2014年10月 8日 (水)

蓮舫キレてブロック乱発

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

身内で固めた朝日新聞第三者委員会

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

「中国人は見たくない」「ここから出ていけ」

2014年9月25日、環球時報によると、南米ニカラグアで23日、中国企業が出資する運河建設プロジェクトに反対する抗議活動が行われた。               

AFP通信によると、香港に拠点を置くHKニカラグア運河開発投資会社による同プロジェクトの総工費は500億ドル(約5兆4567億円)。同社は5年間の工期に5万人の雇用を約束。建設後には、人口600万人のニカラグアに20万人分の就業機会をもたらすとしている。              

土地収容に反対する農民ら数百人は23日、「中国人は見たくない」「ここから出ていけ」「警察は中国人の肩ばかり持つ」などと叫びながら抗議活動を行った。

同プロジェクトの管轄当局によると、現在は土地調査の段階で、立ち退きが決まった農民には補償金を支払うとしている。
http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=5946920


ヘイトで片付けてしまって良いものだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

South Korean Views on Race Linked to Economics

「韓国は経済力で人種差別」米紙が批判
http://news.livedoor.com/article/detail/9275557/
の該当米紙記事

South Korean Views on Race Linked to Economics

Recent controversies in South Korea over apparent racial discrimination have turned a spotlight on how Koreans view people from other cultures.

Experts say that discrimination in South Korea tends to stem from perceptions about economic hierarchies and targets people from less wealthy Asian nations.

In a country where only 3% of the population is foreign, non-Korean faces are conspicuous, and racial insensitiveness has been known to play out in sometimes outlandish ways.

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

Damning report reveals 1,400 girls were abused by sex gangs because social workers and police feared racism claims

In Japan, hundreds of people have been kidnapped by Koreans and it had been covered up for decades. Liberals made it taboo to talk about.
This Rotherham case is very similar.

Damning report reveals 1,400 girls were abused by sex gangs because social workers and police feared racism claims - so did nothing

At least 1,400 girls were left to be abused by Asian men because the authorities were too scared to admit there was a race issue, a report said yesterday.

Over a 16-year period, children as young as 11 were sexually exploited by gangs of men – most of them of Pakistani origin.

But police and council officials suppressed evidence of the crimes because they feared being labelled racist.

Concerns about damage to community cohesion were put above the need to protect the vulnerable. Police treated the victims with contempt, turning a blind eye to their plight and in many cases holding them responsible.

Despite the appalling failures in the case, no one in authority has been sacked or even disciplined.
MPs and charities said the scale of the abuse was almost ‘incomprehensible’ and called for a criminal investigation into those who helped cover it up.

And at least six victims have now launched a class action against Rotherham council and could be in line for millions of pounds in compensation.

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移民による少女大量人身売買を16年放置したのは当局が人種問題を気にして及び腰だったから

1400人の英少女が性的標的、パキスタン系が白人狙い売買 報告がイスラム社会に衝撃

2014.8.31

 【ロンドン=内藤泰朗】英中部ロザラムで、昨年までの16年間に1400人以上の子供が組織的な性的虐待を受けていたとの調査報告が公開され、地 元政治家や警察への批判が高まっている。主に白人の少女を狙い人身売買をしていたとして、パキスタン系の男ら約10人が訴追されており、英国内のイスラム 移民社会にも動揺が広がっている。

 独立した専門家がまとめて8月26日に公開された報告書によると、虐待者たちは性的な欲求を満たすた め、家族と離れ、施設に入れられた白人の少女たちに接近。贈り物や酒、麻薬を与えて強姦した後は、暴力を振るったり銃を突きつけて脅したりして口を封じて いた。ガソリンをかけて火を付けると脅迫したり、11歳の少女を多数で強姦した例もあったという。

 被害者にはパキスタン系など非白人の少女たちもいるが、報告書は、イスラム社会での村八分を恐れて告発できない可能性があるとして改善を求めた。

 問題が長く放置されてきた背景については、ロザラムのパキスタン系地方議員らが問題解決を妨げていたと説明。議員らは、事実を公にすれば人種差別をあおり、反移民など過激な政治勢力が台頭すると懸念を示していたという。

 しかし、英メディアは「地元当局が人種問題を避け、対応を怠ってきたことが問題を深刻化させた」などと批判している。

 人口約25万のロザラムで、パキスタン系は約3%を占める。

マイノリティ系議員による圧力もあったのか。
日本で起きてることとそっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Asahi correspondent in Seoul accidentally tweets bribery from ROK government

So he deleted the tweet already.

Photo

"I received the seasonal gift from President Park Geun Hye."

On the other hand,

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

韓国LGの恫喝とソニーのバカ技術者

ソニー没落はなるべくしてなったんだな。

韓国LG、日本の中小企業に恫喝訴訟&脅迫行為 韓国財閥と国家の異様な癒着ぶりが露呈

 韓国財閥LGの子会社が、日本の中小企業と個人事業主を相手に特許侵害訴訟を起こし、昨年、東京高等裁判所でLG側の全面敗訴とする判決が下った。この事件の中で垣間見えた、日本企業では考えられない韓国財閥の異様な対応を紹介したい。

 判決文や証拠書類などによると、この事件の発端は2003年1月にさかのぼる。当時、愛知県で金型や自動車部品等を製造販売する中小企業・大林精 工の大林孝司社長は、液晶テレビの部品にジクザク加工を施す技術を開発して特許を取得後、日立製作所とライセンス契約を結んでいた。そのような中で大林社 長は、LGグループの中核企業であるLG電子の液晶パネル事業を譲り受けたLGフィリップスLCD(その後、LGディスプレイに改編。以下、LGD)が製 造販売している液晶ディスプレイの部品に、自社の技術が無断で使われていることに気付いた。そこでLGDに対して、特許侵害であることを指摘した上でライ センス契約を結ぶよう要求し、回答がない場合は損害賠償を求める訴訟を起こすと警告した。しかしLGDから回答がないため、同年2、5、7月にも同様の連 絡をしたが無反応だった。

 すると同年9月に突然、LGD代理人から大林社長に連絡があり、「大林精工が保有する液晶パネルに関する特許権は、もともとLGが発明した技術を出願したものであり、LGDに譲渡することを求める。もし応じなければ損害賠償を請求する」と通告された。

●アメリカで恫喝的訴訟提起

 LGDの主張は、「当時LGが雇用していた木村大吾朗氏(仮名)が、LGの技術を盗んで親交のある大林氏に教えた」との言い分だった。

 その木村氏がLGに雇われていたのは1991~98年までで、LGは「お雇い外国人」として、液晶パネルの最新技術を持つソニーの技術者だった木 村氏に対し、生産ラインの立ち上げに当たって技術指導を求めた。当時木村氏は、業界の最新動向を把握するため、日本にいる大林社長などと連絡を取り、日本 から入手した技術情報を善意でLGに報告していた。この木村氏の行為についてLGDは「雇用契約にある業務の範疇から外れており契約違反だった」とし、さ らに「木村氏は特許技術を盗んだ」と主張した。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

「えーw 朝日新聞社員なのー? きんもーw」

【編集局から】慰安婦報道と現場の朝日記者
2014.08.20

朝日新聞が5日付朝刊で、慰安婦をめぐる大誤報を認めました。

 その日、旧知の朝日記者と出くわすと、開口一番「いやぁ、敗北宣言したよ…」と話しかけてきました。

 この朝日記者とは若いころに慰安婦問題や日韓関係についてよく議論しましたが、「韓国・済州島で若い朝鮮人女性を狩り出した」という吉田清治氏の証言に関しては、以前から「明らかに虚偽だ」と語っていたのを覚えています。

 「問題は32年も誤報を放置していたことだ。朝日はこれを総括しなければいけない」

 検証記事が出た日、朝日記者はこうも話しました。だが、現場の声は上層部に届かないのか、30年以上も放置したことへの明確な説明はなく、謝罪の言葉もありません。

 別の政治部記者に話を聞くと、安倍晋三首相に近い自民党の保守系議員らから「大変だな」「頑張れよ」と励まされたそうです。とはいえ、ある独身記者は「合コンで『朝日記者です』と名乗るのが恥ずかしい」と漏らしていました。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Former Asahi correspondent says Seiji Yoshida was a con man

Kenji Maekawa used to be Asahi shimbun correspondent who stationed in Seoul.

Photo_3

Maekawa "When I was in Kawasaki branch around 1980, I received a call from a man who wanted to talk about wartime mobilization , it was Yoshida."

"Yoshida said his job during WWII was to take Korean laborers coercively but he said nothing about comfort women."

"I was writing about Korean civilian workers for the military on the regional paper at the time. I interviewed many of them. I've never heard things like what Yoshida said."

"When I asked him where he took them to, he wasn't able to answer."

"In those days, Koreans wanted to go to Japan to make money but Japan limited migration from Korea.
Wartime mobilization would be a chance for them."

- After Asahi's comfort women coverage based on Yoshida statement.

"I went to Seoul and interviewed many old people about comfort women taken  coercively but nobody heard of such a rumor."

"One guy said that would cause riots if it really happened."

*Gwangju Student Independence Movement*
On October 30, 1929, Japanese students in the train station in Naju harassed a few Korean female students. This incident was the initial cause of anti-Japanese demonstrations in various high schools in Gwangju.
http://en.wikipedia.org/wiki/Gwangju_Student_Independence_Movement

"There was no necessity to kidnap women for prostitution. Brothels were everywhere, pimps were everywhere, and parents to sell their daughters were common just like Japan in those days."

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

鳥越俊太郎の自爆芸

NHKスペシャル シリーズ日本新生 戦後69年 いま“ニッポンの平和”を考える

690 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 20:52:41.31 ID:cBx3pbcY 

鳥越「日本の国を何処が攻めるんですか!言って下さいよ」」 
岡本「だったら、自衛隊なんか要らないってことですよね」 
鳥越「いや、それは必要ですよ」 
岡本「だって、日本は攻められないんでしょ、だったら要らないじゃないですか」 
鳥越「いや、災害とか・・・」 
岡本「だったら、自衛隊じゃなくてもいいよね」 
鳥越「いや、中国が攻める場合も万が一あるかも・・・」 
岡本「・・・」 

Tri1

716 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2014/08/15(金) 20:43:14.23 ID:eJaMUS0Z

鳥越「ちょちょちょどこの国が攻めてくるんですwwwwwwwww」 
岡本「中国です」 
鳥越「尖閣は日本の領土ですよ。中国が攻めてきたら戦うんですか?」 
岡本「戦いますよ」 
鳥頭「誰が?」 
岡本「海上自衛隊がですよ。そしてアメリカがバックアップします」 
鳥頭「どこが攻めてくるんですか?自衛隊は災害の為には必要ですけど」 
岡本「じゃあ自衛隊いりませんね」 
鳥頭「万が一どこかが攻めてきたら・・・・」

Tri2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

福島瑞穂の憲法バー生中継で放送事故w

A「済州島に調査に行ったそうですが」
瑞穂「行ってません」
A「嬢ちゃん嬢ちゃんおいでおいで、なんていう映像を見たんですが」
瑞穂「それはありません」
A「私が見た映像は虚偽ですね?」
瑞穂「行ったこともなければそういう映像もないはず」
A「ありました」
B「それを議論してしょうがない」
瑞穂「私はそれ見てない」

その映像”ワールドウォッチング”
松尾「この夏にも行かれたんですよね?」
瑞穂「はい」

済州島ではないが政府調査団のひとりとしてソウルで面会して聞き取りやってる。
「お嬢ちゃんお嬢ちゃん日本に行けば仕事があるよ」確かに言ってる。@3:03
質問者に細かい記憶違いはあるが、聞き取り調査したこととそれを伝える映像は確かにあった。
いや~、平気で嘘つくんだなw
ところで動画の最後のほうで瑞穂がアメリカは日系人に一人頭2万ドル賠償したとものすごく具体的に金銭要求してるんだが、瑞穂とその周辺が一儲けしようと慰安婦問題にクビ突っ込んできたという話にリアリティが出てくる。
弁護士にとってデカく稼げる集団訴訟は美味いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

サヨクが今度はインドで対日憎悪を煽り始めた

「人肉食」も…旧日本軍のインド人捕虜への残虐行為、印紙報道 その背景とは

【英印軍の将校らによる、日本軍の人肉食の証言】

「しかし、日本軍が行ったあらゆる残虐行為の中で、最も戦慄を覚えさせるものは、彼らが人肉食を行ったことである」と記事は伝える。

  英印軍のある将校はこのように告発にする。「Suaidという村で、日本軍の軍医が、周期的にインド人捕虜収容所を訪れて、毎回、最も健康な者たちを選び 出した。その者たちは、表向きは任務を果たすためということで連れ去られたが、彼らは決して戻ることはなかった」。さらに日本軍は、インド人捕虜ばかりで なく、ニューギニアの現地人さえも殺害し、食していたと主張する。

 他の将校はこのように告発している。「自分と一緒にウェワク(の収容 所)に行った300人のうち、50人だけがそこから出ることができた。19人は食べられた。日本人の医師――ツミサ中尉は、3、4人の小部隊を作り、イン ド人1人を何かの用事で収容所の外に遣わすのだった。日本人たちはすぐさま彼を殺害し、彼の体の肉を食べるのだった。肝臓、臀部の筋肉、大腿部、下肢、腕 が切り取られ、調理されるのだった」。

【その他にも証言、証拠があるという>】

 記事では、これらの告発内容についての裏付けは伝え られていないが、この他にもさまざまな証言があるという。しかもそれらは、連合国が設置した戦争犯罪調査委員会に対する、宣誓証言として行われたと伝えて いる。その証言に基づき、何人かの日本人将校とその部下が裁判にかけられた。人肉食によって有罪が宣告され、絞首刑に処された将校の名前を、記事は挙げて いる。訴えられた日本人は、これらの告発を常に否認したそうだ。

 1992年、田中利幸氏という日本人歴史家が、インド人や他の連合国側捕 虜に対する、人肉食を含む、日本軍の残虐行為の明白な証拠を発見した、と記事は伝える(氏は現在、広島市立大学広島平和研究所教授)。その証拠がどのよう なものかについて、記事は触れていない。氏は、1997年に『隠された惨事――第2次世界大戦における日本人の戦争犯罪』という本を英語で発表した。その 本では、日本軍は食料の貯えが次第になくなったときに人肉食という手段に訴えた、という連合国側の下した判決が反論されているという。人肉食は上級将校の 監督下で行われ、権力を表象化する手段として認識されていた、との主張だそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9149814/

米でも“慰安婦地雷”炸裂…謎の女ユキ・タナカの正体  

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスで移民問題が「タブー」でなくなったわけ

http://www.newsweekjapan.jp/joyce/2014/07/post-81.php

 移民は大きな問題だが、つい最近までは話すこともままならない事実上のタブーだった。移民政策を問題視すれば人種差別主義者と呼ばれた。現代のイギリスでこう呼ばれたら、社会的に抹殺され、政治キャリアもおしまいだ。

 イギリスは50年代から移民を受け入れてきたが、90年代後半からはその量も性質も様変わりした。僕の生きてきた期間において、イギリスを変えた唯一最大の出来事こそ移民だったと言っていい。

 移民には総じて経済的メリットがあるという事実は広く知られている。移民は働いて税金を払うし、高齢化するイギリス社会の年金制度を支えてくれる ことにもなる。移民はイギリス人より低賃金で働いてくれるので、物価も抑えられる。例えば、農産物を収穫するのは主に移民労働者だ。移民に利点があること に異論はない。

 とはいえ、長年語られずにきたデメリットもある。興味深いことに、そうした移民のデメリットの影響を受けるのは、ほとんどがいわゆる低階層の人々 だ。まず、低賃金労働者が大量に供給されると、イギリス人の労働者階級は自分も低賃金で働くことを受け入れるか、失業するしかなくなってしまう(移民の多 くは、最低賃金でも母国の賃金に比べればずっと高いので満足だ。微々たる貯金も、母国の家族に送れば大金になる)。

 移民はさまざまな側面で負担になっている。中期的にはもちろんのこと、長期的にもそうなるかもしれない。イギリスの住宅問題は慢性化し、需要に供 給がまったく追い付かない。新築住宅の不足と小規模な世帯の増加が大きな原因だが(例えば離婚すれば住宅がもう1つ必要になる)、突然の大規模な人口増加 が明らかに拍車を掛けている。

国民保険サービス(NHS)が破たん寸前なのも、イギリス人よりも子だくさんな移民がイギリスの国営医療制度をすぐに無料で 利用できる、ということが少なからず影響しているだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

Asahi Shimbun lies to cover up a lie 嘘に嘘を重ねる朝日

In Tuesday morning’s edition, the Asahi admitted its mistake over the mix-up for the first time, saying that the female volunteer corps refers to groups of women mobilized for work in munitions factories and elsewhere during wartime and are “completely different” from comfort women.

“We have been working not to confuse the two since 1993,” the newspaper said in the Tuesday edition. However, the Asahi’s reports have prompted the false understanding that even girls of primary school age were recruited as comfort women.

The Asahi defended its coverage by saying in its two-page spread: “Little progress had been made in investigating the comfort women issue at that time. Some documents to which [Asahi] reporters referred contained statements in which the female volunteer corps was mixed up with the comfort women.” Then the special feature said that some other national dailies had also published articles containing a similar mix-up.

The female volunteer corps (Teishintai) and comfort women are completely different has been a common sense. There are a lot of women who used to be Teishintai exist everywhere and they have told the story to (grand) children.
Of course, Asahi has known that.

朝日は慰安婦と挺身隊の混同を研究が進んでいなかったからとい言い訳をしたが、普通の日本人ならそれらが別物であることは常識。
母やお婆さんが挺身隊だったという人は日本中ゴマンといるわけで、そんなあたりまえすぎる事をわざわざ研究する人などいない。
もちろん朝日だってわかってた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

English Translation : Asahi Shimbun Admits 'Comfort Women' Hoax

Asahi and its collaborator New York Times still refuse this to provide in English, but Yomiuri released details in English.

Asahi Shimbun makes long-overdue corrections over ‘comfort women’
7:52 pm, August 06, 2014

After a review of its reports on the so-called comfort women issue, which has become a huge thorn in the side of Japan-South Korea ties, The Asahi Shimbun has admitted its mistakes in the reports—albeit partially—and retracted some of the contents.

The retractions allude to reports on remarks by Seiji Yoshida, who claimed to have forcibly taken away local women from Jeju Island, South Korea, to make them serve as comfort women. During World War II, Yoshida was said to be the former head of the mobilization department of the Shimonoseki Branch of Romu Hokoku-kai, an organization in charge of recruiting laborers.

In September 1982, the newspaper reported—without verification—the remarks of Yoshida, who claimed to have “hunted up 200 young Korean women in Jeju Island.”

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

吉田清治と植村隆の情報まとめ

吉田清治は素性がわからないらしい。
匿名ツイートなので追々調べて出展が分かり次第更新します。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慰安婦騒動で息を潜めるもう一人の朝日記者市川速水

via: http://ianfukangaeru.blogspot.com/2013/03/blog-post_3.html

慰安婦騒動の黎明期、朝日新聞取材班のリーダーだった市川速水記者と、産経新聞の黒田勝弘記者の対談。朝日VS.産経 ソウル発(朝日新書)より。90年代、善意からであっても結果的に慰安婦騒動に加担してしまった人々の一部は、現在寡黙である。慰安婦問題が日韓関係改善の最大の障害の一つとなってしまった今、朝日新聞の記者にも後悔の気持ちはあるようなのだが・・・。

ぜひリンク先で全文読んでください。

プロ市民にありがちな「ああ可哀想、何とかしてあげたい」という気持ちと「可哀想な人に味方する自分ってかっこいい」という自慰でデマが見抜けない人は、慰安婦カードが外交利用されていることさえも見抜けない。
朝日新聞には高学歴が多いが高学歴だから優秀とは限らない良い例。

市川速水
http://www.jukushin.com/archives/19676

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

朝日新聞が慰安婦デマ認めた記事を英語配信してない

今のところ読売系のジャパンニュースと反日系のジャパンタイムズだけ。
キャプチャー画像で分かる通り、前日まで慰安婦関連記事を熱心に英訳しているのに自社に否のある記事は隠している。共犯のニューヨークタイムズもダンマリ。

Asahiretract

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Asahi Shimbun retracts ‘comfort women’ articles

            

9:11 pm, August 05, 2014

                               

The Yomiuri Shimbun

The Asahi Shimbun published articles in its Tuesday morning edition that acknowledged there were factual errors in parts of its past coverage of the issue of so-called comfort women.

In a front-page byline piece, Asahi Shimbun Executive Editor Nobuyuki Sugiura wrote, “We’ve concluded that the reports contain factual errors.” The newspaper also carried a two-page spread examining its past coverage of the issue.

According to the articles, The Asahi Shimbun published articles at least 16 times  between 1982 and the early 1990s based on witness accounts made by Seiji Yoshida, who claimed to have forcibly taken away local women from Jeju Island, South Korea, to serve as comfort women.

Though The Asahi Shimbun conducted additional fact-gathering activities, it was unable to obtain corroborative evidence to back up Yoshida’s statements. The paper therefore concluded it was unreliable and decided to withdraw the articles.

In response to The Asahi Shimbun’s move, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said at a press conference on Tuesday morning: “I’d like to continue to explain our nation’s stance on the comfort women issue. I hope correct historical perception will be formed based on objective facts.”

http://the-japan-news.com/news/article/0001475957

Funny, Asahi Shimbun has not released the article in English and the collaborator New York Times keeps silence.
The toilet papers!

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Asahi admits Yoshida testimony is a hoax but tricks Uemura's influence peddling. #comfortwomen