現在位置は です

本文です

高梨沙羅、W杯通算14勝目…最多勝記録を更新

高梨沙羅の1回目(11日、札幌市・宮の森ジャンプ競技場で)=高橋はるか撮影

 スキージャンプ女子のワールドカップ(W杯)札幌大会は11日、札幌宮の森(HS100メートル、K点90メートル)で個人第6戦が行われ、ソチ五輪代表の高梨沙羅(17)(クラレ)が99メートル、94メートル50を飛び、合計254・5点で優勝した。

 2戦ぶりの今季5勝目、W杯通算14勝目で、右膝のけがで戦線離脱中のサラ・ヘンドリクソン(米)と並んでいたジャンプ女子のW杯最多勝記録を更新した。ソチ五輪代表の伊藤有希(土屋ホーム)は4位だった。

 昨季、日本人初の個人総合優勝を果たした高梨は、今季も開幕4連勝。ソチ五輪での初代女王に向け、好調を維持している。

2014年1月11日13時09分  読売新聞)

 ピックアップ

トップ


現在位置は です


今週のPICK UP

PR

国内線 空席照会・予約はこちらから ANA
出発空港 到着空港
搭乗日 出発時刻
搭乗クラス