【放送禁止】当時の資料画像で検証「NHKあまちゃん・東京編」元ネタの封印された3本のアイドル映画

2013年07月27日 あまちゃん アイドル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

61g5D8gRtXL._SL500_AA300_.jpg

 視聴率は常に20%超え、オヤジ週刊誌まで含む多くの雑誌が特集を組み、年末のヒット商品番付や流行語大賞も確定といわれるビッグトレンドとなったNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。現在は主人公のアキ(能年玲奈)が芸能界でアイドルデビューすべく奮闘する"東京編"の放送中だ。このドラマ、宮藤官九郎によるオリジナル脚本だが、元ネタになっていると思しき出来事や映画がいくつか想像できる。

 たとえばネットには薬師丸ひろ子演じるベテラン女優鈴鹿ひろ美のモデルが沢口靖子ではないかという話題が上がっている。ドラマでは、鈴鹿があまりに音痴だったため、若き日のアキの母・春子(小泉今日子、若き日は有村架純)が影武者として吹き替えする。

 

 いっぽう現実では、沢口の映画デビュー作は武田鉄矢主演の「刑事物語3」で、この時沢口は「潮騒の詩」という曲でレコードデビューするも、その歌唱が破壊的にヘタクソだったのは当時から伝説的だった。この曲は余りの酷さゆえにCDにすらなっていない伝説の1枚だ。

 sawaguti.jpg

 沢口がドラマの中の鈴鹿ひろ美と同じように、陳腐な2時間ミステリーに出まくっているのもモデル説を裏付けるものだ。ただし、沢口は音痴ながら本人の歌唱で5枚のシングル盤と2枚のLPを吹き込んでいる。これはドラマと違っている。

 

 いっぽう、薬師丸ひろ子演じる鈴鹿ひろ美のデビュー作となった映画「潮騒のメモリー」は新人監督が撮った荒唐無稽な内容だがなぜか泣ける、という設定だ。映画の実写映像は用意されず、鉄拳による画用紙アニメで粗筋のみが放映された。微妙に現実とクロスする「あまちゃん」だけに、こちらにも何かしらモデルがあって不思議がない。

 筆者は「潮騒のメモリー」のモデルは相米慎二監督の作品ではないかと考える。相米慎二は薬師丸ひろ子の初主演作「翔んだカップル」で監督デビューしているが、長回しとロングショット多用のカメラワークが特徴的で、独特の映像文法が一部で高く評価された一方、わけがわからないと突き放す人々もいた。名作「セーラー服と機関銃」も破天荒な演出ながら泣かせる要素があり、このあたりも相米=「潮騒のメモリー」監督説を裏づける。

 

 「あまちゃん」劇中、テレビドラマの撮影後、鈴鹿ひろ美が「私は全身で演技しているのに、あのディレクター、アップばかり撮って!」と怒る場面がたびたびある。ここにアップを嫌った相米へのひそかなリスペクトが感じられる。

 また「潮騒のメモリー」はDVD化されていない設定で、アキは副駅長・吉田(荒川良々)がテレビの名画劇場から録画したVHSで見る。相米慎二によるアイドル映画は薬師丸ひろ子主演作をはじめ多くがDVD化されているが、85年に撮った斉藤由貴主演(デビュー作)「雪の断章 情熱」はDVD化されていない。映画化された内容が原作小説とかけ離れていたため原作者の不興を買い、原作者が亡くなった後も遺族が遺志を継いで映画を封印しているといわれている。そのため封切り後に発売されたVHSがあるのみで、再映の機会すらない。同作は出演者やスタッフを虐めているとしか思えない長回し(実際、斉藤由貴は監督が常時携帯する角材で小突き回され続けた)、異様なカッティング、アイドル映画とは思えない暗く救いのないストーリーなど「潮騒のメモリー」の原型たりうる要素を備え、宮藤官九郎のオマージュが強く感じられる映画だ。

 yukinodannsyou.jpg

 封印といえば「あまちゃん」東京編に影響を与えているであろう2本の80年代アイドル映画がある。こちらも様々な理由でいまだにDVD化はされていない。作品としての評価は非常に高いにもかかわらずだ。

 

 1本は吉川晃司主演、大森一樹監督の「すかんぴんウォーク」(84年)。ナベプロがレコードデビューしたばかりの吉川晃司を売り出すために制作された男性アイドル映画である。

sukannpinn.jpg

 内容は吉川演じるロックスター志望の少年・民川裕司のサクセスストーリーで、ライブハウスでの地味な活動からプロダクションに発見された民川が、大手レコード会社にスカウトされたものの、定番的なアイドル歌謡曲を歌わされた上にヒットもせず悶々とする展開が「あまちゃん」に似ている。その後、映画の中の吉川は大手プロと訣別し自身の信念を貫いてロックスターになる。

 

 実際、当時の吉川は「モニカ」など完全な歌謡曲ばかり歌わされることに少なからず不満があったようで、88年に所属するナベプロと紛糾し独立している。この時の因縁および権利関係の複雑さ、そして吉川自身のアイドル時代の過去を抹殺したい意向などが絡まりあい、「すかんぴんウォーク」は80年代のアイドル映画を代表する名作であるにもかかわらず、DVD化されていない。

 

 もう1本、宮藤官九郎が確信犯的に意識していると思われるのがセイントフォー主演、新城卓監督の「ザ・オーディション」(84年)だ。

seinntofo-.jpgthe audition.jpgthe audition2.JPG

 セイントフォーは40億円のプロモーション費をかけたという物々しいデビューをした4人組ガールズグループで、ステージではバク転などアクロバットもどきのアクションを披露し観客を唖然とさせた。かといってキワモノとして売られた訳でもなく、スタッフは至極マジメにプロデュースしていたのだと思う。デビューシングル発売と同時に公開された映画「ザ・オーディション」は9億円の予算をかけた大作だったが、アイドル映画にありがちな十代の客層に向けたファンタジーではなく、年末のテレビ歌謡祭の内幕を暴露するなど、芸能界の暗部を真剣に糾弾した実録風の内幕映画だった。

 

 現実のセイントフォーは40億というバブル予算で仕掛けられたアイドルだが、映画で彼女たちが演じるのはマイナーアイドルグループ・レイカーズだ。世良公則演じるスキャンダルで失脚したもと人気ロックシンガーがマネージャーとなって彼女らをスカウトし育てるが、大手Bプロをモデルにしているとしか思えないメジャープロ社長・中尾彬の陰謀で、彼女たちのブレイクの機会は潰されてゆく。その四人組の苦闘と希望の日々の描き方が、「あまちゃん」におけるアキの所属グループ・GMT47に酷似しているのだ。

 

 現実に大々的に売り出されたセイントフォーは、しかしながらヒットに恵まれず、曲芸風振り付けはトンデモと笑われ、映画もまったく評価されずに沈んでゆき、4枚のシングルを発売して解散した。しかも解散後、所属プロダクションとレコード会社の間で印税の横領をめぐる泥仕合があり、演歌界の大物・橋幸夫(セイントフォーのレコード会社の副社長だった)や佐川急便(レコード会社の黒幕)などの名前が登場するスキャンダルに発展する。そういう経緯の映画なので、こちらも権利関係が複雑なようで今なおDVD化はされていない。

 

 そしてバラバラになったセイントフォーのメンバーたちは90年代を過ぎるとひとり、またひとりとヘアヌードを公開することになる。セイントフォーのセンターだった濱田のり子は09年、MUTEKIのAVにも出演している。

 

 吉川やセイントフォーを宮藤官九郎が確実に意識していると思われる理由は、吉川やセイントフォーが何度も画面に登場するからだ。吉川のレコードは北三陸のアキの母の部屋に飾られていた。セイントフォーは、アキの母が若き日にバイトした喫茶店の店頭にデビューシングル「不思議TOKYOシンデレラ」があったほか(76回)、7月18日の放映(94回)には実写シーンが一瞬登場した。

 

 またアキに母から送られた手紙の中にも「セントフォーを真似たりしました」の文字がある(メンバーの板谷祐三子を真似てメガネをかけるシーンが撮影されたが本編ではカットされたようだ)。アイドル時代を黒歴史としている吉川のデビュー盤をわざわざ画面に出したり、80年代に青春を送った世代でも忘れているマイナーグループのセイントフォーをこれ見よがしに登場させたり、宮藤が彼らを意識しているのは明らかだ。

 

 「あまちゃん」に影響を与えた3本の映画が封印されているのはなんの因果だろう。それは「あまちゃん」も同じように芸能界の暗部を晒しているという無意識の現れではないのか。全体の3分の2を消化した「あまちゃん」。残りのシナリオでどこまで前出の封印映画に迫れるか注目したい。



Written by 藤木TDC

Photo by 連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック/ビクターエンタテインメント

潮騒の詩/EMIミュージック・ジャパン

雪の断章-情熱-/東宝映画

すかんぴんウォーク/東宝

不思議Tokyoシンデレラ/リバスターレコード

ザ・オーディション/東宝東和


【この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます】

【画像で検証】明治・大正時代にもチーマー、ギャングは存在した?~不良少年の系譜~

【画像で検証】ブラ見せ、シースルーも!セクシー衣装抗争が過熱する韓国のお天気お姉さん事情

【画像で検証】K-1格闘家が明かすダイエットの真実!お腹を凹ますために必要なこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
日刊ナックルズ トップ > メディア > 【放送禁止】当時の資料画像で検証「NHKあまちゃん・東京編」元ネタの封印された3本のアイドル映画
ページトップへ