• 南部
  • 中部
  • 北部
  • 注意報

9日 県内の天気(9日11時更新)

長野県内ニュース

なーのちゃん 投稿の窓口 写真が動く AR 中学生・高校生 海外特派員 Go!キッズNews

信毎の見学について

  • 長野本社、長野製作センター、塩尻製作センターのご見学についてはこちらをご覧ください。

後援申請PDF

記事利用案内

  • 信濃毎日新聞の記事・写真のご利用についてはこちらをご覧ください。

広告出稿案内

  • 広告出稿のご案内、媒体資料はこちらです。

E7系、昼の信濃路を疾走 長野−東京間試験走行 01月09日(木)

上田市街地を背に千曲川を渡り東京方面に向かうE7系=8日午後3時34分、上田ハープ橋

 昨年12月15日以降、県内を含む長野新幹線区間で試験走行を重ねている新型車両「E7系」が8日、初めて営業運転時間帯の昼間に試験走行した。長野―東京間を2往復し、車両性能などを確認。JR東日本は9日未明には2編成目となるE7系車両を長野新幹線車両センター(長野市)に配属。3月15日のダイヤ改正に合わせ長野―東京間で先行営業デビューするための準備が着々と進んでいる。

 E7系は、2015年3月に金沢延伸する北陸新幹線(長野経由)に向けて開発。8日は午前10時33分に長野駅(長野市)を出発、場所により最高営業速度の時速260キロで走行した。昨年12月の試験は軽井沢―車両センター間だったため、軽井沢より東へ乗り入れるのも長野に配備されてから初めてだ。急勾配の軽井沢―安中榛名(群馬県安中市)間でのブレーキ性能の確認などを行った。

 午後3時半すぎ、上田市の千曲川に架かる「上田ハープ橋」ではあいにくの雨にもくっきりと浮かび上がる青色の車体が東京方面へ高速で駆け抜けた。JR東日本長野支社は「今後、試験走行は昼間中心になる」としている。


購読申し込みフォーム 携帯サイト紹介

01月09日(木)の県内ニュース

 日本が見える 47news地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】
就職情報 不動産情報