HOME > ライブラリー > ベン・トー
BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー サバの味噌煮290円
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価620円(税込)

戦って、喰え!
ビンボー高校生・佐藤洋はある日ふらりと入ったスーパーで、半額になった弁当を見つける。それに手を伸ばした瞬間、彼は嵐のような「何か」に巻き込まれ、気付いた時には床に倒れていた。そこは半額弁当をめぐり熾烈なバトルロワイヤルが繰り広げられる戦場だったのだ! そこに現われた美女が佐藤に告げた言葉は…。庶民派学園シリアス・ギャグアクション、開幕!
モノクロ  時折辺りから視線を感じる。人々は果たしてこの状況を如何様にして見ているのだろうか。
 少し気になった僕は女の子に手を拭かれているという、どこぞの食事中の王子様が下女に世話をしてもらっているような状態のまま、辺りへと顔を向けた。
 するとレジに並んでいた女性と目が合う。今度こそ女性と呼ぶに相応しい人だった。

(中略)

 レジでその美人の順番が来たのか、顔をこちらからずらそうとした彼女は目元をかすかに綻ばせ、一瞬、微笑んだように見えた。ドキリとした。その表情もそうだが、それ以上に彼女の持ったカゴの中の半額弁当に。
 あの『何か』の中で手に入れたであろう、半額の弁当。僕が意識を失い、離れた場所へ吹っ飛ばされた『何か』の中で、あの美人さんは一体どうやってそれを手に入れたのか。

BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー 2 ザンギ弁当295円
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価620円(税込)

弁当50%OFF!!そこに僕らは青春を賭けた。
半額弁当争奪戦の世界を知り、HP同好会での活動を続ける佐藤洋。ある日、佐藤の元に同い年の従姉・著莪あやめが訪ねてきた。
彼女も「湖の麗人」の二つ名を持つハンターであり、槍水仙との対決のためにやってきていたが、その背後には壮大な陰謀が渦巻いていた!
庶民派シリアスギャグアクション、大騒乱の第2弾。
モノクロ  通常、弁当を取るか、弁当コーナー前から離れれば攻撃されることはない。だが、今回のこれは、どうだ。無理矢理に戦いに引きずり込まれた。
 ――逃げられない。
 ならば弁当を獲れば……。だが、散々ダメージを受けた僕の体が立ち上がって弁当を手にする前に、白影が、迫る。
 左右から狼たちが白影に飛びかかる。しかし片方の狼を白影はつかむと、それが武器であるかのようにもう一人の狼へと叩きつける。二匹の狼が一瞬にして倒された。力だけで。
 白影のブーツの靴先が僕の腹部に打ち込まれる。陳列棚があることで、逃げられない。
「――がっ!」
 肋骨が折れかねない一撃で……たったその一撃だけで……僕は全身から一気に力が抜ける。肺から空気が消える。意識が、飛びそうだ。
 白影は一瞬の間もおかずに僕の胸元をつかみ上げる。足が地面から離れる。
「今宵、お前は歴史に名を刻むことになる。光栄に思うがいい」
「……な、に……?」
「その血でもって開戦の狼煙となれ」

BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価620円(税込)
業界騒然!?いま売れてます!!(多分)
「このライトノベルがすごい!2009」ランクイン!!
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける高校生・佐藤洋。ある日、佐藤は自分に凄腕の『狼』の証である二つ名がついていることを知る。しかし、その名は理想とはかけ離れた悲惨なものだった――!同じ頃、戦場に圧倒的な力を持った双子の沢桔姉妹が現れ、次々と弁当を奪取していく。彼女らには訳ありの過去があり…!?――半額シールが舞う時、『狼』たちの咆哮が上がる!庶民派学園シリアス・ギャグアクション、人気もうなぎ昇りの第3弾。
モノクロ 「姑息な勝利などいるものか! それで半額弁当を獲ったとて美味いわけがない!」
 自分の計画をバカにされた。それはヘラクレスの棍棒のプライドを傷つけた。彼は変態の元へ飛び、攻撃を仕掛ける。殴る、蹴る、だがその全てがいとも簡単に受け止められてしまう。
 何故だ、と自問しつつも彼は渾身の拳を放つ。だが、それすら変態はたやすく受け止めて見せた。オルトロス以外にはほぼ負け知らずだった自分の攻撃を、いとも簡単に。
「……やめろ。邪魔をするな。これ以上やるなら、叩き潰すぞ」
 そうか、と彼は遅まきながら気が付いた。腕が上か下かではない。自分の攻撃は怒りからのものだ。だが彼は、そして今周りにいる彼らは違う。彼らには腹の虫の加護がついている。食欲が、彼らの戦闘力を爆発的に上昇させているのだ。

  (中略)

 変態が殺気を込めた目で沢桔姉妹を見、そしてただ一言、口にする。
 ――来い、と。

BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー 4 花火ちらし寿司305円
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価630円(税込)
弁当女子、急増中!
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤をはじめとしたHP同好会は、夏休みを利用した強化合宿に向かう。到着した合宿地で、ある悩みを抱える二人の少女、淡雪えりかと禊萩真希乃に出会う。そして今回の合宿の最終目的である至高の半額弁当を手に入れようとする佐藤たちの前に、全国から規格外の力を持つ強敵・難敵が続々現れ…!? 花火と共に上がる『狼』たちの咆哮…人々が空を見上げる時、彼らの命を懸けた戦いが始まる!
庶民派シリアスギャグアクション第4弾!
モノクロ 「なぁ真希乃……勝つんだろ?」
「はい」
「勝ってみせるんだろ、僕を倒して、うまい弁当を喰うんだろ?」
「はい。必ず、勝ちます! 勝ってみせます!」
 全て、即答だった。良い答えだ。躊躇いも何も、そこにはなかった。いつも笑みしか浮かべていない瞳に、違う、硬い何かが浮かんでいた。
 その瞳に僕は今一度決心する。人でなしと言われようが構わない。僕は空腹の権化となろう。鬼と、餓鬼と化そう。持てる力の全てを、それ以上を、彼女らにぶつけてやろう。
 不思議な気分だった。弁当を奪うために僕の全てを掛けようと決意したと同時に、彼女らは、きっと、それすら打ち砕いてくれると信じる自分がいる。
 笑みが浮かぶ。ためらいなく人であることを捨てようと決めた自分への畏怖と、真っ直ぐに僕を見つめてくる真希乃の瞳にどこか楽しさを覚えてしまう。手が震えた。そして、燃えるような空腹が胃袋の中でジリジリとその勢いを増していく。肺一杯に、息を吸った。
「行くぞ、ギリー・ドゥー!!」
「はい!」

BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー 5 北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価660円(税込)
あたしと半額弁当、どっちが好き?
「このライトノベルがすごい!2010」第8位ランクイン!
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋たちHP同好会は合宿を終え、地元に戻って日常の争奪戦に精進していた。そんなある日、佐藤のかつての憧れのクラスメイト、現在芸能アイドルとして活躍する広部さんが転校生として現れる。傍若無人の振る舞いをする彼女に、案の定巻き込まれる佐藤は、徐々に弁当争奪戦から遠ざかってしまう。さらに、しばしの沈黙を破り、再び立ちはだかる猟犬群たちの乱入で戦闘は激化していき…! 佐藤は「狼」としての誇りを失ってしまうのか!? それとも秋鮭のごとくスーパーに戻ることはできるのかーーー!? 庶民派シリアスギャグアクション、原点回帰の第5弾!
モノクロ 「すまない。……やはりダンドーは健在か、くそ。仕方ない、可能性は低いが佐藤、ダンドーは必ず私がどうにかする。だからお前は何としてでも弁当を――」
「何言ってるんです、先輩一人じゃ無理だ! ホラっ!」
 僕は先輩の背中に向けて放たれていた猟犬の掌底を横合いから弾く。いつもの彼女ならそんな攻撃、意にも介さずに対処できるはずだ。見た目以上にダメージが濃いのだ。
「しかし、広部が見ているんだ、弁当を手にするカッコイイ姿を見せたくないのか」
「……だったら、尚更です。彼らは僕と先輩を狙ってきている、それなのに僕だけ背中を向けるなんてできません。それこそ、最悪だ」
 そもそも普段ならまだしも、ダンドーを倒さずして月桂冠に手を伸ばせるとは思えなかった。それがある以上、狼全員の狙いは読まれてしまい、猟犬群としては防ぎやすいはずだ。
 先輩は周りの連中との攻防を繰り広げながら、僕の目を見てくる。
「バカな奴だな……しかし、それがお前か?」

BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー 5.5 箸休め〜燃えよ狼〜
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価580円(税込)
この一食、命懸け。
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋は、HP(ハーフプライサー)同好会の面々と共に、従姉の著莪あやめの高校の文化祭に繰り出す。高校生の一大イベントを楽しんでいたが、あの引きが強すぎる少女・あせびちゃんの手作り弁当が事件を巻き起こし事態は一変。佐藤は命懸けの弁当争奪戦に参戦することに…!? その他にベン・トーファンタジー編や、名もなき「狼」をフューチャーした短編、そして禁断の「筋肉刑事(マッスル・デカ)」の一部ストーリーなどを収録! 「狼」たちよ、考えるな、感じるんだ! 箸休めにならない箸休め、庶民派シリアスギャグアクション、灼熱の5.5巻!
モノクロ 「あせび、テント{あそこ}で何してたの? 役員か何かやってたっけ?」
 著莪の問いにあせびちゃんは「それはねー、えへへー」と笑顔でもったいつける。
 うん、一々かわいい。僕にお守りがあれば彼女の頭を撫で回しているところだ。僕の勇気と根性では先程の一瞬の接触――ハイタッチが限界である。
「このステージでね、あと一時間ぐらいしたらわかるよ〜。だから今はまだ秘密なの〜。来てくれると嬉しいなぁ。……あれぇ、こっちの人たちは? こんにちは〜」
 あせびちゃんが真希乃と淡雪の方へ向かってペコリと頭を下げた。
 わぁ〜、この子かわいい〜、と長身の真希乃が少し腰を曲げるようにしてあせびちゃんの頭を撫でる。この子って……いや、まぁ、あせびちゃんも嬉しそうに「えへへ〜」と満足げに笑っているので別にいいのかもしれないけど。
「バ、バカ、真希乃、多分その子先輩!」

BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価660円(税込)
新食感。妹トッピングでさらにおいしく!
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋は、新たに開拓したスーパーで、存在感溢れる半額神・ビッグ・マムと、そこを主戦場とする厄介な「狼」山木柚子と出逢う。ある目的のために佐藤の苦難の食生活が始まる一方、槍水は彼女が溺愛する妹・茉莉花が文化祭に見学に来るため、心配で落ち着かない日々。そしていよいよ文化祭当日、友人のイベントに借り出された槍水の代わりに佐藤が茉莉花の面倒をみることになるのだが――。 甘美な罠を退け、誇り高くあれ! 「狼」としての底力がいま試される! 庶民派シリアスギャグアクション、禁断の第7弾!
モノクロ 「ひょっとして……佐藤洋……だったりするのかな」
 僕は驚き、横の彼女の顔を見る。すると彼女もまた僕の方を見て微笑んでいた。その少年のような大きく綺麗な目を嬉しそうに曲げて。
「どうして、僕の名を……?」
「当たりだね。どうしてと言われても以前ちょっと見たことがあったから、ひょっとして、って思っただけさ。それ以上はナイショだよ」
 シーッというように指を一本顔の前に立てる彼女。ちょっと浮世離れした美少年のような口調や仕草だった。
 僕は微笑む彼女の顔を見つつ必死になって過去に対戦してきた狼たちを思い出す。しかしこんな特徴的な人なら一度会っていれば忘れはしないだろう。となるとそれ以外? スーパー以外で、この土地にて知り合った年上の女性となると……ほとんどいない。僕は降参するように、彼女に名を訊いた。すると彼女はサラッととんでもないことを述べる。いくつかあるけれどどれがいいかな、と。――この女、二つ名持ちだ。
「それじゃ《ガリー・トロット》って名乗っておこうかな。でもちょっと長いから、本名の方がいいかな? 本名は山木柚子。柚子でいいよ。このスーパーは一応ボクの縄張り。洋は、初めてだね?」

BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー 7 真・和風ロールキャベツ弁当280円
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価660円(税込)
美味しいものには、毒がある!?
「このライトノベルがすごい!2011」第5位ランクイン!シリーズ第8作!
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋は、ひょんなことから未曾有の経済危機に陥り、『変態』の二つ名を体現する日々を送っていた。そんなある日修学旅行で槍水が不在になる間、佐藤は彼女の縄張りであるスーパーを託されることに。しかし槍水と入れ替わるようにHP同好会に烏頭みことと名乗る美人OGが現れ、佐藤は彼女に翻弄されてしまうのだった。烏頭はかつてHP部が解散するに至った原因は槍水にあると告げるのだが――。毒を食わらば皿まで!「狼」の誇りを持って落とし前はきっちりつけろ!庶民派シリアスギャグアクション第8作!
モノクロ 「君は……全部見ていたもんね。最初に私が佐藤の足を打った時から、ずっと。感づいていたのに、どうして佐藤には警告しなかったんだろ? 白粉は優しい。そういうところ、少し仙に似てて……ムカツクなぁ。ねぇ、知ってる? 人ってペットショップで犬を買う時、特に理由がなければ自分に似たの、選ぶ傾向があるんだって。だからよく言う?犬は飼い主に似る?っていうのは、当然。……きっと仙も、そうだったんだ。……だから私も、こんなに白粉たちが好きになれないんだ」
「や、槍水先輩と烏頭さんは……」
「アイツが入ってきた時は仲良かった、けど、最後は犬猿の仲。最初は私が仙を、でも、後々は仙の方が私を恨んでる。……仙は被害妄想が激しいから」
 白粉には烏頭が何を言っているのかわからなかった。しかしようやく今、烏頭は本心を見せ始めたことだけは理解できた。彼女は冷たく、囁くように、言葉を続ける。
「HP部を離散させた原因まで、私にあるって言い出しちゃうし。多分仙のことだから白粉たちに教えてないと思うけど……楽しかった私たちのHP部を壊したのは……仙の奴なんだよ」

BOOKNAVIはこちら
ロゴ イラスト
ベン・トー7.5 箸休め〜Wolves,be ambitious!〜
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
定価660円(税込)
今秋TVアニメ化決定!&漫画連載中!!
ネタ増量、メガ盛りの箸休め編。
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋たちHP(ハーフプライサー)同好会は、槍水の妹・茉莉花のおねだりに端を発した一泊二日の旅行に行くことに! 季節外れの観光地に向かう一同だったが、途中で予期せぬアクシデントに遭ってしまう。そこへかつて出会ったあいつが現れ…!?
その他に、佐藤たちの旅行のウラで静かに起きた著莪とその友人たちの日常編や、ウェブ掲載された短編、雑誌連載で大反響をよんだ「間食版」も書き下ろし分を加えて収録! もはや短編集ではないボリューム感満点でお届けする、メガ盛りの箸休め、庶民派シリアスギャグアクション、狼が大志を抱く7.5巻!!
モノクロ 「そろそろ温まったでしょうし、体、洗いましょうか。背中を流し合ったりとかどうです?」
「あ、うん。そうだね、そうしようか、梅ちゃん」
 さすがに自分がいなかった時の話はつまらなかったのか、適当なタイミングを見つけて白梅が白粉を連れて湯から上がると、そうだな、と先輩と茉莉花も立ち上がる。
 茉莉花に、行かないんですか? と誘われるものの僕はさっきしこたま洗って殺菌までされたことを告げると、よくわからなかったのか、彼女は首を傾げて洗い場に向かう。
 そして妹に続いて先輩もお湯から上がろうとする。岩風呂のそこは階段もあるのだけれど、そこを茉莉花が使っていたので、彼女は横の岩の部分に足を掛けて昇ろうとしたのだが……最初、岩の上に手を突いた際、一瞬お尻を僕に向けてグッと突き出すような感じになった。
 フフ……何だ、先輩は僕を誘っているのか? 仕方ないな、どれどれ……。

(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved. 無断転載禁止
(C)柴乃櫂人/集英社

このページのトップへ