東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「銀座の誇り」 別れの時 「ホテル西洋」きょうから解体

解体を待つホテル西洋銀座が入っていたビル=東京都中央区銀座1で(淡路久喜撮影)

写真

 昨年閉館した「ホテル西洋銀座」の解体工事が二十五日、始まった。一九八七年に開業した高級ホテルで「バブルの象徴」と揶揄(やゆ)されることもあったが、小規模ながら外観からサービスまで一流を追求したホテルが消えることに、惜しむ声が出ている。  (荘加卓嗣)

 ホテルは、二〇〇五年の愛知万博で総合プロデューサーも務めた建築家、故菊竹清訓(きよのり)氏が設計した。壁面が段々になった白亜の外観は当時、建築界で注目を集めた。

 ホテルはセゾングループ傘下で、昨年死去した堤清二氏がグループ代表時代に開業した。欧州作品を上映する映画館や劇場も入居。メセナ(文化支援)活動に力を注ぎ「セゾン文化」を生み出した清二氏の影響が見て取れる。

 客室は七十七室と少なくて大宴会場もなく、清二氏の弟・義明氏が率いた大規模な「プリンスホテル」とは対照的だった。その一方で調度品もサービスも高級感を重視し、宿泊者の相談に乗る「コンシェルジュ」サービスもいち早く導入。世界最優秀ソムリエコンクールの優勝者、田崎真也氏がソムリエの責任者を務めたこともある。

 政財界人も愛用した。「入った印象から、それまでのホテルとは明らかに違っていた」。ある首相経験者は体験談を話す。「ロビーラウンジは人目にもつきにくいから、密談などに都合がよかった」

 セゾングループはバブル崩壊後に経営難に陥り、ホテルも二〇〇〇年、東京テアトル傘下に。その後も営業を続けたが、昨年五月末で閉館。ビルと土地はゲーム大手「コナミ」のグループ会社が買い取った。

 コナミはここにスマートフォン向けゲームの開発拠点やイベントスペースを設ける計画。当初はホテルを改装する構想だったが、老朽化を理由に解体、新築することとした。

 全銀座会街づくり委員長岡本圭祐さん(文明堂銀座店会長)は「きれいな建物で、新しいホテルのコンセプトを確立した、銀座人の誇りだった。残念だが、コナミには新しい情報・文化の発信拠点にしてほしい」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報





おすすめサイト

ads by adingo