カタログはこちら

タントカスタム TV-CM「坂」篇 TV-CM情報

ストーリーボード
CM画像1 ↓
CM画像2

若手エディター:

「この坂で取材ですか?」


チーフエディター:

「業界ではここを」

CM画像3
CM画像4

チーフエディター:

「ベタ踏み坂と呼ぶんだ。」

CM画像5

若手エディター:

「ベタ踏み坂!?」

CM画像6

チーフエディター:

「どうだ、ベタ踏みだろ!」

CM画像7

若手エディター:

「いいえ」

CM画像8

SE:

「カメラシャッター音」

CM画像9

NA:

「キングオブスモール」

CM画像10

NA:

「新型タントカスタム」

CM画像11

チーフエディター:

「ベタ踏みだろ!」

CM画像12

若手エディター:

「いいえ」

ムービー

CMインフォメーション
タイトル 「坂」篇 15秒
制作代理店 株式会社デルフィス
制作プロダクション 株式会社東北新社
出 演 豊川悦司、菅野美穂、綾野剛
音 楽 オリジナル楽曲
制作メモ

独自の感性で世に新しいカーライフを提案するライフスタイルマガジン・「CAR&More」。
今回「CAR&More」編集部が特集したのは、新型タントカスタムの走行性能。
内装・外装と取材を重ね、新型タントカスタムのポテンシャルに気づき始めた豊川チーフ。シリーズ3作目となる本作では、そんな豊川チーフ自ら、新型タントカスタムの走りを検証するため、とある所にロケ取材に出かけます。

作品中で豊川チーフが「ベタ踏み坂」と呼んだこの坂、ご覧になった皆さんも驚かれたことと思いますが、出演者・スタッフも、初めて写真で見たときには本当に驚きました。だれもが『これCGでしょ???』と、信じられなかったくらいです(笑)
でも、実はこの坂、実在する坂なのです。
その名も江島大橋といい、「島根県江島」と「鳥取県境港市」を結ぶ全長1.4km、高さ約44mの大きな橋なのです。ちなみにこちらの橋ですが、中央に位置する二本の橋脚の間隔が250mありPCラーメン構造の橋としては、東洋一、世界でも三番目の長さを誇ります。
そんな江島大橋ですが、松江市側からの勾配はまさにロケット台のような上り坂で、登っていくクルマがそのまま空に飛び出していくのか!?というような錯覚を感じさせる迫力のある坂道でした。
(写真にて江島大橋頂上から見える美しい景色をお届けします。)

CMをご覧になった皆さんならもうお分かりのように、新型タントカスタムはグイグイと坂を登っていきます。
「どうだ、(アクセル)ベタ踏みだろう?」と綾野さんに尋ねる豊川チーフですが、綾野さんに「いいえ」と軽く否定されます。そして、驚きと悔しさをこめて豊川チーフは、もう一度ベタ踏みかどうか聞き返しますが、またもや軽く「いいえ」と切り返され、チーフの面子が丸つぶれ。この二人の掛け合いは、スタッフ一同がこだわったポイントのひとつです。撮影中、いろんなバリエーションで二人に演じて頂きましたが、どのパターンもお二人のコンビネーションは抜群で、編集時にはどれを使用するか迷いに迷いました。結果、あのクールな豊川チーフが少し焦った表情で聞き返すパターンが非常にユニークだったため、こちらのパターンに決定しました。
なお、新型タントカスタム・スペシャルサイト「CAR&More」では、30秒のロングverも公開されていますので、ぜひご覧ください。豊川チーフと綾野エディターの絶妙な掛け合いと、新型タントカスタムの力強い走りを存分にお楽しみいただけます。
サイトはこちら、http://www.car-more.jp/about-us#f=nav

今回の撮影で、タントカスタムの力強い走りのシーンを撮影するために使用したのが「カメラカー」という特殊機材。
ピックアップトラックの荷台にクレーンが取り付けられており、その先にはカメラ。その他にも車体には撮影スタッフが乗れるよう、色々な所に足場が組まれていたりと、男性ならその出で立ちに興奮すること間違いなしです。
そして、このカメラカーのスゴい所が、クレーンとカメラを動かすためのコックピット!
車内にバイクのハンドルのような操縦桿が付いており、それを上下左右に動かしたり、レバーを回したりすると、クレーンやカメラがその動きに連動。カメラマンのどんな微細な動きにも対応するその動きはまるで生き物の様で、黒いキリンかと思ってしまったスタッフもいたとか(笑)

取材をする度にその高い性能が明らかになっていく新型タントカスタム。「CAR&More」編集部の個性豊かな三人は、これからも独自の取材で様々な角度からこのタントカスタムを特集していきますので、皆様今後も乞うご期待あれ!!
 

撮影風景
撮影風景
撮影風景
撮影風景
※仕様は改良のため予告なく変更することがあります。お近くのダイハツ販売店でご確認ください。
当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。