サブカテゴリー

PR:

今年の漢字は「絆」 震災、豪雨、なでしこが理由

京都・清水寺で今年の世相を表す漢字「絆」を揮毫する森清範貫主
京都・清水寺で今年の世相を表す漢字「絆」を揮毫する森清範貫主
Photo By 共同 

 2011年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「絆」に決まり、日本漢字能力検定協会が12日、京都市の清水寺で発表した。協会によると応募総数は過去最多の49万6997票で、トップの「絆」は6万1453票。森清範貫主(かんす)が「清水の舞台」で、縦1・5メートル、横1・3メートルの越前和紙に揮毫(きごう)した。

 東日本大震災や紀伊半島豪雨などの大規模災害で、家族や仲間との絆の大切さをあらためて知ったことや、サッカー女子W杯で初優勝した「なでしこジャパン」のチームワークなどが理由に挙がった。

 2位は「災」(2万8648票)、3位は「震」(2万6972票)。4位は「波」、5位は「助」で、以下「復」「協」「支」「命」「力」の順となり、東日本大震災を連想させる漢字が続いた。森貫主は「手を一つに携えて、震災から復興していこうと日本や世界の人々が思っている」と話した。

 「今年の漢字」は1995年から始まり17回目。昨年の漢字は、猛暑で熱中症にかかる人が続出したことなどを反映して「暑」だった。

[ 2011年12月13日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ