新しい太陽光発電の可能性

太陽光発電は、地球温暖化が深刻化する中でグリーンエネルギーとして、低炭素社会の成長産業として期待されています。

太陽光発電業界は、現在世界中の需要が急拡大しております。

要因はさまざまですが、主にドイツのFITとアメリカのグリーン・ニューディール政策などがいわれています。

ただもっと一般家庭に太陽光発電が普及するためには、大きな壁がまだあるようです。

太陽光発電がまだ本格的に一般家庭に普及が進んでいない理由は発電効率が悪く、コストが高いことがいわれています。

そのため現在世界中の太陽光発電メーカーがしのぎを削って日夜開発しいています。

太陽光発電が補助金なしに一般家庭に導入され普及させるためには、今の何倍もの発電効率が求められます。

新しい太陽光発電で期待されているのが、薄膜多結晶シリコン太陽電池だといわれています。

薄膜多結晶シリコン太陽電池が実用化されれば何倍もの発電能力が実現されるといわれていますが。

その実用化には何年かかるかはっきりはわかりません。