現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 政治
  3. 国政
  4. 記事
2012年11月15日17時7分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

山田・元農水相ら離党続出 民主、衆院過半数割れ確実

関連トピックス

 衆院の解散・総選挙日程が決まったことで、民主党から離党する議員が続出。衆院の単独過半数割れが確実になった。

 山田正彦元農林水産相は15日、憲政記念館で環太平洋経済連携協定(TPP)に慎重な議員の会合に出席後、記者団に「離党する。新党の可能性はある」と述べた。山崎誠衆院議員(比例南関東)、富岡芳忠衆院議員(比例北関東)も同日、幹事長室に離党届を提出。山崎氏は参院会派みどりの風の4人と国政新党を結成し、富岡氏はみんなの党に入党する意向。長尾敬衆院議員(大阪14区)も15日、離党の意向を固めた。

 民主党の現有勢力は244人。すでに小沢鋭仁元環境相、中川治衆院議員が離党意向を表明。離党届を提出し、預かりになっている水野智彦、熊田篤嗣の両衆院議員をあわせ計8人が離党を表明した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

関連特集

おすすめ

原発事故から1年半がすぎた。風化への怒りと焦りの声が、被災地で交錯している。

東電の変わらぬダメさ加減。フクイチ幹部、フクイチで働くジャーナリストが訴える。

気鋭の哲学者や歴史学者らが説く中華思想の本質。厄介な隣人との付き合い方をさぐる。

戦後最大の危機ともいえる日中関係の現状と今後の展望を聞いた。

元外務省国際情報局長で作家の孫崎享氏が、日米同盟や安全保障などを語る。

日本経済を読み解くために!ホンモノの専門家によるレベル別必読文献18冊+α。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター