47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

再稼働の大飯、断層調査へ   志賀原発も  専門家から要望続出  原子力安全・保安院 


 再稼働で注目される関西電力大飯原発(福井県)と、北陸電力志賀原発(石川県)の敷地内を走る断層の活動性を検討する経済産業省原子力安全・保安院の専門家会議が17日開かれ、委員から現地での再調査を求める意見が続出、再調査が避けられない状況となった。保安院は「意見は重く受け止める」としており、 電力会社に対し調査を指示することも含め、近く対応を決める方針。

 大飯原発は3号機が今月1日に原子炉を起動、9日にフル稼働になった。4号機は18日に原子炉を起動する予定。

 会議では、大飯原発内の破砕帯と呼ばれる軟弱な断層について「活断層の可能性を否定できる情報が出されていない」として、活断層かどうかを判断するための再調査を求める意見が相次いだ。関電側は「指摘の内容を踏まえて検討したい」と答えた。

 また、志賀原発1号機の原子炉建屋直下を南東―北西方向に走る「S―1断層」をめぐっては、活断層が専門の今泉俊文(いまいずみ・としふみ)東北大教授が「典型的な活断層だ。あきれてものが言えない」などと述べ、過去の安全審査に問題があったと指摘。他の委員からも現地再調査を求める意見が続出し、保安院は「速やかに検討、対応する」とした。

 大飯原発で問題となっているのは「F―6破砕帯」で、1、2号機と3、4号機の間をほぼ南北方向に走っている。渡辺満久(わたなべ・みつひさ)東洋大教授(変動地形学)らが6月に「近くの活断層と連動して地表がずれる恐れが否定できない」と指摘していた。

 保安院は会議で、大飯3、4号機増設時の安全審査に使った資料や、最近になって関電が新たに提出した破砕帯の写真を提示した。

 写真は破砕帯を確認するために掘られた試掘溝の中で作業している場面などで、破砕帯の状態が分かりづらく、専門家からは「全体像が分からない。資料の提出にかなり問題がある」「なぜ(分かる)写真を保存していないのか」と批判が集中。「これ以上の説得力のある資料は期待できない。(活断層かどうか)判断できる調査が必要だ」との意見が相次いだ。

(共同通信)

2012/07/17 18:23

ロード中 関連記事を取得中...


コメント

廃炉にだって数十年かかるんだから、調査と並行して安全対策の検討も早急にすすめるべき。
地震列島の日本。
地震に怯えて危険と騒ぐだけの記事はいらん。

投稿者 匿名 : 2012年07月18日 21:52

専門家から批判が集中とあるが、その専門家も3.11以前は安全と言っていた。
ただの人気取り=自分の研究費目当てだろ。
政府や電力会社だけでなく、専門家も信用できない。

投稿者 匿名 : 2012年07月18日 21:44

日本の原発は、あえて活断層のある危ないところを選んで建設地にしているとしか思えない。

投稿者 匿名 : 2012年07月18日 00:01

原発即やめろ!!!

投稿者 匿名 : 2012年07月17日 23:52

原発即やめろ!!!

投稿者 匿名 : 2012年07月17日 23:51


コメントをお寄せください