国際中国の格差象徴 ゴミ箱で消えた少年5人の命 指導部への批判高まる+(1/3ページ)(2012.11.23 09:34

  • [PR]

国際

  • メッセ
  • 印刷

中国の格差象徴 ゴミ箱で消えた少年5人の命 指導部への批判高まる

2012.11.23 09:34 (1/3ページ)中国
「愛国」「創新」「包容」「厚徳」のスローガンが掲げられた花壇のそばで遊ぶ子供たち。少年5人がゴミ箱の中で亡くなるスローガンとかけ離れた悲劇が中国社会に衝撃を与えている=8日(AP)

「愛国」「創新」「包容」「厚徳」のスローガンが掲げられた花壇のそばで遊ぶ子供たち。少年5人がゴミ箱の中で亡くなるスローガンとかけ離れた悲劇が中国社会に衝撃を与えている=8日(AP)

 習近平総書記(59)率いる新指導部が発足したばかりの中国の貴州省(きしゅうしょう)畢節市(ひっせつし)で、寒さに凍えた5人の少年たちがゴミ箱の中で死亡しているのが見つかるという悲劇が起き、衝撃が広がっている。暖をとるため、木炭を燃やし、一酸化炭素中毒で命を落とした。ネット上では童話「マッチ売りの少女」になぞられる追悼の声があふれる一方、貧困層を放置する格差社会への不満と指導部への批判が高まっている。

 「中国は新指導部を発表し、すべての国民により良い暮らしを約束したが、南西部では、冷たく湿っぽい夜、避難場所と暖を求めていた身寄りのない5人の少年たちがゴミ箱の中で亡くなった…」

 AP通信は21日、5人の死亡を詳報すると同時に、中国の現状を痛烈に批判する記事を配信。米CNNや台湾の英字紙ザ・チャイナ・ポスト(電子版)なども大きく伝えた。

 悲劇は、中国共産党の第18期中央委員会第1回総会が華々しく開かれ、新指導部が選出された翌日の16日に起きた。

 報道によると、亡くなった5人は9~13歳で、名字はいずれも「タオ」。兄弟やいとこ同士だった。出稼ぎで親がいなかったり、目が不自由な祖母しかいなかったりの貧しい家庭を飛び出し、1週間以上、路上生活を送っていたという。

関連ニュース

関連情報

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital