チケットのことならチケットぴあチケットぴあ


第37回 日本アカデミー賞授賞式

新着情報
  • 2014/1/27 【お知らせ】市川海老蔵は当日地方舞台公演のため、授賞式セレモニーへの登壇はありません。ご了承ください。

  • 2014/1/17 [ニュース] 日本アカデミー優秀賞発表

  • 2014/1/16 特設ページアップ

第37回 日本アカデミー賞 授賞式

映画界のすべての分野の人々の投票によって選ばれる、日本で最も権威ある映画賞、日本アカデミー賞。
1月16日に、第37回の優秀賞・新人俳優賞などが発表され、最優秀賞を競う授賞式の詳細が決定した。今回も2013年の映画界を牽引した作品・俳優・監督・スタッフらが集結し、華やかなセレモニーが開催される。

優秀作品賞
  • 最優秀男優賞
    市川海老蔵『利休にたずねよ』、橋爪 功『東京家族』、福山雅治『そして父になる』、松田龍平『舟を編む』、渡辺 謙『許されざる者』
  • 最優秀女優賞
    上戸 彩『武士の献立』、尾野真千子『そして父になる』、真木よう子『さよなら渓谷』、宮崎あおい(崎=正しくは山偏に立と可)『舟を編む』、吉行和子『東京家族』
  • 最優秀助演男優賞
    オダギリジョー『舟を編む』、妻夫木聡『東京家族』、ピエール瀧『凶悪』、松田龍平『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』、リリー・フランキー『凶悪』、リリー・フランキー『そして父になる』
  • 最優秀助演女優賞
    蒼井 優『東京家族』、尾野真千子『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』、中谷美紀『利休にたずねよ』、真木よう子『そして父になる』、余貴美子『武士の献立』
  • 新人賞
    忽那汐里『許されざる者』『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』、黒木 華『舟を編む』『草原の椅子』、壇蜜『甘い鞭』、濱田ここね『おしん』、綾野 剛『横道世之介』『夏の終り』、菅田将暉『共喰い』、星野 源『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』、吉岡竜輝『少年H』

※各項目50音順。
上記以外の受賞者については、日本アカデミー賞協会ホームページへ >> http://www.japan-academy-prize.jp/

  • 『凶悪』
    [製作会社]日活/ハピネット
  • 『少年H』
    [製作会社]テレビ朝日/東宝/トライサム/博報堂DYメディアパートナーズ/朝日放送/クリーク・アンド・リバー社/メ〜テレ/北海道テレビ/九州朝日放送/朝日新聞社/神戸新聞社/講談社/GyaO!
  • 『そして父になる』
    [製作会社]フジテレビジョン/アミューズ/ギャガ
  • 『東京家族』
    [製作会社]松竹/住友商事/テレビ朝日/衛星劇場/博報堂DYメディアパートナーズ/講談社/日販/Yahoo! JAPAN/ぴあ/読売新聞社/TOKYO FM/朝日放送/メ〜テレ/RCC/九州朝日放送/北海道テレビ
  • 『舟を編む』
    [製作会社]テレビ東京/松竹/アスミック・エースエンタテインメント/電通/光文社/朝日放送/テレビ大阪/読売テレビ/朝日新聞社/フィルムメイカーズ/リトルモア
  • 『利休にたずねよ』
    [製作会社]東映/木下グループ/キングレコード/東映ビデオ/テレビ東京/東急エージェンシー/ギルド/テレビ大阪/クリエイターズユニオン/日本出版販売/PHP研究所/読売新聞社/東映チャンネル

(c) 2013『そして父になる』製作委員会 (c) 2013「舟を編む」製作委員会 (c) 2013「凶悪」製作委員会 (c) 2013「東京家族」製作委員会 (c)2013「利休にたずねよ」製作委員会 (c) 2013「少年H」製作委員会 (c) 日本アカデミー賞協会

司会

樹木希林 西田敏行
2014年度日本アカデミー賞協会 組織委員会副会長に就任した西田敏行と『わが母の記』で第36回最優秀主演女優賞を受賞した樹木希林が司会を務めます。 おふたりの進行で格式ある中にもユーモア溢れる授賞式になることでしょう。
プレゼンター
※前回の最優秀賞および話題賞受賞者(50音順)。

阿部 寛(主演男優)、磯田典宏(美術)、内田けんじ(脚本)、大島優子(話題賞)、樹木希林(主演女優)、木村大作(撮影)、日下部元孝(編集)、杉本 崇(照明)、細田 守(アニメ)、余 貴美子(助演女優)、吉田大八(監督)、ギャガ株式会社(外国作品)

ぴあ映画担当が解説!日本アカデミー賞 授賞式を生で観る醍醐味 授賞式の様子を毎年テレビ放映でチェックしている方も多いと思いますが、生で参加してこそ得られる魅力、が日本アカデミー賞授賞式にはあるんです!

醍醐味その1 テレビでは映らない!賞の本質が伝わります
華やかさはありつつも放送時間の関係で俳優部門中心とならざるを得ないテレビ中継と違い、授賞式会場では「撮影賞」を始めとする技術スタッフ部門や、陰ながら支えてくれるスタッフへの「特別賞」贈賞の様子もじっくり見ることが出来ます。それらの部門の受賞を心から喜ぶ監督や俳優陣を見るにつけても、映画が「多くの人の手で作られる共同作業の結晶」であることを感じられます。中でも格別なのは『追悼コーナー』。昨年亡くなった映画人が映し出されるスクリーンを見つめ偲ぶ、授賞式に列席している方たちのいつもと違う表情を垣間見る事が出来るでしょう。「映画人が一堂に会して、みんなで1年に1回、称えあうのが日本アカデミー賞」ということを実感できるはずです。

第36回会場風景 (c) 日本アカデミー賞協会
阿部 寛 第36回最優秀主演男優賞:阿部 寛 『桐島、部活やめるってよ』チーム 第36回最優秀作品賞を受賞した『桐島、部活やめるってよ』チーム

樹木希林 第36回最優秀主演女優賞:樹木希林 余 貴美子 第36回最優秀助演女優賞:余 貴美子
第36回最優秀賞受賞者がプレゼンターとして来場します。

醍醐味その2 “映画人の一員”気分が堪能できます
「映画人が、映画人同士で1年間の功績を称えあう」式ですので、当日、会場に集うのは監督、俳優といった表で活躍している人たちだけでなく、前述のように技術系スタッフや、配給・興行関連の社員等、「映画に関わる仕事をしている人たち」です。決してムラ社会的なものではなく、アットホームな、“映画を愛している人全員が一員”という雰囲気も感じることができて、あなたの“映画愛”がますます深まること間違いなしです。

醍醐味その3 とにかく豪華!ここだけの価値満載
この1年に活躍した映画人がここまで数多く一堂に会する機会は、日本アカデミー賞授賞式以外にありません。憧れの俳優や監督たちに、式だけでなく会場への入退場時にも接近できるなど、生ならではの特権を堪能しつつ、日本映画界随一の豪華なお祭りを一流シェフの豪華ディナーや厳かな会場の雰囲気とともに楽しむ。チケット料金は決して安くはありませんが、“ここでしか味わえない”価値満載なのは事実なのです。


賞の結果予想やドレスアップの準備も含めてひとつのイベントと考えれば、1ヵ月近く楽しむ機会があるとも言える一大イベント。毎年参加されているファンの方はもちろん、未体験の映画ファン&エンタメファンはぜひ、1年に1度の贅沢として参加してみませんか?
文:「ぴあ映画生活」編集部 岡政人

チケットの購入について

チケットの購入には、ぴあ会員登録(無料)が必要です。
新規会員登録 ■チケットの購入方法について ■プレリザーブについて

公演・チケット情報

第37回 日本アカデミー賞 ディナー付授賞式観覧チケット
★プレイガイド ぴあ独占販売
最優秀賞ブロンズ「映画神像」をイメージしたチョコレートケーキなど、毎回、日本アカデミー賞、映画にちなんだメニューが楽しめます!

<[ぴあプレミアム会員限定]いち早プレリザーブ>
【受付期間】1月20日(月) 11:00 〜 2月6日(木) 11:00
★ぴあ会員の方なら「即!いち早」サービスご利用がおススめ!
ぴあカードの入会申込手続が完了したら、カードの発行を待たずに、最速抽選「いち早プレリザーブ」にすぐエントリーが可能!
いち早プレリザーブについて ■即!いち早について

<プレリザーブ>
【受付期間】1月28日(火) 11:00 〜 2月7日(金) 11:00

<一般発売>
2月8日(土) 10:00

昨年の授賞式で提供されたデザート
※昨年の授賞式で提供されたデザート。
(c) 日本アカデミー賞協会


<チケットご購入を希望される方へ>
「優秀主演男優賞」の市川海老蔵さんは、授賞式当日、地方での舞台出演があり、授賞式開始前に優秀賞の授与を受け、舞台地へ戻られます。授賞式セレモニーへの登壇はありません。ご了承ください。

【ご注意】
※小学生以下は入場不可。公演当日は、セミフォーマルな服装でご来場ください。
※当日の登壇者は未定です。
※授賞式:16時~19時頃(予定)。授賞式終了後、別室にてディナー。

日時 会場 席種・料金 チケットお申し込み
3月7日(金)
授賞式:16:00予定
グランドプリンスホテル新高輪
国際館パミール
全席指定 - 40,000円
※フレンチコースディナー付
お申し込みはこちら
※毎週(火)・(水)2:30〜5:30は、システムメンテナンスのためお申し込みいただけません。

★お気に入り登録をして発売情報をゲットしよう!
「お気に入り登録」すると、先行情報などのチケット発売情報をメールで受け取ることができます。
■映画に関連したお気に入り登録はコチラ
■このイベントに関連したお気に入り登録はコチラ
■そのほかのアイテムなど「お気に入り登録」登録の詳細はコチラ
※ご利用にはぴあ会員ID・パスワードが必要です。

★ぴあメールマガジンに登録しよう!
ぴあメールマガジン<ジャンル版> 映画「ぴあ映画生活」に登録すると、毎週(金)に映画に関する情報満載のメールマガジンをお届けします!
■詳細はコチラ

チケットぴあ「第37回 日本アカデミー賞 授賞式」特集ページでは、優秀作品をはじめアカデミー賞 最優秀賞候補作品・候補俳優を紹介しています。「第37回 日本アカデミー賞授賞式」のチケット情報・予約・購入はチケットぴあで。

このページ上部へ