した電車の中にいました。



    あきれるお二方・・・

なにやら本部と通信中。

となりに回送電車が停まってる。



・・・ふうん。駅員さんはこういうとこ歩いてるのね。




いっぱい写真とって遊んでました。


そして、車掌室に初めて入った。

ドアを開けて直接線路に降りたんだけど、
電車ってこんなに高かったのね(**)
「あ〜、後ろ向きに下りたほうがいいですよ。足、ここに引っ掛けて・・・」
とはいうものの、なかなかステップに足が届かない!
男性用に作ってあるんだなあ。


やっと線路の砂利の上に降りる。

わ〜い車庫!車庫!





すぐに池袋駅から職員さんが迎えにきて
駅まで送ってくれました。車庫から10分以上かかった。


なんでも回送のときは、一人5車両ずつ確認して
誰もいなければ放送で閉めて、発車するらしい。
ちょうど確認後飛び込んだのね(^^;)


「電車はそれぞれ一定時間ごとに回送になるんですか?」
「いや、時間というより、順番が決まってるんですよ。そのシフトにしたがって。」
「回送とかって深夜が多いのかと思ってました(笑)」
「いや、山の手は10時過ぎるとラッシュ終わるんで車庫に入れて休ませるんですよ。
その間に研修とか。ラッシュ時と同じように本数走らせちゃうと大変なんで。」


へぇ〜そうなんですね。結局家に着いたのは12時。
ちなみに間違って回送に乗る人は2〜3日に一人くらいらしい。



実はそのむかし、新幹線も貨し切り
の回送列車にも誤乗したことがありました。

私をみつけて慌てる車掌さん。
「どうするの!?これ、岡山までとまんないよ!?」
「あ、わたし岡山です」
ということで、日本で最初に岡山までノンストップで帰りました。

のぞみ開通前の出来事でした。

チケットに赤いボールペンで「回送列車に誤乗」
と書かれたのを記念にとってます。


なんか回送に縁があるなあ…




☆メール返信☆

>さんち様

カービィといなちん(笑)ですか。
ゲームが好きなのかな?ありがとうございます。
文章ちっとも下手じゃありませんよ(^−^)


>絵美様

絵の載せ方教えてくれてありがとう!
が、がんばってみようかな…。
ゴスロリですか!今ショップも増えてるよね〜。
でもあの猫耳みたいなでっかいリボン…
ディズニー○ンドでしかできないっ(><)

>ゆうこ様

まあ、メールありがとう。
また遊びましょう!


2006年5月17日(水)         お着物を着てみました



  というか、着せられました。


  高校時代からの友人が着付けを習ったとかで
  着物に大ハマリ中。

  たしかに着物っていいですね。
  背筋伸びるし、なにより気持がピシッとする気がする。
  今度は着物着て二人で京都に行く事決定。


  ああ…肌襦袢買わなきゃ…(**)
2006年5月6日(土)            せっかくなので

声のサンプルHPに乗っけてみようかな?
ということで、6月にスタジオ借りて録音することに。
はてさてUPはいつになることやら・・・(^^;)


☆メール返信☆

>鷹目 梨咲様

カービィいつも見ててくれてありがとう!
自分でも最初(なぜ技名叫ぶ時だけ流暢な日本語なのだろう?)
と思ったりしましたが、戦ってる時は13〜4歳くらいの少年のイメージでやってました。
でも普段はカタコトの赤ちゃんです。

>タク様

まあぁ…ありがとうございます。
そういって頂けると、このページ作った甲斐がありますわv
更新ゆっくりでごめんなさひ…(^∇^;)

>絵美様
高校生活には慣れましたか?
返信遅れちゃってごめんね。
私は、放送部と美術部だったの。絵…ですか〜。よく描いてましたよ。
役者か漫画家、どっちになろう?とか真剣に悩んでた時期もあったので。
ちなみに大学は演劇部と漫研… (’-’)

イラストHPに乗せようかとも思ったんだけど、やり方が分からないのだ。
古いのでよければ、麻宮騎亜先生「コレクターユイ」1巻のハシラ部分と
飯坂裕香子先生「キューティーハニーF」4巻末にイラスト掲載されてます。


2006年5月1日(日)            が…頑張った(++)

黒川旅行写真も全部アップしましたぁ(**)
はふ…。

こんな自己満足な旅行記待っててくれた方、
ありがとお。
感想聞かせてくれると喜びます★

2006年4月29日(土)          起きてる間は当日なのだ。

続きは明日!とはいったものの、
なかなか毎日更新ってのはむずかしい(++;)
パソコンくらくら体質の私には…あうう。

ちょっとだけ黒川旅行記進めた。
あ…明日こそ全部UPだぁ…!

2006年4月28日(金)                落し物

私はよく忘れ物したり、落し物をする。
この間は銀行のカードだけ、なぜか落としてしまった。
しかも1週間くらい気がつかない。

もう何枚カード替えただろ。財布もいっぱい落とした。
失くした傘も数十本…。

しかし不思議な事に、運というのは釣り合いがとれているのか、
何かをなくした後は、必ず良い事が起こる。
むしろ倍でお釣りがくるくらい。

思い出してみても、トータルすると私は
ここぞ!という時にとっても運がいい。
なので悪い事(と表面は思われること)が起こると、
(わっ!次は何が私に起こるんだろ?)
とワクワク期待してしまう。

なので「財布落としちゃった♪」と能天気に言うと
大抵友達のほうが「どーすんのっ!?」と私より心配してくれる。
まあ、落とさない方が良いに決まってるんだけどね。

でも、…やっちゃうんだよなあ(^^;)

あ・
Memoryに黒川温泉旅行、一部UPしました。
続きは明日。


2006年4月23日(日)            花粉症が…

まだ治まらない(><)
やっぱり6月頃まで続くのかな。毎年軽くなってはいるんだけど…

この時期悩まされるアレルギーは、もう小学校5年生からのお付き合いだ。
カラッと晴れた素晴らしい朝は、ドキドキする。
…わ〜い今日も飛んでるぞぉ(@∇@;)♪

でも、山の中だと杉並木があっても花粉症でないんだよね。
なんでも自然の中は、土が花粉を吸収してくれてるらしい。
都会はほとんどコンクリートで覆われてるから、
地面に吸われずに舞い上がってしまうとか。

はふ…山ごもりしたい…。

2006年4月8日 (土)               想像力勝負

先日、深キョン主演の映画『天使』のDVD特典のNAをやった。
ブルーバック撮影って大変なのね(・・)
でも、何もない所であるような芝居をしなくちゃいけない
っていうのは、声の仕事も同じこと。

体を動かして衣装も着てお芝居すること。
ただただ、想像力の世界を声にのせること。
顔出しの芝居と、声のみの芝居は、「演じる」というくくりでは同じだけど
やっぱり、微妙に違う気がする。

どっちが大変ってこともないけど
脳とか調べると、別のとこ使ってるんじゃないかなあ?


2006年4月6日(木)               ぴんくの池


この間の雨でかなり桜、散っちゃいましたね〜。

雨の日に桜みにいったのですが、
予想以上に桜見物の人がいてびっくり☆
みんな傘をさしながら、静かにながめたり、
写真撮ったりしてました。

見物は、この雨で池に大量に落ちた花びら。
まるでピンクの絨毯みたい。
上も、下も、ピンクで綺麗だった〜。

…でも、手すりの所に手折られた桜の小枝が捨ててあった。
だめだよ〜折っちゃ!見て楽しまなきゃ。
気持は分かるが桜も生きてるんだし(T・T)

傘の上に、雨と一緒に舞い落ちた桜の花びらが
あんまり綺麗な色をしてるので、手帳にはさんで押し花にしました。


しかし寒い雨のなか、傘をさしてまで桜を愛でに集まる人達の中には、
静かな連帯感がありました。
今年も楽しませてくれてありがとう。
散った後も楽しませてくれるピンクの池に感動♪でした。


 
 
2006年3月某日            黒川温泉に行ってきました。



実家の法事ついでに黒川温泉に行ってきました!

山の奥でかなり秘境だけど、すっごい良い所だった…。
古くからの湯治場ということもあって、様々な温泉がいたる所にありました。
洞窟風呂や川風呂など、面白い湯もいっぱい☆
また黒川温泉旅行でまとめます(^^)

-----------------------------------------------------------------------------

それではちょっと失礼して、メール返信をば☆

>絵美 様

カービィをお好きだということで、ありがとうございます。
どうやらまた声付きでゲームでるみたいですよ?
まだ先みたいだけど…。
稲姫使いですか〜。
私はPS2持ってないのでやったことないんです。
そろそろ買わなきゃなあ。

>わたくし 様

な、なんだか色々専門用語(業界用語?)
教えてくれてありがとうございます。
いろんな言葉あるんだなあ。ギャル語みたい。
…でもWKTKってどういう時に使う言葉?(^^;)

>遥嘉 様

ふふふ…あえてここで返信しよう。
久しぶり〜(^o^)/元気ですか?
HPは詳しい人がやってくれたり、お仕事まとめてもらったり
いろんな人の協力でできました。一人じゃ無理(><)
またいつか遊ぼうね♪


2006年3月1日(水)             わお3月だ★

お試しBBSを一旦停止しました。
またいつか復活させるかもしれませんが、
しばらくはほかのコンテンツをぼちぼち充実させていこうと思います。(ほんとかっ!?)
質問・感想などはメールで頂けるとうれしいです☆


先日FF12ポーションって飲み物のCMのお仕事がありました。
FFは6までやったかな…?
ボイスオーバーだけど、「サンダガーーッ!!」って叫べて、
ちょっと嬉しかったり(^^)


2006年2月某日                 アジアン料理

最近よく行くアジア料理のお店でランチを食べた。
唐辛子を抜いてくださいっていった品にチョロっと入っちゃったって事で
カオニャオ(タイのもち米)を大盛りにしてくれた♪

でも辛いものって元気が出るよね。
だーっって汗かくけど、唐辛子の辛さは好き。
でも和辛子(黄色いやつとかワサビ)はだめだなあ。


辛いものの後は甘いもの(^^)
昨日も食べたのについつい今日も食べてしまうのだった。
なんかくーさんといるときに限ってなぜか、
食い倒れ選手権のごとく食べてる気がする。
あう…少しダイエットせねば…。



2006年 2月9日(木)               弁天さま
今年も恒例の江ノ島に行ってきた。

この日はほんとに参拝日和。
空気が澄み切っていて、今までで一番くっきりと、
見事に富士山が見えた。う〜ん、なんだかまさに
今日呼ばれたって感じ♪


そして毎年恒例の芸能上達祈願のご祈祷を済ませると、神主さんが
「弁財天様のご縁日によくお参りくださいました。」
(…え?縁日って)

「あの〜今日って弁天様のご縁日なんですか?」
「そうですよ。あ、ご存知でなくお参りだったんですか?
今日は弁天様ゆかりの日で、良いことも悪い事も、その日に行った事が
倍になって帰ってくるという日なんですよ」
…という事は今日のご祈祷も倍になるのね。

今日が巳の日…。それは知らなかった。
本当に今日は呼ばれたのかもしれない、と思った。
隣の弁天堂の弁天様もいつもにも増して迫力があった。
不思議なアイコンタクトが起こって一瞬対話が出来た気がした。

わざわざ呼んでくださってありがとうございます。
今年もがんばるよ。

弁天様に感謝感謝。




2006年2月7日                 誕生日はプルコギ鍋

ひゃーまたまたネットから離れちゃった(++)
せっかく1月は毎日更新できてたのに…。

誕生日ははじめてプルコギ鍋を食べた。
プルコギって、鉄板に乗ってでてくるのしか食べた事なかったんだけど
鍋の真ん中って穴が空いてるんだね。知らなかった〜。
なんだか野菜とか穴に落ちそうでヒヤヒヤしたよ。

 

ちなみに最近読んだ本に、
長寿者が最も多く、発病率も低い県は沖縄県、とあった。
職業の長寿は農業・漁業関係。
反対に最も発病率が高いのは、マスコミ関係…だそうな。
ストレスの大きさが関係するらしい。

なんか分かる気もする。
どんな仕事も大変なのは同じだけれど
太陽と共に寝起きし、仕事相手は自然。
宇宙の理に最も沿った生き方かもしれない。

現代人は病的に周りに気を使いすぎてるような気がする。
もちろん最低限のマナーはわきまえなくちゃいけないけど、
放送業界の自主規制みたいに、時々行き過ぎてるとこも
あるんじゃないかな?

というわけで、今年のもう一つの抱負☆
「都会にいながら南国人のように生きる」(笑)
もともとそうじゃないかー!という突っ込みは
聞かないことにする。


バースデーメッセージ&プレゼント下さった方々、
ありがとうございました♪
すっごい元気でたり、うるっときたり…。
幸せです(T−T)


2006年1月29日(日)               新年会

バトビー旧メンバーで新年会があるらしい。私は行けないけど。
終わった後もそうして集まれるというのは素敵な事だと思う。

役者って本人同士の他に、役同士でもコミュニケーションをとってる気がする。
だから二重にコミュニケーションしてるような、不思議な感覚だ。
例えばガンノスは意地張りつつも仲良くしたくて近寄ってたので、
向き合ってくれる展開だとその一日嬉しかったり。
逆にヤマトに冷たくされるとこっちまで悲しくなったり。


そういえば、ハナちゃんによる恐怖のトラウマ体験は
カブトムシが「後ろ」。カニが「前」だったらしい…(−−;)?
カタツムリは…???


2006年1月28日(土)             ベトナムコーヒー

今年は今までしなかった事してみよう!という事で
今まで何となく敬遠してた「ベトナムコーヒー」なるものを飲んでみた。
フィルターで蒸らしながらポタポタコーヒーが落ちるのを待って
お好みでコンデンスミルクを入れて飲むらしい。

何も入れずにとりあえず一口…。
苦っ…!!
思わず顔がゆがむ。
最近やっと砂糖なしのミルクコーヒーが飲めるようになった
お子様の私には、とてもじゃないが太刀打ちできない苦さだ。

うわ〜やばい、失敗したかも…と思いつつコンデンスミルクを入れてみる。
 …と、いきなり甘い缶コーヒーの味になった。
あら?美味しい。これならいけるわ。


そういえば昔、実験でコーヒーに塩入れてみたことあったなあ。
砂糖も入れると気の抜けたコーラみたいになった。まずかった。
でもベトナムコーヒーは濃くて甘い缶コーヒーみたい。
一つ食わず嫌いを克服した一日デシタ☆


2006年1月27日(金)              寒いので鍋!

この間、友達を呼んで鍋をやった。
水炊き鍋で鱈をどっさり入れた。
女の子ばかりだったので
買い物、野菜切り、食器洗いと流れ作業で早い。

そういえば、こっちの人は水炊きにちくわは入れないのかな?
実家だとあたりまえのようにちくわが入ってたんだけど。

私「ちくわははずせないでしょ〜!?」
「ちくわ?ちくわなんて入れる?」
「うちは入れた事ないけど…」

そうなの?ちくわ入れないの?東京は?
ちょっと地域的カルチャーショック…。




2006年1月26日(木)               一月は去ぬ。


一月はいぬ。二月は逃げる。三月はさる。
と言うけど、本当にこの時期、時間のたつのが早い。

やることが重なってバタバタして、やっと一息ついて
お茶を飲んでいるとき…ふと、白昼夢を見た。


それは子供の頃の空間。
当時うちにいたお手伝いのおばあちゃんが
仕事から帰ってきた母をあんましている場面だった。
もと按摩さんだったそのおばあちゃんの手さばきを横でぼ〜っと見ている私。


あ〜とかう〜とかうつ伏せでうなっている母に
「ねえ、お父さんまだ帰ってこんの?」なんて聞いている。
向こうでは弟と妹の遊ぶ声が聞こえる。
「今日は遅くなる言よーたよ」「…ふ〜ん。たいくつ〜。」
びっくりするくらいリアルに、その頃の気持まで思い出した。


あの頃はほんと時間がゆっくりだった。
「やらなくちゃいけないこと」は宿題くらいで、
あとの時間はすべて、私と、家族のものだった。 
今だってあの時とおんなじ、目の前に無限に時間はあるはずなのに。


思うに子供の頃というのは、常に
 「今」の中に生きてるんじゃないかと思う。
だからなかなか時間が過ぎていかないし、
今を精一杯楽しもうとするから、どんどん新しい遊びを創り出す。


子供時代はなんの責任もないし、守られてる。
だからこそ自由に創造力を働かせることが出来る。
でも、何かを創り出すためには、その感覚を忘れちゃいけない気がする。


時間がな〜い!なんてイライラしたとき、
子供の気持になると、す〜っと落ち着く。
そうだった、いっぱい時間はあるんだった。


イライラしたってしょうがない。
一つ一つ片付けていこう。
そしてそのあとは…何して遊ぼ?


2006年1月21日(土)           真っ白〜〜♪



ひゃ〜すっごい雪!!
実家の岡山はほとんど雪が降らないので
やっぱり何度みてもビックリ…。

「雪はいいね…何もかも白に塗りかえてくれる…」
なんて言いつつ登場したキャラがいましたが、
ほんと、雪が降るとなぜか世界が静かです。
寒くてみんな暖かい所にこもってるせいもあると思うけど
道行く人も舞い散る雪と真っ白い世界に見とれて言葉少なな感じ。


でも、雪が綺麗…なんて言ってられない地域もありますね。
自分達で作り上げた安全な「人間社会」っていう枠の中で
流行とか常識とか言ってても、実は私達自体、
秩序も何もない大自然にすっぽり包まれているわけで。
いくら都会に住んでても、明日もし隕石が落ちてきたら関係ないわけだし。


そんなデンジャラスな可能性の中、すごい確立で生かされているのが
いまの地球人類なんだよね〜。
なにかの番組で、地球が誕生してから今までを24時間とすると、
人類が誕生したのは時間にして「1秒」!1秒しかたってないらしい。

そんな1秒の中で、泣いたり笑ったり、争って殺しあったり、感動したり絶望したり
発見したり征服したり、裏切った裏切られたやってるわけですな。


どうせ夢みたいな一瞬の瞬きなら、その中に、精一杯価値あるものを
詰め込みたい。自分の光で輝きたい。
突然の雪や、自然現象はそんな気持を思い出させてくれるような気がします。
さ〜て!今年も楽しい事いっぱい見つけるぞ♪



2006年1月1日                    元旦



毎年恒例の大晦日のお参りで、最上稲荷へいく。
これが数時間後にはすごい人だかりになるんだよなあ。
すでにお線香の煙がすごくて目にしみる(;;)
下のお土産物屋さんで出す作りたてのご縁饅頭は絶品!!


そして一夜明けて大本家の元旦。
おとそは昨年なにかの賞をとったという「蔵」
すごくフルーティで美味しかった。


笠岡のおばあちゃんの家では、兄妹のように育ったいとこの子供と初対面。
か、可愛い…(><)!!ぷくぷくお手々がたまりません。
横のストーブでパジャマのまま餅を焼く弟を見てると
ああ、お正月だな〜と思う(笑)


今年も無事神社めぐりをこなし、家に帰る。
やはり、ご祈祷してもらうと気持ち良い。
東京へ戻ったら芸能神社にもお参りしなきゃ。