久慈市周辺のアィヌ語系地名
?1 高 家(こうけ) ?2 白 前(しらまえ) ?3 夏 井(なつい)
?4 麦 生(むぎょう) ?5 久 慈(くじ) ?6 長 内(おさない)


久慈市周辺のアィヌ語系地名

?6…長 内(おさない)…

 地名としての「長内」は、北東北3県に多く、岩手県では当地久慈市のほかに雫石町、山田町、岩泉町に、青森県では大鰐町に、秋田県では鹿角市に「長内」、西仙北町に「生内」等があります。
 これが人の姓とされて「長内」のほかに「小山内」と表記される例もあります。

 一般に、これらの、いわゆる「おさない地名」には、「オ・サツ ・ナイ 」で、=「川尻が・乾く(涸れる)・川」を意味する事例と、「オ・サル ・ウン・ナイ 」で、=「川尻に・湿原(アシ原)が・ある・川」を意味する事例と2通りあるとされています。
 久慈市の「長内」の場合は、これら2通りのうちのどちらかという問題がありますが、それについては、相対立する次のような二つの見方があります。
 その一つは次のとおりであります。
?「おさない」の語源は、=アィヌ語の「オ・サツ ・ナイ (o・sat・nay)」 で、その意味は、
「川尻が・乾く(涸れる)・川」と解されるというものであります。

長内川と小屋畑川の合流点 この解釈は、「長内川」の本流ではなく、支流である「小屋畑川」が、その川尻に近い「長内町内」で、アィヌ語で「オ(川尻)・サツ (乾く)・ナイ (川)」の現象を顕著に見せているというところからこのように名づけられたと、一般に言われております。

 ところが、この解釈と申しますのは、その根拠が「長内川」の本流そのものが「オ・サツ ・ナイ (川尻が・乾く・川)」の現象を見せているというのであればよろしいのですが、その支流である「小屋畑川」の方が「長内」の地内で、「川尻が・乾く・川」の現象を見せているということであり、それゆえに、その本流の名がこのように呼ばれるという見方であって、そこにいささかの引っかかりがあると思われるわけであります。

 しかし、そのことを気にしながら、晴天続きの日に「長内川」とその支流である「小屋畑川」との合流地点に行って流れの様子を見てみると、「長内川」の本流の方には川上から水がとうとうと流れてきているというのに、その支流である「小屋畑川」の方の川尻付近には、全くといっていいくらい水が無く、川底の砂礫が干上がって見えている現象が歴然としているわけであります。

 そのありさまをまざまざと見せつけられた人たちは、内面に引っかかりを感じながらも、そこにあまりにもはっきりと見えている「小屋畑川」の「川尻が・乾く・川」の現象を目の前にして、一応、「なるほど、そうなのか…」ということで、「長内川」の名の語源が「オ・サツ ・ナイ 」であるとする説に、まずは、納得できるということのようであります。

 もう一つは次のとおりであります。 ?「おさない」の語源は、=アィヌ語の「オ・サル ・ウン・ナイ (o・sar・un・nay)」→「オサルンナイ (osarunnay)」で、その意味は、
 =「川尻に・湿原(アシ原)が・ある・川」と解されるというものであります。
 この説を裏づけるものとして次のような情報があります。
 それは、旧国鉄久慈駅が建てられたのが昭和5年でありますが、久慈市に生まれ育ってそのころの様子を自らの目で見ている大正10年以前生まれの人たちに尋ねてますと、異口同音に、「その時久慈駅が建った所は“長内川の川尻のアシが密生している湿原の所”でした」と答えるのです。
 このことは、あたかも、「長内川」の地名の語源がその昔のエミシの人たちの時代に「オ・サル ・ウン・ナイ (川尻に・湿原(アシ原)が・ある・川)」の様相を呈していたということを示す確かな証としてして、私たちの耳に強く響くのです。

 このような歴史的事実につながる情報に裏付けされてでしょうか、今でも久慈市の「長内」の地名の「おさない」である理由は、かつて、「長内川(本流)の川 尻」に・湿原(アシ原)があったからであると信じ、それゆえに、その名が「オ・サル ・ウン・ナイ 」と呼ばれ、それから転訛したのが現在の「長内」の地名である と考えておられる人たちが、現に少なからずおられるわけであります。

画面の中央下、長内川に注ぐ 小屋畑川の乾いた河口 以上の?と?の二つの見方にかかわって、さらに言葉を続けますと、その昔の「長内川」の川尻は、昭和5年の旧国鉄長内駅建設の当時でさえも一面のアシ原だったようでありますから、それよりもはるかに昔のエミシの人たちの時代には、そこが自然のままにアシが生い茂る湿原であったということは、想像するまでもないところであります。
 そこで、そのことを重く見て考えるとき、その昔、「長内川」が、その川尻に湿原があったということに基づいて、「オ・サル ・ウン・ナイ (川尻に・湿原が・ある・川)」と呼ばれていたとしても、一向に不思議がないことであり、むしろ、当然であると言えると思うのであります。

 また、支流の「小屋畑川」については、現在と同様に「オ・サツ ・ナイ (川尻が・乾く・川)」の現象が見られる川であったということはいうまでもなく、その通りであって、エミシの人たちの時代に支流の「小屋畑川」に限って、その名が「オ・サツ ・ナイ 」と呼ばれていたということも素直に肯定できるわけであります。

 …ということであり、私がここで、あえて申しますのは、その昔の「長内川」の名は、本流を称する「オ・サル ・ウン・ナイ (川尻に・アシ原が・ある・川)」と、支流の「小屋畑川」を称する「オ・サツ ・ナイ (川尻が・乾く・川)」とが、それぞれの特徴に見合ったそれぞれの地名として、個別に名づけられて呼ばれていたであろうということが推定され、それが当然のことであるとして通用していたと言えると思うのであります。

序説 へ