辛ラーメンの農心、ラーメンスープから発ガン性物質を検出=韓国

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  辛ラーメンで知られる韓国の食品会社・農心が販売しているラーメンやうどんなど6種類のスープから、発ガン性物質のベンゾピレンが検出されたことが明らかになり、波紋を呼んでいる。韓国のテレビ局MBCによる報道をもとに、複数の韓国メディアが24日、相次いで報じた。

■「食の安全」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

  ベンゾピレンは約350〜400度の高温で、食品を調理または製造する過程において、炭水化物やタンパク質、脂肪などが不完全燃焼された場合に生成される物質。世界保健機関(WHO)傘下の国際がん研究所は、1級発がん物質に分類しており、人体に蓄積された場合はガンを誘発し、突然変異を起こす環境ホルモンとされている。

  韓国メディアは、「農心、発ガン物質ベンゾピレン検出」「農心“たぬき”で1級発がん物質検出、製品を回収するかどうか検討中」などと題し、農心のラーメンやうどんの6製品から発がん性物質であるベンゾピレンが検出したことが確認され、衝撃を与えていると伝えた。

  韓国の食品医薬品安全庁が6月、農心をはじめ、国内に流通するラーメン・うどん製品のスープ30種を調査した結果、農心では「ノグリ(たぬき)」袋ラーメンやカップ麺の「セウタン・クンサバルミョン(海老スープの大きなどんぶり麺)」など、人気の高い商品からベンゾピレンが検出された。しかし、この結果に対し、食品医薬品安全庁と農心側は回収措置を取らなかったと報道された。

  これに対し、食品医薬品安全庁は「食用油の場合はベンゾピレン検出量の基準が決まっているが、ラーメンのスープにはこのような基準がなかった」とし、「世界的に加工食品にベンゾピレンの基準を設定している国はないのが実情。人体に危害が生じない程度に安全である」と説明。

  一方、農心側は、「スープから微量のベンゾピレンが検出されたことを問題にすることはできない」としながらも、「6月に食品医薬品安全庁の通報を受けて生産工程を2カ月間停止し、調味料の納入業社を変更した」と説明した。

  また、農心の関係者は、今後、問題の製品を回収するかどうかについて「製品が安全だと判断して販売を続けていた。人気の商品だけに、会社の経営陣は回収するかどうかを議論しており、まだ決定していない」と述べたという。(編集担当:李信恵・山口幸治)

【関連記事・情報】
辛ラーメンのカップ麺、日米に輸出決定、日本には150万個=韓国(2012/05/30)
ペペロデーに衝撃、「ペペロ」から生きたままの幼虫が=韓国(2011/11/15)
「人糞に汚染」米食品医薬局が韓国貝類の販売を禁止=韓国(2012/06/19)
韓国大手製菓のチョコレートから基準値の14倍の細菌を検出=韓国(2012/02/15)
韓国大手スーパーのスナック菓子から、基準値の4倍の細菌=韓国(2012/04/25)

おすすめ商品 PickUp

注目の企画